【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

2023.8.17

今回はアプリ広告の運用代行のメリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを紹介していきます!

自社の商品やサービスを認知向上する方法をお探しではないですか。

アプリ広告は、ユーザーの目につきやすく認知されやすい広告です。

これまで、実際にアプリ広告の運用を検討した、または試しに運用していた方もいるでしょう。

しかし、自社での運用が難しく諦めてしまったり、代理店の選び方が分からなかったりすると成果につなげられません。

この記事では、アプリ広告運用代行のメリット・デメリットの他、代理店選びのポイントなども詳しく解説していきます。

自社に必要な代理店の選び方が分かるので、ぜひ参考にしてください!

 

 

目次

アプリ広告とは

 

 

アプリ広告とは、ディスプレイ広告や動画広告で、商品などをプロモーションするサービスです。

その名前の通り、アプリケーション上に広告が掲載されます。

アプリ広告には、次のような特徴が挙げられます。

 

  • 低い費用で始められる
  • 多くのユーザーからの注目を集められる

 

さらに、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末からの利用が急速に拡大しており、効果的なマーケティング手法として、さまざまな企業から注目されているものです。

アプリ広告は、無料アプリにも出稿して収益を得られるので、大手企業から個人まで、幅広い広告主が利用しています。

現在では、国内のほとんどの人がスマートフォンユーザーになったため、アプリの広告需要は高まる一方です。

ターゲットに的確にアプローチして、成果を出しましょう!

ただし、アプリ広告には注意点もあります。

広告を邪魔だと感じるユーザーもいるため、ユーザー目線を忘れないことが大切です。

ユーザーの利便性を考えた広告にすることが、アプリ広告をかしこく運用するコツといえるでしょう。

 

 

アプリ広告の課金方式

 

 

アプリ広告の課金方式は、主に次の3種類です。

  • クリック型課金広告
  • インプレッション課金型広告
  • 成果報酬型広告

それぞれの課金方式によって、目的となるコンバージョンが異なります。

コンバージョンとは、商品購入や会員登録など、広告で達成したい最終的な成果です。

課金方式の違いを理解して、コンバージョンにつながるよう工夫しましょう。

課金方式によって、収益率や費用も異なります。

ここからは、3種類の課金型広告をそれぞれ解説していきます。

 

クリック課金型広告

クリック課金型広告は、遷移先となるWebサイトやアプリストアへの誘導が目的です。

ユーザーが広告をクリックするたびに、費用が発生します。

クリックされないと費用は発生しないため、無駄のない運用が可能です。

ただし、誤タップによるクリック数の増加には注意しなければなりません。

クリックするつもりがないのに、ついタップしてしまったり、表示が分かりにくく間違えて選択してしまったりした経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

誤タップしたユーザーは、遷移先の広告のみならず、使用していたアプリにも嫌悪感を抱いてしまうリスクがあります。

実際には、誤タップ狙いの広告は多数存在しています。

クリック数の増加は、広告主のメリットにつながると考えられるからです。

しかし、長い目で見るとアプリのみならずブランドイメージまでも悪化する恐れがあるため、今後は誤タップ狙いの広告への対策が講じられるようになるでしょう。

 

インプレッション課金型広告

インプレッション課金型広告は、ユーザーへの認知を拡大する目的があります。

アプリ広告の中でも、バナー広告やアイコン広告は、インプレッション課金型との相性が良い広告です。

横長のバナーや小さなアイコンで広告を掲載するスタイルは、画面の邪魔になりにくく、気になったユーザーのみに訴求できます。

画面のわずかな隙間でも、有効活用が可能です。

多くの掲載枠があるため、1画面でも多くの閲覧数を獲得できるでしょう。

さらに、表示回数の高いターゲット層に絞って表示させることで、より大きな成果が期待できます。

ただし、広告が小さいため訴求力の弱さは気になるところです。

画面に複数並べたり、バナー広告とアイコン広告を併用したりして、成果向上につなげましょう。

費用は、一定数の広告が表示されてから発生する仕組みです。

表示回数に応じて課金されるため、課金額を予測しやすく、広告予算を管理しやすい特徴があります。

広告の表示自体がコンバージョンになることから、単価が低い特徴もあります。

使える額が決まっていて、予算の範囲内での運用を希望する方にはおすすめです。

ただし、アプリ広告運用を代理店に任せていない場合には、自社で細かな分析など的確なマーケティングを行って、ターゲットを絞り込む必要があります。

分析やターゲットの絞り込みには、Webマーケティングの知識やスキルが必要です。

運用のプロである代理店に任せた方が、アプリ広告の効果を実感できるでしょう。

 

成果報酬型広告

成果報酬型広告は、ユーザーがサービスや商品を購入したり、アプリをインストールしたりした場合に成果に応じて費用が発生します。

耳にすることが多いアフィリエイト広告なども、成果報酬型広告の一つです。

会社を経営されている方なら、自社のサービスや商品の広告をWebサイトやSNSなどに掲載することで、成果が期待できます。

例えば、広告の掲載先からアプリをダウンロードしたり、会員登録やサービスを購入してもらえたりした場合です。

広告主は成果が得られ、広告を掲載した側にも報酬が発生する仕組みになっています。

成果が得られた際に発生する広告費用は高い傾向にあり、その費用は成果に応じて変動します。

高い商材が売れるほど費用も高くなりますが、上手に運用できれば大きな収益を望める広告方式といえるでしょう。

 

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット

 

 

アプリ広告の運用は、自社で行う場合と代理店に任せる場合があります。

分析などのマーケティングが欠かせないため、自社で運用するにはハードルが高いと感じる方もいるのではないでしょうか。

代理店にはスキルやノウハウがあり、効率的な成果が期待できます。

ここからは、アプリ広告の運用を代理店に依頼する場合のメリットを解説していくので、参考にしてください。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット1.効果が出やすい

アプリ広告の運用を代理店に任せると、早く効果が出るメリットがあります。

予算の範囲内で、最適な広告戦略が可能になるからです。

専門的な知識があれば、その分効果的な手法で広告を展開できます。

反対に、広告に関するノウハウがない状態では、効果的にアプリ広告を運用できず成果が出にくいでしょう。

自社で広告を運用することを「インハウス運用」と言います。

インハウス運用をしていると、効果が出ない場合の対処方法や、改善点すら見当たらない場合もあるのではないでしょうか。

しかし、運用代行を利用すれば、代理店が持つスキルやノウハウを用いて対策できます。

そのため、早く成果を出すことも可能です。

細かな分析により、改善点やターゲット層が明確になります。

プロに任せると安心してアプリ広告を運用でき、成果も期待できるのがメリットです。

 

 アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット2.手間を省ける

アプリ広告運用にかかる手間を省ける点も、代理店に依頼するメリットでしょう。

アプリ広告を運用するためには、次のような工程が必要です。

  • 広告制作
  • 出稿
  • 運用
  • データ収集
  • 分析

これらの作業をすべて自社で行うには、かなりの労力が必要です。

経験や専門知識がなければ、手間や時間がかかるだけでなく、結果も出づらくなります。

社内で運用する人員を確保すれば、通常の業務に支障が出るかもしれません。

しかし、代理店に運用を依頼することにより、上記の工程をすべて任せられます。

自社で必要な作業としては、代理店からの運用結果レポートをもとに、今後についてのフィードバックに対応するだけです。

アプリ広告運用を代理店に依頼すれば運用にかかる作業から解放され、自社の業務に専念できる、大きなメリットを得られます。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット3.広告に応じて代理店を使い分けできる

アプリ広告の運用代理店には、それぞれに強みや得意分野などがあります。

自社に必要なノウハウを持っている代理店を選ぶことで、より良い成果やメリットが期待できるでしょう。

広告には、雑誌広告やテレビCM、Web広告やアプリ広告など、さまざまな種類があります。

どの代理店を選ぶかは、自社が希望する広告のノウハウが多いかどうかの視点が重要です。

代理店によって得意分野が異なるため、アプリ広告に強いところを選びましょう。

アプリ広告の運用に自信がある代理店なら、早い段階で結果が出ることを期待できます。

また、アプリ以外の広告を出稿したい場合は、別の代理店へ依頼もできます。

依頼する代理店を使い分けると、限られた予算を効果的に使えることもメリットの一つです。

広告内容に応じて代理店を使い分けるのが、かしこく運用するコツといえるでしょう。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット4.人的リソースの効率化

自社でアプリ広告の運用を始めたところ、これまでの業務に支障が出るようになった、といった状態では本末転倒です。

たまたま社内に広告運用ができる人材がいる場合には、問題ありません。

しかし、広告運用のスキルがある社員が、もとから在籍しているところは少ないのではないでしょうか。

インハウスでの運用には、社内で試行錯誤を繰り返したり、新たに人材を雇ったりするなどでリソースを割く必要があります。

運用にかかる労力だけでなく、人件費などの負担も発生します。

代理店にアプリ広告運用を依頼すれば社員の人数や能力に関わらず、リソースの効率化ができるメリットがあるといえるでしょう。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するメリット5.広告以外の相談も可能

代理店に運用代行を依頼すればアプリ広告に限らず、その他の課題も相談できます。

例えば、LP(ランディングページ)などのWebページ制作についてなどです。

代理店は広告だけでなく、LP制作のスキルやノウハウも持ち合わせています。

より多くの成果を望むなら、効果改善やLPの制作が不可欠になるでしょう。

また、自社では対応不可能な部分や、新しい展開方法を検討する部分の相談もできます。

広告のみならず幅広い課題の相談ができることは、大きなメリットになるでしょう。

 

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するデメリット

 

 

代理店に運用代行を依頼すると多くのメリットを得られますが、その一方でいくつかのデメリットもあります。

デメリットを事前に把握すると、さまざまな問題に対処しやすくなります。

考えられるデメリットは対策を行い、より効果的なアプリ広告の運用代行につなげましょう。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するデメリット1.手数料がかかる

代理店にアプリ広告の出稿を依頼するには、手数料を支払わなければなりません。

自社で運用する場合と異なり、費用負担が増えるデメリットがあります。

手数料は「広告費の20%前後が相場」と言われています。

出稿する媒体に支払う費用に加えて、手数料も発生するため注意してください。

なるべく手数料を抑えるための対応策は次の通りです。

 

  • できるだけ手数料が安い代理店へ依頼する
  • 複数の代理店を比較・検討する
  • サービスに制限をかける

 

代理店の中には、手数料を相場より高く設定しているところもあります。

手数料が安いところに依頼すれば、その分費用を抑えられるため、必ず複数の代理店から見積もりを取り比較検討しましょう。

また、文章の差し替えや運用結果レポートの配信回数に制限をかけると、費用を安くできる場合があります。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するデメリット2.対応の速さに不満が出る場合がある

運用するアプリ広告にミスがあったり、内容を変更したりする場合には、スピーディーな対応が必要です。

しかし、代理店が常にスピーディーな対応で、要望に応えてくれるとは限りません。

担当者は、ひとりでいくつものアカウントを管理しているケースが多いため、対応に時間がかかる場合があるからです。

自社での運用と比べると、対応が遅れる可能性があることはデメリットといえるでしょう。

デメリットへの対応策は次の通りです。

 

  • 緊急時の対応が可能か確認する
  • 担当者が受け持つクライアントの数を確認する

 

事前に担当者の状況について把握しておくと、早急な対応が必要になった際に慌てず対処できるでしょう。

 

アプリ広告の運用代行を代理店に依頼するデメリット3.ノウハウがたまりにくい

代理店にアプリ広告の運用を任せていると、運用に関するノウハウを獲得できません。

問題への改善を繰り返しながら得られる、経験値がたまらないからです。

自社で運用すると、さまざまなトライアンドエラーを経験しながら改善を繰り返します。

しかし、代理店が運用していると、どうしても自社で対応できない部分が出てきます。

改善につながるトライアンドエラーの経験は、会社の大きな資産になるものです。

そのため、運用状況は都度確認し、自社でも対策しておきましょう。

 

  • 定期的に結果報告の場を設け、今後の方針について確認しあう
  • 代理店の結果レポートをもとに自社でも戦略を立てる
  • 常に課題の洗い出しを行う
  • 任せっぱなしにしない

 

運用代行を依頼しても、任せっぱなしにしないことが大切です。

定期的な結果報告や打ち合わせを欠かさず、自社でも戦略を立てるのをおすすめします。

改善に向けて考える経験が会社の資産となり、成長につながるでしょう。

 

 

 アプリ広告運用代行の料金体系

 

 

アプリ広告運用代行の手数料は、代理店の料金体系によって異なります。

一般的には、広告費に合わせて変動する仕組みです。

手数料の相場は、広告費の20%前後を設定している代理店が多い傾向があります。

例えば、広告費で10万円を代理店に支払ったとしましょう。

手数料の計算例は次の通りです。

 

  • 10万円(広告費)×20%(手数料相場)=2万円(手数料)

 

広告費を増やせば、その分手数料も増えます。

ただし、代理店の中には手数料を低く設定したプランを提供しているところもあります。

そのため、代理店ごとに異なる手数料は、忘れず事前にチェックすることが重要です。

自社が設定する予算の範囲内で、依頼可能な代理店を比較・検討してください。

広告掲載によって得られる成果とのバランスを考慮して選ぶと良いでしょう。



アプリ広告運用代行の料金相場

 

 

ここからは、代理店にアプリ広告運用代行を依頼すると受けられる、サービスの範囲について解説していきます。

料金相場ごとのサービス範囲を記載していますので、検討する際の参考にしてください。

費用

対応するサービスの範囲

月10万円以下

  • 単体媒体への出稿
  • アプリ広告

月20~30万円

  • 複数媒体への出稿
  • より細かい運用レポートの提出
  • SEO対策の相談
  • LP(ランディングページ)制作相談

月50万円以上

  • 複数の大手媒体への出稿
  • 訪問してレポート提出や報告
  • サイト作成のアドバイス
  • コンバージョン増加をねらったアドバイス
  • SEO対策の相談
  • LP制作相談

 

料金によって受けられるサービスに差があります。

求めているサービスに対応しているかどうかを判断基準に選ぶと良いでしょう。

 

アプリ広告運用代行の料金相場.月10万円以下のサービス範囲

まずは、予算を月10万円以内に設定する場合です。

サービスの対応範囲は「単体媒体への出稿」と「アプリ広告のみ」となります。

広告費に割ける予算の割合が少ない場合には、まずこちらの価格帯から試してみると良いでしょう。

 

  • なるべく費用を抑えたい
  • すべてを任せるのではなく、部分的に代行してほしい
  • 初めてアプリ広告を出稿する
  • 試しに広告を出してみたい

 

アプリ広告の本格的な運用が必要かどうか判断に迷う方もいるでしょう。

成果の予測もできないのに、初めから大きな予算を準備するのはハードルが高いといえます。

しかし10万円なら手数料にかかる費用も抑えられ、比較的依頼しやすいのではないでしょうか。

代理店によるアプリ広告運用を試してみたい方には、おすすめです。

 

アプリ広告運用代行の料金相場.月20~30万円のサービス範囲

広告費にかけられる予算が高ければ、その分広い範囲に出稿できます。

ただし、重要なのは出稿の範囲だけでなく、運用のヒントや分析・提案です。

月20〜30万円になると、対応するサービスの範囲も拡大します。

例えば「複数媒体への出稿」や「より細かい運用レポートの提出」「SEO相談」「LP制作相談」などが挙げられます。

利用中のサービスで、さらに成果を上げたいと考える場合に有効です。

 

  • 成果が伸び悩んでいる
  • 広告運用のヒントが欲しい
  • 自社(インハウス)での運用では集客できない
  • インストール数を伸ばしたい
  • インストール後も継続して、ユーザーにアプリを使用してもらいたい
  • より効果的な運用方法が知りたい

 

成果が伸び悩んでいたり、理想的な成果を得たいと感じていたりする方におすすめです。

SEOの相談などでアプリ広告以外の部分でも対策ができるため、さらにステップアップを望む方には有効なサービスといえるでしょう。

 

アプリ広告運用代行の料金相場.月50万円以上のサービス範囲

月50万円以上の費用をかけると、手厚いサービスが受けられます。

広告を最大限に拡大して、成果につなげたい方におすすめです。

サービスの対応範囲は「大手の複数媒体へ出稿」「訪問でのレポート提出や報告」「サイト作成のアドバイス」「コンバージョン増加へのアドバイス」などです。

もちろん「SEO対策の相談」や「LP制作相談」なども含まれます。

 

  • 成果を重視する
  • 自社製品・サービスを大々的に宣伝したい
  • 複数の大手媒体に広告を出稿したい
  • きめ細かなレポートを望む
  • さまざまなオプションを利用したい

 

50万円以上の費用をかけると、大規模な広告運用が可能です。

複数の媒体に広告を出稿して、効果的に運用できます。

また、定期的なレポートを提供してもらえたり、分析に基づくデータを得られたりと、自社の広告運用状況を正確に把握できるでしょう。

 

 

アプリ広告の代理店を選ぶためにチェックすべきポイント

 

アプリ広告運用では、選ぶ代理店によって成果に違いが出ることもあります。

費用の他にも、広告以外のサービスを受けられるか、担当者との相性はどうかなどに注目してください。

ここからは、代理店選びに必要なチェックポイントを解説していきます。

 

アプリ広告の代理店を選ぶためにチェックすべきポイント1.案件の最低金額

アプリ広告を運用する代理店選びでは、案件の最低金額を確認しましょう。

案件の最低金額は代理店によって大きく異なるため、事前の確認が重要です。

例えば、最低金額を月3万円からとしている会社もあれば、月500万円以上の案件しか受注していない会社もあります。

会社によって顧客層が異なり、案件ごとの単価の差も大きくなります。

そのため、大手企業の案件をメインに取り扱う代理店に中小企業が運用を依頼すると、予算オーバーになる可能性があるでしょう。

予算内に収まる代理店に依頼するためにも、まずは案件の最低金額の確認をしてください。

代理店の規模によっても、運用プランは異なります。

自社の広告運用に適したプランがある代理店を選びましょう。

 

アプリ広告の代理店を選ぶためにチェックすべきポイント2.アプリ広告以外のサービスの充実度

代理店選びの際は、アプリ広告以外にどのようなサービスを取り扱っているかもチェックすると良いでしょう。

アプリ広告以外のサービスが充実していれば、その分広告の出稿で得られる満足度が高くなるからです。

例えば、以下のようなサービスがあります。

 

  • Webマーケティング
  • Web開発
  • アプリ開発
  • SEOコンサルティング
  • LP制作

 

Webマーケティングなどのトータルサポートに対応できる代理店なら多岐にわたる情報・知識を活かして、より最適な提案が期待できます。

アプリ広告の運用に、Webマーケティングのノウハウを用いた施策は効果的です。

一方、アプリ広告にしか対応していない代理店であれば、Webマーケティングなどに関する提案が受けられません。

そのため、代理店のサービス充実度によって自社の成果に違いが出る可能性があります。

サービスの充実度は「提案の質」に影響します。

アプリ広告の運用だけを依頼するにしても、その他にどのようなサービスを取り扱っているのか、チェックすると良いでしょう。

 

アプリ広告の代理店を選ぶためにチェックすべきポイント3.担当者のスキル

アプリ運用代行を依頼する際には、担当者にも注目してください。

質の高い担当者が付けば、大きな成果を得られる可能性が高まります。

検証結果のレポートや改善のサポートなどでも、充実したサービスが受けられるでしょう。

自社にとって最適な広告運用方針も提案してもらえます。

一方、運用に関する最適なサポートや提案がない担当者が付いてしまうと、充実したサービスが期待できません。

多額の費用を支払っても、成果が得られない可能性があります。

例えば、問題が発生した場合には、担当者の知識や経験が多いほど迅速な解決につながります。

その後の改善点に対する提案力にも差が出るでしょう。

また、スキル以外で気をつけてほしいのが、担当者との相性です。

どれだけ能力を持ち合わせていても、相性が良くない担当者とはスムーズに取引ができません。

大きなストレスを感じながらの取引では、より良い運用につながらないでしょう。

代理店選びでは、提供するサービスや費用だけでなく、担当者のスキルや相性も重要です。

 

アプリ広告の代理店を選ぶためにチェックすべきポイント4.代理店の顧客層

アプリ広告の運用では、代理店の顧客層を確認することも、大切なチェックポイントです。

その理由として、代理店の主要な顧客層によっては、自社が受ける待遇が変わる可能性があることが挙げられます。

例えば、主要顧客が大企業ばかりの代理店に中小企業が依頼したとしましょう。

代理店内では、中小企業は重要顧客とみなされません。

そのため、質の高いサービスも望めないでしょう。

余った広告枠を売り付けられたり、丁寧な検証や改善が行われなかったりする可能性があります。

反対に、主要顧客層が中小企業である代理店に大企業が運用を依頼した場合には、重要な顧客とみなされます。

出回っていない広告枠が手に入る他、丁寧な検証や改善などさまざまな特別扱いを受けられ、きめ細かなサービスが期待できるでしょう。

その結果、高い広告効果と満足度を得られるアプリ広告運用につながります。

 

 

まとめ

アプリ広告運用代行は、課金方式の違いなどを把握することから始めましょう。

代理店への依頼には、メリット・デメリットがあります。

自社に必要な運用プランや予算を考慮して、検討してください。

また、代理店を選ぶ際にもいくつかの注意が必要です。

料金相場ごとのサービスの違いなどを事前に把握しておくと、スムーズに依頼できます。

代理店を検討するには、4つの「チェックすべきポイント」をぜひ参考にしてください。

自社にとって、最適な運用が期待できる代理店を見つけるお手伝いができるはずです。

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

ディスプレイ広告とは?最新基礎知識から検索広告との違いまで解説

その他

ディスプレイ広告とは?最新基礎知識から検索広告との違いまで解説

「Webサイトやアプリに広告を出したいけれど、何から始めたら良いか分からない」「ディスプレイ広告という言葉を聞いたことがあるけれど、意味が分からない」という方は多いと思います。そ...

「Webサイトやアプリに広告を出したいけれど、何から始めたら良いか分からない」...

2022.3.9

インフィード広告とは?成果を上げるポイントから事例紹介まで徹底解説

その他

インフィード広告とは?成果を上げるポイントから事例紹介まで徹底解説

近年、インフィード広告は急速に広まっている広告手法であり、今後もますます普及することが予測されています。比較的新しい広告手段なので、どのような広告か、仕組みなのかが分からない方は...

近年、インフィード広告は急速に広まっている広告手法であり、今後もますます普及す...

2022.3.28

Webサイトの運用代行のメリットや運用代行会社を選定するポイントを徹底解説!

その他

Webサイトの運用代行のメリットや運用代行会社を選定するポイントを徹底解説!

自社のサイトにアクセスを増やしたいものの、正しい運用ができず、更新しても効果が得られないことがあるでしょう。 効率の良いWebサイトの運用を検討しているのであれば、他社に依頼して...

自社のサイトにアクセスを増やしたいものの、正しい運用ができず、更新しても効果が...

  • 初心者向け
  • 運用

2023.2.14

バナー広告とは?広告の特徴と作成のコツ、注意点まで徹底解説!

その他

バナー広告とは?広告の特徴と作成のコツ、注意点まで徹底解説!

バナー広告は、画像を用いて視覚的にアピールできる広告形式です。バナー広告のメリット・デメリットをはじめ、制作方法や注意すべきポイントについて解説します。また、導入時の費用や参考デ...

バナー広告は、画像を用いて視覚的にアピールできる広告形式です。バナー広告のメリ...

2022.3.7

【カルーセル広告で成果アップを目指すあなたに】各媒体の規定や成果を出す秘訣を伝授

その他

【カルーセル広告で成果アップを目指すあなたに】各媒体の規定や成果を出す秘訣を伝授

画像や動画を用いた広告を作成する際に、「もっと伝えたいことがある」「商品の魅力をあらゆる角度で伝えたい」と考える担当者は多いでしょう。そこで、おすすめしたいのがカルーセル広告です...

画像や動画を用いた広告を作成する際に、「もっと伝えたいことがある」「商品の魅力...

2022.4.19

お役立ち資料はこちら