フェイスブックで2つ以上の複数アカウントは作れる?作成・切り替え・削除する方法【注意点など合わせて解説!】 - (株)GMSコンサルティング

フェイスブックで2つ以上の複数アカウントは作れる?作成・切り替え・削除する方法【注意点など合わせて解説!】

2023.9.30

今回は、フェイスブックで複数のアカウントを作成・切り替え・削除する方法を紹介します。
アカウントを2つ以上作る際の注意点も解説しているので参考にしてください。

ツイッター・インスタグラム・フェイスブックとさまざまなSNSを利用する中で、プライベートとは別にビジネス用のアカウントを作成する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ツイッターやインスタグラムではアカウント2つ以上持つ人も多い印象です。

しかし、フェイスブックは複数アカウントを利用する方は少ない印象で、作れるのかどうかも知らない方が多いかもしれません。

実はフェイスブックでアカウントを2つ以上作成する行為にはさまざまなリスクもあります。

今回は、フェイスブックで複数のアカウントを作成・切り替え・削除する方法を紹介します。

アカウントを2つ以上作る際の注意点も解説しているので参考にしてください。

 

 

フェイスブックで2つ以上の複数アカウントは作成可能?ー複数アカウントを作る際の注意点

 

 

 

フェイスブックで、2つ以上のアカウントを作成したいと思っても、実名登録で複数のアカウントを作れるのか疑問が浮かぶのではないでしょうか。

ここでは複数アカウントの作成可否と、作る場合の注意点を紹介します。

 

 

フェイスブックでアカウントを複数持つことは規約違反!

フェイスブックでアカウントを2つ以上持ち、運営側に見つかると、アカウントの削除を要請されたり停止されたりします。

ツイッターやインスタグラムなど他のSNSではアカウントを複数持っても問題ありませんが、フェイスブックは複数アカウントを作成する行為が禁止されています。

利用者同士が実名で交流するコミュニティとしているため、複数アカウントを持つことは規則違反とされるのです。

 

 

複数アカウントはバレる可能性は?バレるとどうなる?

フェイスブックで複数アカウントを使用して運営側にバレる可能性はあります。

もともと「木村 正広」の名前で登録がある状態で、また同じ「木村 正広」の名前が登録されれば、同一人物ではないかと確認が入る可能性は否定できません。

同姓同名の人物も想定できますが、生年月日や写真を全く異なる情報にしなければなりません。

また最初に作っていたアカウントと後から作ったアカウントで、同じ友達が複数いる状態も同一人物と特定される原因の1つです。

複数アカウントを使用しているのがバレると、フェイスブックの運営側からアカウントを停止されるケースもあります。

アカウントを停止されてしまうと、運営側が解除してくれるまで、フェイスブックアカウントを使えなくなってしまいます。

フェイスブックアカウントは複数作れますが、バレる可能性があり、発覚すると使えなくなってしまう恐れがあるのです。

 

 

複数作成したアカウントは統合できない

フェイスブックは複数のアカウントをもつことを禁止しているため、複数のアカウントを統合する機能はありません。

2つ以上のアカウント情報をまとめて、一部を共有する機能はないため注意してください。

以前に作っていたアカウントと新しいアカウントの情報を統合したい場合も、残念ながら統合できません。

 

 

複数アカウントの氏名・基本情報を同じにしない

フェイスブックで複数アカウントを作成する場合、氏名の表記や基本情報を異なる内容にしないと、同一人物のアカウントだとわかってしまいます。

「太田 裕二」のアカウントを先に持っている場合、新しいアカウントは「太田 ゆうじ」や「Ota Yuji」と表記を変える工夫が必要です。

また生年月日や出生地、趣味などが同じだと、名前表記が異なるだけで同一人物であるのが明らかです。

基本データの居住地や趣味など内容を同じにせず、差別化を図りましょう。

 

 

使用しなくなったアカウントは削除し整理する

繰り返しになりますが、フェイスブックアカウントは複数アカウントを持つ行為を禁止しているため、発覚すると停止処分になる可能性があります。

アカウント停止を避けるためにも、複数アカウントを持っている場合は使用しないアカウントは削除しておきましょう。

アカウントを2つ以上持っている事実が判明し、不要なアカウントが停止されれば問題ありませんが、メインで使用しているアカウントが停止になることもあります。

メインで使用しているアカウントが使えなくなる事態を避けるためにも、アカウントは整理し不要なものは自ら削除しましょう。

 

 

フェイスブックで合法的に2つ以上のアカウントを作る方法

 

 

 

フェイスブックでアカウントを2つ以上作成するのは禁止ですが、個人のアカウントをプライベート用とビジネス用に分けて利用することが可能です。

この使い方であれば、合法的にアカウントの使い分けができます。

サービス内容について詳しく紹介しますので、参考にしてください。

 

 

複数アカウントは「フェイスブック ページ」を活用しよう

フェイスブックで複数アカウントを持ちたいときは「フェイスブック ページ」のサービスを利用しましょう。

個人のアカウントを持っている方なら誰でも作成できる新規ページです。

個人がビジネス用ページを作成するほか、企業や団体がページを作成し、ユーザーに情報提供したりユーザーと交流したりしています。

ビジネス以外にも個人で趣味のページを作成して、同じ趣味の仲間と交流する使い方もあります。

フェイスブックで個人用とは別のアカウントを持ちたい方には、フェイスブックページの活用がおすすめです。

 

 

フェイスブック ページで出来ること

フェイスブックページは複数の人で管理ができ、インサイト分析機能も充実しています。ウェブマーケティングや広告活動に活かせるため、企業やブランドのビジネスに活用できるのが利点です。

またフェイスブックページの開設は数を制限せず、1つのアカウントから複数ページの作成が可能です。

店舗ごとや団体ごとにフェイスブックページを作成できるメリットもあります。

個人アカウントを複数作成しても統合はできませんが、フェイスブックページでは統合が可能なため、後から複数ページを統合するのも便利です。

さらにフェイスブックページであれば、友達承認がなくても「いいね!」をしてくれたファン向けに情報発信が可能です。

自社のサービスを知り、良いと感じたユーザー向けに情報を発信できるため、既存顧客のファン化に活用できる特徴があります。

有料サービスとして広告を流す機能もついているため、ビジネスでの活用が多いです。

またフェイスブックに申請し慈悲団体として承認されると、寄付ボタンの追加ができ、寄付金を集められます。

ページのカスタマイズも可能なので、ブランドデザインや個人の好みに合わせたページを作成できます。

 

 

準備しておくモノ

新たなアカウントにはフェイスブックに未登録のメールアドレスが必要です。

複数アカウントを作成する場合には、当初に登録したメールアドレスとは異なるメールアドレスが必要です。

フリーアドレスでもアカウント作成は可能なため、新たにメールアドレスを作成しておくと良いでしょう。

 

 

フェイスブックーアカウントを2つ以上作成する手順

 

 

フェイスブックでアカウントを2つ以上作成したい場合、フェイスブックページを作成しましょう。

ここではフェイスブックページの作成方法をスマホでのやり方とパソコンでのやり方に分けて紹介します。

 

 

スマホから作成する場合

スマホから作成する手順は以下の通りです。

 

 

1.フェイスブックを開くと、右下に三本線のマークが表示されています。

  1. 三本線マークを押し、「ページ」の項目を開きます。
  2. 画面上部にある「+作成」をタップしてください。
  3. 「スタート」を押すと、新規の作成ページが開きます。
  4. カテゴリ・ページ名・ウェブサイト・カバー画像/プロフィール写真を入力します。
  5. 情報入力が終わると、ページ作成完了です。

 

スマホで簡単にページ作成できるため、参考にして実際に作ってみてください。

 

 

パソコンから作成する場合

パソコンから作成する手順は以下の通りです。

 

 

  1. 個人アカウントでフェイスブックページにログインします。
  2. 画面上部の「+」を押し、「ページ」をクリックします。
  3. ページ名を入力し、カテゴリを選択しましょう。
  4. 詳細は任意入力です。必要があれば入力しましょう。
  5. 入力後、画面左下の「Facebookページを作成」を押すと、作成完了です。
  6. プロフィール写真とカバー画像の設定もできます。

 

プロフィール写真のサイズは「180px x 180px」、カバー画像のサイズは「縦320px x 横820px」がおすすめです。

 

  1. 左サイドバーにある「ページ情報を編集」を押し、基本情報を設定しましょう。

パソコンでも難しい操作はありません。

写真や画像のサイズが合っていると見た目が良いため、サイズ設定には気をつけましょう。

 

 

フェイスブックー2つ以上の複数アカウントを切り替える方法

 

 

 

フェイスブックページを2つ以上作成したら、どのように切り替えるのかやり方を紹介します。

ここでもスマホとパソコンでやり方が異なるため、それぞれ分けて説明します。

複数アカウントの作成をする方は、確認しておいて下さい。

 

 

スマホから切り替える場合

スマホから切り替える手順は以下の通りです。

 

 

  1. フェイスブックを開くと、右下に三本線のマークが表示されています。
  2. 三本線マークを押すと、画面上部にページが表示されます。
  3. 切り替えたいページを押すと、切り替え完了です。

 

複数アカウントを作成しても、3ステップで簡単に切り替えできます。

 

 

パソコンから切り替える場合

パソコンから切り替える手順は以下の通りです。

 

 

  1. 個人アカウントでフェイスブックページにログインします。
  2. 個人アカウントを開くと、画面左側の「ショートカット」項目にページが表示されています。
  3. 表示されたページの中から、切り替えたいページをクリックすると切り替え完了です。

 

パソコンでもシンプルな操作で切り替えでき、複数アカウントの運用も心配ありません。

 

 

フェイスブックで2つ以上作った複数アカウントを削除する方の作業が必要です

 

 

作成したフェイスブックページを削除するには、2つの作業が必要です。

1つ目の作業としてフェイスブックページ削除の手続きを行い、その手続きから14日経過後に、2つ目の作業として完全削除します。

スマホでもパソコンでも操作可能なため、それぞれで手続きする手順を紹介します。

必ず2つの作業をしないと、フェイスブックページが削除されないため注意してください。

 

 

複数アカウントは統合できない

フェイスブックで個人アカウントを複数作成した場合の統合機能はないため、2つ以上のアカウントを統合することができません。

ただし、フェイスブックページは2つ以上のページを統合できます。

やり方も簡単で、まずは統合したいページを表示し設定を開きます。

次に、一般項目の中に「ページを統合」があるためタップしましょう。

最後に、統合したいページ名を入力すれば統合完了です。

 

 

スマホから削除する場合

スマホでフェイスブックページを削除する手順は以下の通りです。

  1. 削除するフェイスブックページを開きます。
  2. 画面中央右寄りの「ページを編集」をタップします。
  3. 次のページで「設定」を選択してください。
  4. 表示された画面で「一般」を選択します。
  5. 「ページを削除」項目の中に「〇〇(フェイスブックページ名)を削除」があるため、該当のページ削除を選択してください。
  6. 確認画面が表示されるため「ページを削除」の青いボタンを押します。
  7. フェイスブックのページ削除の手続き完了です。

 

なお、手続きから14日以内であればページ削除のキャンセルが可能です。

 

 

14日経過後に完全削除する方法(スマホの場合)

14日経過後、スマホでフェイスブックページを完全削除する手順を説明します。

 

 

  1. 14日経過後、削除の手続きをしたフェイスブックページを開きます。
  2. スクロールして「ページを削除」の項目を見つけたら、「〇〇(フェイスブックページ名)を完全削除」を選びましょう。
  3. 確認画面が表示されるため「ページを削除」の青いボタンを押します。
  4. 次の画面で「ページが削除されました」と表示されれば、フェイスブックページの削除完了です。

 

 

この作業をしないと、完全削除されずにページが残ってしまうため必ず行いましょう。

 

 

パソコンから削除する場合

パソコンでフェイスブックページを削除する手順は以下の通りです。

 

 

  1. 個人アカウントでフェイスブックページにログインします。
  2. 削除するフェイスブックページを開きます。
  3. 右上の「設定」を選択してください。
  4. ページの一番下に「ページを削除」の項目があるため「編集」をクリックします。
  5. 「ページを削除」項目の中にある「〇〇(フェイスブックページ名)を削除」を選択してください。
  6. 確認画面が表示されたら「ページを削除」の青いボタンを押します。
  7. フェイスブックのページ削除の手続き完了です。

 

スマホのやり方と同じように、手続きから14日以内であれば、ページ削除のキャンセルが可能です。

 

 

14日経過後に完全削除する方法(パソコンの場合)

14日経過後、パソコンでフェイスブックページを完全削除する手順を説明します。

 

 

  1. 14日経過後、個人アカウントでフェイスブックページにログインし、削除の手続きをしたフェイスブックページを開きます。
  2. 「ページを削除」の項目を探し、「編集」をクリックしてください。
  3. 次のページで「〇〇(フェイスブックページ名)を完全削除」を選びましょう。
  4. 確認画面が表示されたら「削除」の青いボタンを押します。
  5. 「ページが削除されました」と表示されれば、フェイスブックページの削除完了です。

 

スマホと同様に完全削除するには必須の作業ですので、忘れずに行いましょう。

 

 

フェイスブック ページを削除する際に知っておくべきこと

フェイスブックページの削除手続きをした事実は、フォローやいいねをしている人には知らされません。

通知されるのは、ページの編集者や管理者など権限がある人のみです。

一部のフォロワーからは急にページがなくなったと思われる可能性もあることを考慮しましょう。

削除手続きをして14日以内は削除をキャンセルできますが、14日経過後に完全削除してしまうと復元はできません。

削除の手続きをする際には、本当にページを削除していいかよく検討してから行いましょう。

また、削除前にコンテンツのダウンロードが可能なため、必要なコンテンツはダウンロードしておくのがおすすめです。

さらにフェイスブックページの削除手続きをしても、完全削除するまでの14日間はアクセスして過去の投稿を見られます。

今すぐにユーザーに見られないようにしたいときは、非公開に設定すると見られません。

 

 

まとめ

フェイスブックの個人アカウントは複数作成する行為を禁止されているため、2つ以上のアカウントを運用したい方は、フェイスブックページを活用するのがおすすめです。

フェイスブックページは、ビジネス用としても個人用としても使用しやすく、リサーチや統合など便利な機能があります。

ページ作成・切り替えの手順も簡単なので、この記事で紹介した手順を参考にぜひ利用してください。

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

<strong>インスタの【フィード投稿】を徹底解説!ー基本的な使い方と「タグ付け」の仕方</strong>

Facebook

インスタの【フィード投稿】を徹底解説!ー基本的な使い方と「タグ付け」の仕方

今回は基本的なInstagramのフィードの使い方、タグ付けの仕方をご紹介します。     インスタの【フィード投稿のタグ付け】ーフィードとは? &nbs...

今回は基本的なInstagramのフィードの使い方、タグ付けの仕方をご紹介...

2023.10.30

Facebook広告のカスタムコンバージョンの設定方法を簡単解説!

Facebook

Facebook広告のカスタムコンバージョンの設定方法を簡単解説!

Facebook広告は、ターゲティング精度が高いので、ターゲットをピンポイントで狙いたい企業におすすめのSNS広告です。しかし、成果を最大限に上げるためには、Facebookピク...

Facebook広告は、ターゲティング精度が高いので、ターゲットをピンポイント...

  • Facebook

2022.6.22

【BtoB必見】Facebook広告で抑えておくべき知識や成功事例、運用効果を最大化させるポイントを徹底解説!

Facebook

【BtoB必見】Facebook広告で抑えておくべき知識や成功事例、運用効果を最大化させるポイントを徹底解説!

「BtoB向けにFacebook広告は活用できるのだろうか」 「BtoB向けとBtoC向けのFacebook広告の違いは?」 「Facebook広告の配信設定がどうやったらいいの...

「BtoB向けにFacebook広告は活用できるのだろうか」 「BtoB向けと...

2022.12.27

Facebookカテゴリ一覧付き!Facebookページのカテゴリを変更する方法を解説

Facebook

Facebookカテゴリ一覧付き!Facebookページのカテゴリを変更する方法を解説

Facebookページではどのような利用方法ができるのか、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Facebookページと個人アカウントとの違いやフェイスブッ...

Facebookページではどのような利用方法ができるのか、疑問に思っている人も...

  • Facebook

2022.12.13

Facebook広告の支払い方法 タイミングや設定方法・請求書のダウンロード方法まで解説

Facebook

Facebook広告の支払い方法 タイミングや設定方法・請求書のダウンロード方法まで解説

Facebook広告とは、Facebookのフィードやストーリーズに出稿可能なSNS広告です。低価格から配信可能で広告フォーマットの種類も多く、ターゲティングの精度が高いなどのメ...

Facebook広告とは、Facebookのフィードやストーリーズに出稿可能な...

2023.1.12

お役立ち資料はこちら