Webマーケティングの代行を考えている方必見!代行する流れや代理店を選ぶポイントを徹底解説! - (株)GMSコンサルティング

Webマーケティングの代行を考えている方必見!代行する流れや代理店を選ぶポイントを徹底解説!

2023.10.30

これまでは主にテレビや雑誌などでマーケティング活動を行ってきましたが、最近ではwebマーケティングが大きなウェイトを占めています。

webマーケティングをよりうまく使いこなすためには、代行業者に依頼するのも一つの方法です。

この記事ではwebマーケティングを代行業者に依頼する流れについて説明していきます。

 

 

Webマーケティングとは

 

 

webマーケティングとはweb(インターネット)を用いたマーケティング活動で、webを利用し売れる仕組みを構築することを指します。

オンラインショップなどのwebサイトやwebサービスに、より多くの消費者を集客し、商品の購入もしくはサービスの利用を促す戦略です。

従来のマーケティング活動では、テレビや雑誌などに広告を展開し、顧客にアプローチする「集客活動」を行ってきました。

加えて、実際に来店した顧客に対して商品やサービスなどを進める「販売活動」もその一つです。

商品の魅力やサービス、どこで手に入るかといった具体的な内容を、ターゲットとなる層へアプローチし興味をひくことを目的としています。

的確にアプローチすることにより商品に興味を持ってもらい、実際の購買に結びつけるのがマーケティングの大きな目的です。

webマーケティングとは、これらをweb上で行います。

これまでwebマーケティングは、オンラインサービスを展開している企業やECサイトを保有している企業が行うものでした。

しかし、インターネットの急激な普及により、webマーケティングは多くの企業にとって必要不可欠なものとなっています。

消費者の多くは、事前にインターネットで情報を検索し商品・サービスの比較を行うため、もはやwebと実店舗の垣根はなくなっているといえるでしょう。

従来のテレビ広告や雑誌広告は「受動的」な部分が多くありました。

ターゲットとなる層にピンポイントでアプローチすることは難しく、大部分へ情報を発信する手法です。

一方、webマーケティングではピンポイントに目的の顧客にアプローチできます。

しかし、アプローチの仕方を間違えると、思ったような効果は得られません。

webサイトやwebサービスでは、自然検索や検索連動型広告・ディスプレイ広告・アフィリエイト広告・SNS広告といった手法でアプローチを行います。

この広告の選び方や、展開の仕方が大切です。

たとえwebサイトまで誘導できたとしても、顧客のニーズに合っていないと成果にはつながりません。

webサイト上の「情報発信方法」も工夫し、顧客にうまくアプローチする必要があります。

この一連の流れを考え、実行することがwebマーケティングの取り組みです。

webマーケティングでは、「広告からの集客数」や「誰がどのページを何回見たか」「どれくらいページに滞在したか」といったデータが詳細に記録されます。

その記録を基に検証・改善を行いながら集客や販売実績をアップさせることがwebマーケティングの目的です。

 

 

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

 

webマーケティングはインターネットを活用して行うマーケティングですが、これと似た言葉にデジタルマーケティングがあります。

webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは、その領域です。

webマーケティングはオンラインのみですが、デジタルマーケティングにはオフラインも含まれます。

webマーケティングに比べ、扱う世界が広範囲に及ぶ手法です。

マーケティングを行う技術は共通してインターネットであり、両者ともweb上で対策を行います。

デジタルマーケティングはデジタルで得られる、あらゆるタッチポイントを活用します。

一方webマーケティングは、企業が運営するwebサイトのコンテンツを充実させ、顧客を呼び込み誘導し、成果につなげる手法です。

SEO対策やリスティング広告の利用・アクセス解析を実施し、それに沿ってさらにWEBサイトを改善していく流れになります。

これに対し、デジタルマーケティングはデジタル技術やデジタルデータを活用して、オンラインとオフラインを融合させたマーケティングを行います。

最近では実店舗で物を購入した際に、デジタル決済を行うことが主流となってきました。

これをOMOと呼びますが、これもデジタルマーケティングの一つです。

 

 

Webマーケティングを代行する流れ

 

 

webマーケティングを外注する際には、代行してくれる企業を見つけなければなりません。

より良いパフォーマンスを発揮するためには、どのような企業を選べば良いのか判断に迷う方もいるでしょう。

代行先を探す方法や、依頼前の判断基準となる提示された具体案の検証方法や注意点など、マーケティングの代行を依頼する際の流れを説明します。

 

 

Webマーケティングを代行する流れ1.代行先を探す

webマーケティングの代行を依頼する際には、まずは代行先を探しましょう。

webマーケティングを行っている会社は、専門分野に特化している会社・多岐にわたってカバーしている会社・フリーなど様々な種類があります。

実績や経験、費用面などしっかりと考慮しなければいけない点はもちろんありますが、何を重要視するかを明確にしておくと、代行先選びの目安になります。

全てを任せるのか、自分達でもできるように教えてもらいながら進めるのか、また担当者は固定がいいのか、なども重要です。

実際にwebマーケティングを依頼する上では、成果を上げなければ意味がありません。

どの配信方法に力を入れたいのか、どの媒体に強いのかも重要です。

配信方法にはSNS広告やyoutube広告・ディスプレイ広告などがあり、インターネット媒体にはfacebookやyahoo!・googleなどがあります。

また、ターゲット層や商品・サービス内容で選んだ方が良い場合もあります。

「会社のイメージと合うか」なども重要項目でしょう。

たとえば、行政のような硬めの企業マーケティングを若者向けコンテンツが得意な会社に依頼すると、乖離が生じる可能性があります。

会社の風土も大切で、打ち合わせは直接顔を合わせて行いたい・連絡手段はメールではなく電話で行いたい、などの要望に応じてくれる会社を選ぶと良いでしょう。

 

 

Webマーケティングを代行する流れ2.外注先に実情を伝えプランを提案してもらう

外注先の候補がある程度決まった後は、プランニングを行います。

現在の悩みや要望などをまとめておくと良いでしょう。

会社のパンフレットやコーポレートサイトなどで自社の社風や商品を共有することが大切です。

どのターゲット層に商品・サービス情報を届けたいのか、また、現在足りていない問題点なども確認しましょう。

その上でやってもらいたい業務詳細やボリューム、費用などを決めていきます。

こちらの要望を伝えた上で、外注先がどのようなサービスを提供できるのかを提案してもらい、情報の擦りあわせを行います。

場合によっては、複数の外注先のプラン比較も有効です。

 

 

Webマーケティングを代行する流れ3.提案内容を加味し、契約を結ぶ

こちらの要望を伝えた後、外注先からの具体的な提案を精査します。

ポイントは、サポート内容や成果を達成するまでのプランと期間などの「内容」とそれにかかる「費用」です。

外注先が提案してきた内容が自社の要望に沿っているか、また現実的に課題を解決するものになっているかを検討しましょう。

検討の際、費用に目が向いてしまいますが、提案内容とその提案で得られる効果が費用に見合っているのか「費用対効果」が重要です。

 

 

WEBマーケティングを代行するメリット

 

自社でも可能なwebマーケティングを外注することにより、どのようなメリットが期待できるのでしょうか。

専門業者に外注するとプロのノウハウや自社リソースを有効に活用でき、費用対効果の面でも良い結果が期待できる可能性があります。

ここでは、webマーケティングを代行するメリットについて説明していきます。

 

 

WEBマーケティングを代行するメリット1.プロのノウハウを活用できる

webマーケティングを受注している企業は専門性が高く、その領域のプロです。

多くの知識やスキルを保有しており、自社の問題点や要望にあった的確なwebマーケティングを実行してくれます。

また、コンサルティング契約をした場合には、そのナレッジを活用し内製化を進めることも可能です。

自社のノウハウとプロのナレッジを掛け合わせることで相乗効果が期待できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

WEBマーケティングを代行するメリット2.自社リソースの効率化

webマーケティングは様々なタスクが発生するため、自社で行うには人員や時間を割く必要があります。

webマーケティングにかける人材をしっかりと確保できない場合、限られたメンバーで通常の業務にプラスして行うのは効率的ではありません。

また、自社内にwebマーケティングを担当できる人材やチームがあれば良いのですが、経験がないと効果的にwebマーケティングを活用できないリスクがあります。

たとえ自社リソースを確保できたとしても、効果がなければ意味がないと言えるでしょう。

専門業者に外注することにより、自社リソースを効果的に別の業務に利用できます。

 

 

WEBマーケティングを代行するメリット3.コスト削減ができる

webマーケティングを外注すると、コストの削減につなげられる可能性が高いです。

当然、外注するにはそれなりの費用がかかります。

しかし、webマーケティングによって得られる費用対効果を考えると、結果として外注費用よりも高い売り上げを期待できる場合が多いのも事実です。

商品やサービスを消費者に認知してもらうためには広告が重要ですが、広告運用には大きな費用がかかってしまいます。

専門的な知識がない状態で広告運用を行なうと、効果が出ないまま月に数十万円〜数百万円を損失する可能性があります。

当然ですが、この広告運用費以上の成果を上げる必要があり、それには専門的な知識は不可欠と言えるでしょう。

プロに任せることで一時的に外注費用がかかりますが、広告戦略としてその後に成果を上げられると、結果的にコストの削減につながります。

 

 

WEBマーケティングを代行する料金相場

 

 

webマーケティング代行の料金相場は、どのような外注先に依頼するか、また依頼する領域や内容によって様々です。

webマーケティングは、クライアントによって要望が異なるため単純に比較するのは難しいですが、各領域によりある程度の相場が決まっています。

コンテンツマーケティングの外注の場合、一般的な記事制作が10万以下、WordpressやCMS設置・分析ツールを用いたアクセス解析を行なった場合には10万円〜30万円です。

さらにキーワード選定など上流設計を行うと30万円〜50万円、施策の考案および実施・コンサルティングまで行う場合には50万円以上となっています。

広告運用の外注費用は、広告費用のおよそ20%が相場です。

費用は主に「広告費用にかかわらず固定」「広告費用によって変動」「最低手数料が設置+広告費用によって変動」「完全成果報酬」の4タイプに分類されます。

固定の場合は広告費用にかかわらず決まった金額ですが、変動の場合は、たとえば広告費用が20%のときに20万円で依頼すると手数料は4万円です。

最低手数料+変動の場合には、広告費用20万円未満のケースでは一律4万円ですが、20万円以上では広告費用の20%となります。

完全成果報酬は、それぞれの企業によって異なるので個別に精査を行いましょう。

なお、広告運用を外注すると「広告文やキーワードの設定」のほか「アカウント構築費用」といった初期費用(手数料)がかかるケースがあります。

初期費用は、およそ3万円〜10万円が月額に上乗せされる場合が多いようです。

SNSマーケティングの外注では、一般的なコンテンツ制作・投稿や管理代行の場合10万円以下となります。

コメントやリプライへの返信対応やレポート作成が追加されると20万円〜30万円です。

さらにSNS広告運用や定例での報告・改善案の提案などを含むと50万円が相場です。

 

 

WEBマーケティングの代行会社を選ぶ際のポイント

 

webマーケティングの代行会社を選ぶ際には、どのような目的を達成したいのか、また代行会社にその実績があるのかなど、確認すべきポイントがあります。

ここでは、どのようなポイントを基準にしてwebマーケティングの代行会社を選べば良いのか説明します。

 

 

WEBマーケティングの代行会社を選ぶ際のポイント1.目的の明確化

webマーケティングの代行会社を選ぶ際には、マーケティングを行うことにより何を達成したいのか目的を明確化しておくことが大切です。

マーケティングを外部発注するに至った理由や、自社の問題点をクリアにできていなければ、外注する意味がありません。

例えば、「自社の課題を明確にし、それをwebマーケティングで解決できるのか」「結果的にどのようなKPIの達成を求めるのか」などが挙げられます。

漠然とした依頼では外注しても成果につながりにくく、結果として外注費用だけがかさみ高い費用対効果が得られません。

もう一つ重要なのは「いつまでにどのような成果を得たいのか」です。

SEOやSNSを用いたwebマーケティングでは効果の発生までに時間がかかります。

イベントやキャンペーンなどは「いつまでに」「どれくらい」といった期限や数値を明確にすると、目標を実現できる外注先を見つけられるでしょう。

 

 

WEBマーケティングの代行会社を選ぶ際のポイント2.実績

webマーケティングを代行してくれる会社はたくさんあります。

幅広いジャンルに精通した大手もありますが、個人で行なっているフリーランスの人もいます。

そこで重要なのが「実績」です。

大手に発注すると様々なジャンルに詳しい人材が多くいるため、依頼内容にしっかりと応えてくれるかもしれません。

しかし、それだけ費用も高くなってしまいます。

発注内容・目的によっては、大手ではなく専門の会社やフリーランスに発注した方が、費用面や成果において効果的になる場合があるのです。

自社が依頼したい内容や達成目標・期限などを確定させ、発注会社の実績をしっかりと調べると、適切な会社へ発注をかけられます。

また、適切な会社へ発注すると、よりよいパフォーマンスにもつなげられるでしょう。

実績は公式サイトなどで確認し、どのような企業のどのようなサポートを行ったのかをチェックしてください。

自社と同業者のサポート実績があるのか確認すると、得られる成果をイメージしやすくなります。

さらに、実績はその会社の信頼を測るための指針にもなる重要な要素です。

 

 

WEBマーケティングの代行会社を選ぶ際のポイント3.費用

webマーケティングを外部発注する際には「費用」を明確にしましょう。

webマーケティングには様々なジャンルがあり、それらを多く組み合わせることで大きな成果を得られますが、それだけ費用もかさみます。

自社がどれくらい外注に費用をかけられるのかを明確にしておくことが、重要なポイントです。

まず費用を設定し、その予算内で目的を達成してくれるマーケティング会社をリストアップして比較検討しましょう。

予算の上限が決まっていると外注先もサポート範囲を把握しやすくなり、のちのトラブル防止にも役立ちます。

 

 

まとめ

webマーケティングは様々な企業成果を達成する上で重要なファクトとなっていますが、効果的に用いなければ理想的な成果は得られません。

しかし、専門企業に外部発注することで、より高いパフォーマンスが期待できます。

自社の要望と予算・問題点を明確にし、最適なwebマーケティング会社に依頼すると、費用対効果の高いマーケティング成果を得られるでしょう。

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

Webサイトの運用代行のメリットや運用代行会社を選定するポイントを徹底解説!

その他

Webサイトの運用代行のメリットや運用代行会社を選定するポイントを徹底解説!

自社のサイトにアクセスを増やしたいものの、正しい運用ができず、更新しても効果が得られないことがあるでしょう。 効率の良いWebサイトの運用を検討しているのであれば、他社に依頼して...

自社のサイトにアクセスを増やしたいものの、正しい運用ができず、更新しても効果が...

  • 初心者向け
  • 運用

2023.2.14

<strong>オンライン集客を代理店に依頼するメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!</strong>

その他

オンライン集客を代理店に依頼するメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

SNSやネット検索が情報収集の主流となっている今、インターネット広告を使用した宣伝は必要と言えます。 なぜなら、多くの方がスマホを所有しているため、自然とインターネット広告が目に...

SNSやネット検索が情報収集の主流となっている今、インターネット広告を使用した...

2023.9.15

バナー広告とは?広告の特徴と作成のコツ、注意点まで徹底解説!

その他

バナー広告とは?広告の特徴と作成のコツ、注意点まで徹底解説!

バナー広告は、画像を用いて視覚的にアピールできる広告形式です。バナー広告のメリット・デメリットをはじめ、制作方法や注意すべきポイントについて解説します。また、導入時の費用や参考デ...

バナー広告は、画像を用いて視覚的にアピールできる広告形式です。バナー広告のメリ...

2022.3.7

【GDN、YDA、Facebook広告など】バナー画像のサイズ、作成の注意点を解説

その他

【GDN、YDA、Facebook広告など】バナー画像のサイズ、作成の注意点を解説

バナー広告を始めたいけれど、どのサイズで作って良いのか分からないという方は多いでしょう。こちらでは、代表的なGDN、YDN、Facebook広告などのバナーサイズを媒体別に詳しく...

バナー広告を始めたいけれど、どのサイズで作って良いのか分からないという方は多い...

2022.3.10

【徹底解説】フリークエンシーって何?リーチとの違い・注意点も説明

その他

【徹底解説】フリークエンシーって何?リーチとの違い・注意点も説明

  Web広告に携わる方なら、フリークエンシーという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、意味は分かっていても人に説明できない、どのように活かしたら良いのか分からない方...

  Web広告に携わる方なら、フリークエンシーという言葉を聞いたことがある方は...

2022.3.28

お役立ち資料はこちら