【必見】Webマーケティングを依頼するメリットから依頼する方法まで徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
【必見】Webマーケティングを依頼するメリットから依頼する方法まで徹底解説!

【必見】Webマーケティングを依頼するメリットから依頼する方法まで徹底解説!

2023.2.14

デジタルが中心になった現代では、ユーザー集客はWebマーケティングが効果的と言われています。

実績を残すには専門知識が必要ですので、Webマーケティング会社に依頼しサポートを受けるのが得策です。

今回は、Webマーケティングを専門会社に依頼するメリットから方法までを紹介していきます!


お問い合わせ  資料ダウンロード

 

目次

1.Webマーケティングとは?

 

最近耳にするようになったWebマーケティングとはどのようなものかご存じでしょうか。

従来のマーケティング方法はアナログスタイルが中心で、雑誌やテレビCMなどメディアを活用していました。

デバイスの普及によって、SNSを使った動画コンテンツを取り入れる企業も増え、Webマでの宣伝効果が有効であることがわかってきました。

文字で訴えかけるよりも、Webでのマーケティングの重要性が高いことが立証されたことで、取り入れる企業が増えてきたわけです。

具体的には、WSEO・インターネット広告・コンテンツマーケティング・ウェビナー・AIチャットボットもWebマーケティングです。


広告運用について中心に知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

 

2.Webマーケティング会社が解決できること

 

 

Webマーケティング会社に依頼するした際に行ってもらえることをご紹介していきます。

 

2-1.商品やサービスが売れる仕組みを作る

 

自社のWebサイトでは、商品やサービスを消費者にアピールするために、モデルを使ったり利用者口コミを掲載していると思います。

ところが、思うように集客できなかったり売上が伸びないなどの悩みを抱える企業は多いです。

Webマーケティング会社では、消費者が企業に対して何を求めているのかを分析し、データを元に改善策を考案します。

Webサイトの改善だけでなく、SNSを使った企業アピールなど、あらゆる角度から売れる仕組みを考えWebマーケティングに反映させます。



2-2.顧客に合わせたコミュニケーションが取れる

 

顧客全員が同じようなことで悩んでいたり答えを求めているわけではありません。

あらゆる希望に答えるには、アンケートなどで顧客満足度などの効果測定を行い 、好みに合わせたアプローチが必要です。

たとえば、Webサイトであれば閲覧情報を元にして顧客が好みそうな商品やサービスが目に止まるようにすることもできます。

性別や年齢に合わせてアプローチ方法を変えていくなど、あらゆる角度から顧客目線でのコミュニケーションを行うことができるのです。



2-3.データに基づいた施策の提案

 

Webマーケティングで大切なのは、データに基づいたターゲティングの行動調査です。

Web解析を行うことで、顧客の性別・年齢はもちろんですが、どのような記事や広告に興味を持っているのかが見えてきます。

例えば、人気のあるページではどのような記事を読んでいるのか、また人気のないページの問題点などがデータ解析できます。

現状を正しく把握することで、必要なものと排除すべき問題点があぶりだされるので、より有益で集客力の高いコンテンツができるでしょう。

自社のターゲットにマッチした有益なコンテンツを生み出すには、このようにデータに基づいた施策の提案が必要です。



3.Webマーケティングを会社に依頼するメリット

 

顧客のニーズが多様化し、Webマーケティングは非常に重要性があるものと認識されるようになりました。

ITに詳しくWebコンテンツ作成ができる人材や部署が自社にあれば良いのですが、まだまだアナログに頼っている企業も多く困惑している企業も多くあります。

そんな時に力になってくれるのが、Webマーケティング会社です。

実際に、どのようなメリットが得られるのかをまとめました。



3-1.Webマーケティングを会社に依頼するメリット1.客観的な意見が得られる

 

マーケティングは目に見えた結果となり現れるので、十分な効果が得られていないと不安になるでしょう。

これは、担当者に知識や経験が少ないだけでなく、顧客のニーズをしっかり把握せずに施策を進めてしまうために、どの企業でも起こりうることです。

同じ会社の人間では、同じような目線でしか物事を見れなくなるために施策が偏ってしまい、適切なアドバイスができなくなります。

そこで、専門的な知識やノウハウをもったWebマーケティング会社に依頼し、第三者目線で

アドバイスをもらうのです。

外注依頼することで、自社の方針や戦略とは違った視点から客観的にマーケティングを捉えられます。

また、Webマーケティング会社と自社の担当が仕事をすればノウハウを学べるので、今後のマーケティングに活かせるようです。



3-2.Webマーケティングを会社に依頼するメリット2.社外からリソースを得られる

 

Webマーケティングには、専門知識はもちろんですが、さまざまな作業や工程が発生しますので時間と労力が必要です。

たとえば、担当者がWebコンテンツや動画コンテンツ、SNSを使ったマーケティングなどと本来の業務を同時に行うには時間が必要です。

動画制作やブログ、SEO施策はもちろんですが、SNS運用では各コンテンツの特徴にマッチした投稿が必要になるからです。

各分野で専門知識やスキルを持つ人材探しが必要ですし、採用コストを考えると即座に改善できる問題ではありません。

人材育成にもプロの力が必要ですし、現実的には非常に難しい問題です。

これらを外注でリソース化すれば、コストはかかりますが従来の業務に差し支えることなく効果的なWebマーケティングが可能です。

人的リソースの負担を軽減することで、Webマーケティング以外の作業効率を下げることなく時間や労力を確保できます。



3-3.Webマーケティングを会社に依頼するメリット3.プロが介入するため成果が得やすい

 

Webマーケティングには、専門的な知識やノウハウが必要です。

社内に部署を作り必要な人材を集めたとしても、プロのテクニックと比較するとクオリティが

学びながらのコンテンツ作成は、時間的コストが大きくなります。

例えば、動画コンテンツでは、モデルやタレントの選抜から絵コンテの作成、画像制作に音楽をつけるなど、仕上がりまでに時間がかかります。

それだけでなく、顧客や見込み顧客を惹きつけるための編集作業はセンスも必要ですので専門家に任せるのが安心です。

このように、外注すればWebマーケティング以外の業務に集中できますので、業務効率を下げることもありません。

なによりも、プロに依頼すれば成功確率が高くなりWebマーケティングを成功させられます。



4.Webマーケティングをコンサルに依頼する方法

 

プロに任せた方が自社のためにもなり、将来性も期待できるとわかったところで、コンサルに依頼するための流れについて解説します。



4-1.Webマーケティングをコンサルに依頼する方法1.依頼先を探す

 

Webマーケティングのコンサルでは、依頼をする前に、自社に何が足りていないか、必要なサービスはどんなものであるかを明確にしておきます。

その上で、サポート内容がわかりやすい・料金体系が明確かなどを加味しながら依頼先を探していきましょう。

また、実績があり良質なコンテンツ作成ができるか、会社全体でサポートしてくれる大きな会社を選ぶかフリーランスを選ぶのかも考えなければなりません。

大きな会社だから、コンテンツ作成が得意とは言い切れませんし、個人であれば細かい指示を忠実に再現できるかもしれません。

最初から1社に決めてしまわずに、気になるコンサル会社を複数選んでから見積もりを依頼し比較してみるといいでしょう。



4-2.Webマーケティングをコンサルに依頼する方法2.依頼先に実情を伝えプランを提案してもらう

 

依頼先を見つけたら、自社の弱点や改善したいポイントなどを伝え、具体的にどのような

解決策やサポートプランがあるのか提示してもらいましょう。

コンサルティング会社の中には、Webマーケティングの活用方法をアドバイスするだけでなくコンテンツ作成を請け負う会社もあります。

特に最近は動画や画像を使ったデジタルコンテンツが人気で、SNSと連携すると高い効果を得られることがわかっています。

顧客のニーズにマッチしたコンテンツを作成するためには、このようにトレンドを意識するのが大切ですので、施策の方向性についてはしっかり話し合ってください。

また、良質なコンテンツ実績があるのかSEO対策についてのノウハウがあるのかも確認します。

マーケティング戦略やSEO対策を考えた運用までアドバイスしてくれる会社であれば、十分な効果を得られるでしょう。

最後に無視できないのがコンサルにかかる費用です。

コンテンツをいくつ必要としているのか、運用を任せるのかにしても料金は違ってきますし、選択が多ければ費用もかさんでいきます。

コンサルティングにどれだけの予算を出せるのか、予算内でどこまでカバーしてもらえるかをしっかり話し合いしてください。



4-3.Webマーケティングをコンサルに依頼する方法3.提案内容を加味し、契約を結ぶ

 

Webマーケティングを行う際は目標を毎月設定し、外注先と擦り合わせを行いながら目標達成を目指しています。

外注先がイニシアチブを持つのではなく、自社との連携こそが効果を上げるために必要です。

パートナーとして、互いに努力をしなければ望むような成果は表れにくくなりますので、方向性が同じであることが大切です。

できれば、複数の会社と同じような内容の相談をして、自社との相性がよく予算内で充実した提案やサポートが受けられるかを比較します。

Webマーケティングの企画力が自社にない場合には、トータルバランスの良いコンサル会社がベストです。

Webマーケティングを開始しているけれど、伸び悩んでいる、SNSを使ったマーケティングに力を入れたいんであれば、BtoCやSNSマーケティングに強い会社を選びましょう。

目標のすり合わせに施策の内容の説明があり、信頼できると判断したら契約を結びます。

サポート内容、契約年数、費用の見積もりをもらったら、会社に提出し契約書にサインをしてサポートが開始されます。



5.サービス別Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場



1回:5〜10万円

市場分析

アクセス解析

施策提案

月額:10〜50万円

市場分析

アクセス解析

SEO対策

新規コンテンツ作成

月額:10〜30万円の場合

webマーケティングコンサル

サイト運用

コンテンツ記事作成

月額:30〜50万円

webマーケティングコンサル

サイト運用

動画制作

サポート・改善

月額:50〜100万円

webマーケティングコンサル

SEO戦略コンサル・・メディア運用・SNS戦略の長期戦略運用

外注が初めての場合、コンサル代金の相場はチェックしておくべきでしょう。

あまりにも安いと、必要なサービスが受けられないこともありますから、料金とサポート範囲はどこまでか事前に調べておくと安心です。



5-1.Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場.1回5〜10万円の場合

 

自社でWebサイトを保有しているが成果が思うように出ない場合など、アドバイスだけを必要とすることもあります。

SEO対策も含めた料金相場は、1万円〜万円前後とかなりリーズナブルですが、成功報酬が別料金で設定されることもあります。

この場合、検索エンジンに自社サイトが上位表示される、クリック率で料金が発生するなど、成功報酬の計算方法を調べておきましょう。

マーケティング戦略・市場分析・アクセス解析から、施策を提案しレポート提出してくれるようなケースでは、5万円〜10万円程度の金額です。

これには施策実行や運用などは含まれておらず、自社で行うのが一般的です。

また、月/1回の単発コンサルでは、1回90〜12分を目安に5〜10万円が相場とされています。

あくまでも、自社で行っているWebマーケティングを改善するためにコンサルを頼みたいのであれば、比較的リーズナブルな価格で外注できるでしょう。



5-2.Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場.月額10〜50万円の場合

 

Webサイトのアクセス解析などを行いながら欠点をあぶりだし、目的達成するには何を改善すべきかを明確に示してくれます。

Googleアナリティクスは無料のアクセス解析ツールで、これを使う企業も多いのですが

高度な知識やノウハウが必要なために十分に活かしきれていません。

コンサル会社では、他社事例をたくさん持っていますので、数字から素早く解析します。

品質の高い記事や顧客が興味を引くような内容で、クリック率があがると判断した場合には、これくらいの料金です。

SEO対策では、顧客のニーズを満たすための良質なコンテンツを作り出すことが重要です。

そのためには、キーワードの選定と、綿密なコンテンツ設計にSNSを利用した広告媒体などをバランスよく作りださなければいけません。

SEOをメインにしたコンサル相場は、実施内容によって幅もあり数値解析・SEO対策で30万、新規のコンテンツ作成を含めて50万程度です。



5-3.Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場.月額10〜30万円の場合

 

Webマーケティングでは、動画や画像を使ったWeb広告が重要なポイントです。

従来の広告では費用対効果が得られないために、ユーザーが求める情報を必要なタイミングで配信するスタイルが不可欠です。

顧客だけでなく、広告を見たユーザーが興味を持つような宣伝でなければ、ムダなコストだけがかかり会社に損失を与えるだけだからです。

動画や画像を使ったWebマーケティングは、広告媒体費用を除けば30万程度でコンサルを受けられます。

また、サイトの運用や記事作成など、コンテンツそのものを見直して集客するような場合もこれくらいの費用が必要です。



5-4.Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場.月額30〜50万円の場合

 

スマホやタブレットなどのデバイスが浸透したことで、マーケティング自体もデジタル寄りへと変化しています。

SNSなどのメディア運営に関するサポートや改善、運営などは1つにつき月額30〜50万円が相場です。

デジタルコンテンツをWebマーケティングのメインにするのであれば、動画制作を得意としたコンサル会社を選びましょう。

既存のコンテンツ改革や解析などを行ったうえで、効果的な動画を作成してくれますしサポートも充実した会社が多いです。

また、自社で今後動画マーケティングをメインに立ち上げるのであればノウハウを学べる会社もあります。

Webマーケティングは長期的戦略ですので、このようなスタイルのコンサル会社を選ぶのもいいでしょう。



5-5.Webマーケティングをコンサルに依頼したときの費用相場.月額50〜100万円

 

売上につなげるためのキーワード選定や、記事構成までアドバイスしてくれるSEO戦略コンサルタントは、常に新しい情報を企業にもたらします。

成果報酬制度を導入しているコンサルが多いので、メディア運用を委託する場合は100万円程度の予算が必要です。

webマーケティングを活用したい、映像や動画を使ったSNS戦略で売上を伸ばしたい場合には、幅広い領域でコンサルが必要です。

サービスや商材にマッチした戦略や市場分析を行い、媒体に合わせてターゲット選定するなど、経営全体を考えながらアドバイスや運用を依頼できます。

複数のプロジェクトに関わったり、新規コンテンツの設立など、短期ではなく長期的な戦略のコンサルは成功すると大きな利益を生み出します。



6.Webマーケティングを依頼する企業を選ぶポイント

 

 

Webマーケティングは何社もありますので、どこに依頼すればいいのか迷うことも多くなります。

特に費用も提案内容も同じようなコンサル会社があると、決め手にかけてしまい決められなくなってしまうでしょう。

依頼する会社を選ぶためには、いくつかのポイントに着目し、自社が目指す目標を一緒に叶えてくれるコンサルを選びましょう。



6-1.Webマーケティングを依頼する企業を選ぶポイント1.実績

 

今や、多くの企業が導入し実行しているマーケティング戦略です。

だからこそ、他社とは違う試みができること、自社の個性を引き出し新たな挑戦ができるようにサポートしてくれる会社が好ましいです。

一番のポイントは実績ですが、その内容や得意とする施策や重視しているポイントがリアルにわかることが大切です。

実績紹介があれば、自社との競合や目的に近いクライアントでどんな実績が上げらえたのかをチェックするとよいでしょう。

特に数字でわかりやすくなっていると、どれくらいで効果を感じられるのかがわかりますし、自社側でも対策などを考えやすくなります。

会社の規模やネームバリューなどで選ばずに、自社の経営戦略にマッチした実績を残せるか

どうかを重視して選ぶのがポイントです。



6-2.Webマーケティングを依頼する企業を選ぶポイント2.コミュニケーションの円滑さ

 

Webマーケティングは、長期的な施策と改善が必要ですので依頼期間が長くなります。

自社からの提案を、外注先担当者と一緒に考え改善していきますからコミュニケーションスキルが高いことが大変重要なポイントです。

電話やメールはもちろんですが、Web上での打ち合わせなども多くなりますので、より充実した施策を打ち出すためにもコミュニケーションが取りやすくないと困ります。

積極的に施策を考えてくれたり、細かいところにまで改善策を施したりと、自社の運営に深く関わって親身になってくれる担当者がいる会社を選びます。

疑問や質問にはできるだけ早くに答えを出してくれるのか、的確でわかりやすい回答なのかもチェックしましょう。

また、こちらがわからないからといって高圧的な話し方をしないのか、疑問点について丁寧に指導してくれるのかも重要なポイントです。

得意分野に担当者がいるのであれば、複数人で改善点を出し合い解決策を出してくれるなど、企業側の目線で考えてくれる担当者がいると円滑に進みます。



6-3.Webマーケティングを依頼する企業を選ぶポイント3.サービスの内容

 

Webマーケティングにはさまざまな施策があり、企業のスタイルやコンセプト、コンテンツ内容や数によって使い分けなければいけません。

SEO対策の改善はもちろんですが、新たなメディアは本当に必要か、SNSを使った広告出稿が向いているかも、施策として考えていきましょう。

コンサル会社によって得意とする施策や対応も異なりますので、目的にあった戦略提案などのアイディアを持っているのかなどもチェックしてみましょう。

また、専門的な知識やノウハウを持った技術者がいるのか、適材適所で担当しクオリティの高いサービスを受けられるのかを見極めることも大切です。

マーケター、ディレクター、デザイナー、アナリストと専門分野のプロがチームとなって1つの企業に対して最適なマーケティング戦略を提案してくれるコンサルをおすすめします。



7.まとめ

 

インターネットがあれば、どこでも気軽に情報を得られるので、今後はWebマーケティングの重要性はさらに高まっていくと考えられます。

専門性が高いため慎重に進めるべき事案ですが、無理に自社でやろうとせずにプロのサポートを受けましょう。

自社の弱点をあぶり出し、強みに変えてWebマーケティングを成功させるにはコンサル会社への依頼をおすすめします。

 

お問い合わせ  資料ダウンロード

【必見】Webマーケティングを依頼するメリットから依頼する方法まで徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

<strong>ディスプレイ広告は代理店に依頼すべき?メリット・デメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!</strong>

その他

ディスプレイ広告は代理店に依頼すべき?メリット・デメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

ディスプレイ広告は自社で運用する他に、代理店に代行運用を依頼する方法があります。 広告運用のプロである代理店に依頼すると、専門的な知識・技術を用いた広告配信が可能です。 ただし、...

ディスプレイ広告は自社で運用する他に、代理店に代行運用を依頼する方法があります...

2023.9.15

ネット広告収入仕組みとそのメリット・デメリットとは?おすすめのメディアもご紹介!

その他

ネット広告収入仕組みとそのメリット・デメリットとは?おすすめのメディアもご紹介!

    ネット広告収入の仕組みとは?       Webメディア(ブログ・YouTube・SNSなど)に広告を貼り、この広告をユーザーがクリックしたり、商品購入やサービス利用し...

    ネット広告収入の仕組みとは?       Webメディア(ブログ・Y...

2023.11.21

広告における効果測定の指標とは?分析・活用方法やおすすめツールを解説!

その他

広告における効果測定の指標とは?分析・活用方法やおすすめツールを解説!

Web広告で大切なことは、成果を出して売上を伸ばすことです。企業は、広告の現状を把握し、今後さらに伸ばしていけるのか、改善していく必要はあるのか判断しなければなりません。そこで、...

Web広告で大切なことは、成果を出して売上を伸ばすことです。企業は、広告の現状...

2022.4.20

Web広告の効果とは?測定方法や、効果を高める改善方法まで徹底解説!

その他

Web広告の効果とは?測定方法や、効果を高める改善方法まで徹底解説!

インターネットの普及によって、Web広告の市場規模は拡大しています。そこで、Web広告とは何なのか、どのような効果が得られるのかを解説します。また、実際に運用する際に重要な指標を...

インターネットの普及によって、Web広告の市場規模は拡大しています。そこで、W...

  • 初心者向け
  • 運用

2023.1.27

YouTube広告は9種類!やり方や作成方法、ツールを解説

その他

YouTube広告は9種類!やり方や作成方法、ツールを解説

YouTubeを閲覧しているとき、ついスキップを押したくなる広告ですが、中には興味をそそられて、 最後まで見てしまうという人も多いでしょう。そこで、YouTube広告を検討してい...

YouTubeを閲覧しているとき、ついスキップを押したくなる広告ですが、中には...

2022.3.7

お役立ち資料はこちら