絶対外さないネット広告運用代行を選ぶ際のポイントを徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
<strong>絶対外さないネット広告運用代行を選ぶ際のポイントを徹底解説!</strong>

絶対外さないネット広告運用代行を選ぶ際のポイントを徹底解説!

2023.9.15

インターネットの普及に伴い、webマーケティングの重要性が高まってきました。
webマーケティングは、戦術としてだけでなく戦略的に考えることが重要です。
商材やサービスの品質はもちろんですが、企業の独自性をアピールするために施策として注目したいのがweb広告です。
驚くほどの速さで進化するネット広告は、常にアンテナを張りトレンド情報を取り入れていく必要があります。
インハウス運用では得られない、確実な成果を求めるなら、広告代理店への外注がおすすめします。
数ある広告代理店から、自社とマッチングする1社を選び出すのは大変な作業です。
本記事では、ネット広告運用代行会社選定で失敗しない賢い選び方のポイントや費用相場を詳しくご紹介していきます。

インターネットの普及に伴い、webマーケティングの重要性が高まってきました。

webマーケティングは、戦術としてだけでなく戦略的に考えることが重要です。

商材やサービスの品質はもちろんですが、企業の独自性をアピールするために施策として注目したいのがweb広告です。

驚くほどの速さで進化するネット広告は、常にアンテナを張りトレンド情報を取り入れていく必要があります。

インハウス運用では得られない、確実な成果を求めるなら、広告代理店への外注がおすすめします。

数ある広告代理店から、自社とマッチングする1社を選び出すのは大変な作業です。

本記事では、ネット広告運用代行会社選定で失敗しない賢い選び方のポイントや費用相場を詳しくご紹介していきます。

 

 

ネット広告運用代行とは?

 

 

 

ネット広告の運用代行とは、企業の代わりに広告運用をおこなうことです。

広告媒体の選定から、広告作成・出稿はもちろんですが日々の運用やレポート改善案の提出まで幅広いサポートがあります。

 

インターネットの普及により、最新情報をだれもが簡単に手に入るようになりました。

個人の趣味や嗜好が多様化したことによって、サービスの利用や商品購入にリーチするためにはターゲットを絞り込んだ施策が必要になります。

魅力的な広告をユーザーに届けるには、目的とターゲティング設定、出稿媒体を選定して

配信先を決め運用しなければなりません。

担当者は予算決めから広告媒体の選定・アカウント・広告作成、出稿はもちろん、コスト管理や運用実績から分析・レポート提出までをおこないます。

改善案の策定なども、社内で調整しながら実施していきますので、ネット広告知識が必要です。

 

広告運用には専門知識だけでなくノウハウがなければ、成果につなげることができません。

インハウス運用をするためには、マーケティングだけでなくネット広告についても深い知識を持った担当者が必要です。

外部の勉強会に参加したり、書籍で知識を得たりしても、実際には簡単に運用できるものではありません。

 

インハウス運用するためには、webマーケティングノウハウだけでなく必要な人材の確保が重要なポイントです。

担当者はほとんどの業務に関わり、企画から施策の効果検証もおこない、マーケターとして効果費用が高い運営を任されます。

企画した広告をどのように表現するのかを考えるのはデザイナー、サイトのシステム開発や運用などはエンジニアの仕事です。

デザイナーは、ネット広告のテキストデザインや画像・動画などクリエイティブな業務に関わり、担当者と意見交換しながらLPやサイト設計などを実施します。

予算の調整や広告文やキーワードの変更なども簡単にできるようになったため、運用業務の重要性は以前よりも増しています。

スムーズなPDCAを実現するためには、人材の確保が必要になりますし、インハウス運用は負担が大きく難しいのです。

 

この負担を軽減するため、これらの業務を代行してくれる会社に外注する企業が増えています。

運用代行会社には、ネット広告のノウハウはもちろんですが運用実績からあらゆるコンテンツに対応が可能です。

初期設定から運用まですべてを任せられるだけでなく、進化するプラットフォームに対応していますので成果につながります。

複数の広告をまとめて運用代行できるのも、ノウハウが蓄積した代理店だからです。

広告運用レポートも代理店が作成し提出するので、企業側の負担は少なく安心して業務に取り組めます。



ネット広告代行運用会社に依頼できること

 

 

 

ネット広告代行運用会社とは、企業に成り代わって広告活動をおこなうビジネスモデル企業です。

商品やサービスの利用をすすめるために、メディアやインターネットを使って広告を出稿し

プロモーションします。

ネット広告に強いクリエイターがいる広告運用代行会社が人気です。

クライアントの利益が最大化するように、ネット広告を配信してくれる代行運用会社にどのような依頼ができるのかをご紹介します。

 

 

広告戦略の策定

広告は企業や商材などのアピールには有効な手段ですが、出稿するだけでは成果は上がりません。

認知度向上や購買行動だけでなく、企業の成長につなげるためにも戦略的な広告を打ち出して、競合他社との差別化を図る必要があります。

商品やサービスを利用してもらうためには、認知度を高める広告戦略の策定が重要です。

上質なサービスや商品も、ユーザーに認知してもらえないと、利用することはないでしょう。

ユーザーに対して効率よく働きかけるには、メディアの力を借りるのが早道です。

SNSなどの不特定多数が発信する場所や、Google広告など費用を支払って出稿する場合は、自社のホームページなどを使います。

ターゲットが利用する媒体や時間をリサーチし出稿すると、広告を目にする頻度が高くなり費用効果が最大化します。

適切な出稿には、広告戦略の策定に時間をかけ、明確なターゲット設定が欠かせません。

ターゲティングはもちろんですが、ユーザーの心をつかめるようなデザインを考え、集客や

購入や利用につながるような広告が必要です。

ユーザーに魅力を伝えるためには、具体的なペルソナを細かく設定しターゲットに合わせた訴求が欠かせません。

このように企業側のイメージを、どのように広告に生かしていくのかを細かく設定し戦略を策定します。

 

 

ネット広告の運用代行

ネット広告はあらゆる企業が参入していますので、競合会社と差別化を図った内容を出稿しなければなりません。

差別化のためには、トレンドや市場分析・ターゲティング・ポジショニングの要素から広告内容を選定していきます。

 

自社商品やサービスのマーケットが、競合他社と比べてどうであるかを把握しておかなければ、目指すべき指針を正確に打ち出せないでしょう。

競合他社の動向や広告のトレンド・消費者ニーズなどを分析することで、自社にマッチした媒体が選びやすくなります。

アピールしたい商材は、ユーザーから見て需要とニーズがあるか、課題解決にどのように働くのかを理解することが大切です。

ニーズを理解しないまま広告を出稿しても、ユーザーには有益な情報として届きません。

精度が高いマーケティングをおこなうことで、クライアントの強みを生かした広告作成ができます。

イメージを理解すれば、企業に適した媒体を選んでアカウント作成から広告運用までをまかなえます。

クリエイティブな広告を入稿するだけでなく、LPやサイトの構築やデザイン・修正まで受けている会社もあります。

 

 

成果の分析・レポーティング

分析・レポーティングをおこなう目的は、現状を把握し問題の発見と解決策を見つけることです。

配信先は間違っていなかったのか、新しい媒体へも出稿すべきか、顧客の増減や利用率などがレポートから読み取れます。

これらの情報は、分析データグラフでまとめ視覚化することで理解しやすくなります。

レポートには分析結果だけでなく、プロセスがまとまっているので、企業全体で共有し現状を把握できます。

 

 

改善策の提案

改善するのは手間と時間がかかりますので、客観的な根拠をもって解決策を考えなければなりません。

インハウス運用すると、自社の利益だけを考えてしまいますから、広告の全体像が見えにくくなります。

広告代行会社は、管理画面の数値やサイト分析ツールからデータを得て、客観的な根拠を提示してきます。

現状のままでは良くない理由や、改善策を施行することで、どのような成果を得るのか数値や根拠にして説明します。

 

広告に訴求性がなく、ユーザーが求める情報を得ることができない場合、離脱率が高くなりコンバージョンにつながりません。

認知度アップのためであっても、結果的にコンバージョン率が低いと広告の品質スコアにも影響するでしょう。

予算を組んで出稿しクリック率は高くても、訴求性が低い場合、広告の掲載順位が下がりクリック単価が上がってしまいます。

広告代行運用会社は、分析結果とレポートから改善施策を提案し、企業側と一緒に解決しながらPDCAを回すのが仕事です。

運用能力に高い運用代行会社に依頼すれば、企業の利益になるようにサポートしてくれる力強い味方になるでしょう。

 

 

ネット広告運用代行会社に依頼するメリット

 

 

 

ネット広告を運用代行会社に依頼する最大のメリットは、リソースが不足していても効果的に認知度を高められるというものです。

業務効率に影響を与えずに、成果が出るまでの時間もインハウス運用より早いこともあげられます。

ここからは、運用代行会社に広告を依頼すると得られるメリットをご紹介します。

 

 

自社にノウハウがなくても最適な広告出稿ができる

どのような広告が効果的かは、自社の商材やターゲット層によって違いがあります。

インターネットは年齢や性別に関係なく多くの人が利用していますが、ログイン時間や曜日などはそれぞれ異なるでしょう。

ターゲット・ユーザーの接触時間や曜日などに合わせて、ネット広告を配信すれば成果につながります。

広告は出稿するだけで効果を見込めるものではなく、運用していくための手腕やノウハウが必要です。

広告運用代行会社には、ネット広告運用のスキルのある社員が多くノウハウを持っています。

競合他社との取引もありますので、それを生かした対策で成果につなげることも可能です。

自社にリソースやスキルがなくても、すべてを任せれば最適な方法で広告を出稿し運用までしてもらえるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

社内リソースが要らない

ネット広告の運用には時間と労力が必要です。

ターゲットと訴求内容によって媒体を決め、予算を設計したら広告の作成に入ります。

テキストや画像・動画、どれを広告に使うにしてもwebデザイナーの力が必要です。

広告が作成できたら入稿配信のための細かな設定なども必要ですし、進捗管理は毎日チェックしなければなりません。

データ集計・月別レポート提出はもちろんですが、問題点の洗い出しや改善策なども広告運用の一部です。

改善案を施策に反映させ成果を上げるのを繰り返すため、担当者の負担は大きくなるでしょう。

十分なリソースがあれば問題はありませんが、担当者の後退や退職などが発生した場合、他の業務に支障が出てしまいます。

広告運用を代行会社に依頼してしまえば、従来の業務に集中でき、パフォーマンスアップにつながります。

自社対応ができない部分だけをカバーしてもらうこともできるので、費用を抑えて効率的に運用したい時にもおすすめです。

 

 

複数のネット広告出稿に対応できる

ネット広告は種類も多く、それぞれに強みがあるのでうまくターゲティングをすれば成果を発揮できます。

どの媒体が自社に向いているのか判断できないと、出稿しても思うような成果を得られないかもしれません。

運用代行会社は、ネット広告運用経験がありますから、商材やサービスにマッチしたものを選び出稿できます。

そのためには、企業や商材を理解してもらい、ターゲット層やペルソナをしっかり伝えることが重要です。

大手の運用代行会社では、ウェブサイトを運営しているところもあり、そこに広告を掲載もできます。

 

 

SNS広告からネット広告に切り替えることもできる

SNS広告は、テキストだけでなく画像や動画などを組み込んで幅広いターゲットにアプローチできます。

運用型広告にはないメリットが多くあり、ネット広告の中でも需要が急拡大している分野です。

SNS広告はターゲティングの精度が高く、登録情報から地域や性別、年齢などを細かく区別してユーザー層を絞り込めるのが魅力です。

SNSの特徴でもある拡散効果によって、認知度がアップしやすく追加費用は、なしで想定以上の成果につながることもあります。

動画や画像を使うことによってブランディングにも役立ち、商品やサービスの訴求に効果的です。

 

このようにメリットが多いSNS広告ですが、適切なプラットフォームを使って、細かい設定が必要なために運用に手間がかかります。

インハウス運用がしやすいSNS広告ですが、プラットフォームのメリットを生かしながら成果を出すためには、運用ノウハウが必要です。

SNS広告は低予算で運用でき、認知度アップには有効ですが、コンバージョン重視の販売などにはネット広告が有利に働きます。

本格的にネット広告を始めるのであれば、ノウハウや運用実績のある運用代行会社に依頼しましょう。

多くの企業から依頼を受けた会社であれば、ネット広告の実績も高く確実な成果を得ることができます。

 

 

自社サイトのクオリティーを高く改善できる

ネット広告からユーザーが自社サイトやLPにたどりついても、魅力がない訴求性がないと離脱確率が高くなります。

広告ビジネスとして、顧客との接点を確実にし目的を達成するためにはサイト改善の施策が必要です。

目的を決めて作成したにもかかわらず、サイトに集客がない・効果につながらないのは何か原因があります。

自社サイトを改善するには「作成してから時間がたっている」や「見た目が古い」など漠然としたイメージではうまくいきません。

企業として伝えたい情報は簡潔に、ユーザー目線で考えることで「離脱した理由」などが見えてきます。

サイト内で何を見られているのか、離脱しているポイントを行動データから分析して成果につなげていくことが重要です。

 

 

ネット広告運用代行会社に依頼するデメリット

 

 

 

ネット広告を運用代行会社に依頼すると多くのメリットを得られますが、生じるデメリットも同じです。

ここからは視点を変えてデメリットを見ていきましょう。

 

 

費用がかかる

運用代行会社は、クライアントに成り代わってネット広告を運用し、その手数料を収益としています。

SNS広告をインハウス運用する場合、登録料は無料ですし投稿するにも費用はかかりません。

実質無料で広告運用できますが、運用代行会社に依頼すれば費用がかかります。

その他の広告の場合、どこまで依頼するかによりますが、広告費の約20%を支払うことが多いようです。

最低依頼期間や出稿額が決めまっている運用代行会社もありますので、外注前にはホームページで費用を確認しましょう。

気になる会社をいくつかピックアップし、依頼範囲と費用を比較して選ぶことをおすすめします。

 

 

商材理解力が足りない可能性がある

クライアントの代行として、企業や商材の魅力をアピールするには、理念や商材を理解しなければなりません。

どのようなメリットがあるのか、問題解決にどう働くかを知らなければ、商材をアピールしても相手には届きません。

商材を理解するには、企業の理念やコンセプト、開発するまでの思いや商材に対する情熱までをくみとる必要があります。

ビジネスに対して理解を深め、ユーザーの課題解決にどう働くかをアプローチできる代行運用会社なら間違いありません。

クライアントと一緒に運用することで、お互いに成長しあう気持ちがあればいいのですが「商材に興味がない」担当者では困ります。

担当者によっては、得手や不得手な商材はあるかとは思いますが、どのようなものに対しても前向きな姿勢があれば大きなブレは起こりません。

理解をしようとしない、競合他社と同じレベルで広告を出すような代理店では、成果をあげることは難しいでしょう。

PRしたい商材やアプローチしたいターゲット、広告の目的を明確にして、お互いの認識をすり合わせておきます。

運用代行会社の実績に、同じ業種の競合他社があるのか、直近で実績を出した担当者がいるかも確認しておきましょう。

 

 

運用の詳しい詳細が把握できない

運用代行会社はネット広告のプロですから、運用を任せれば確実に成果につなげてくれます。

どこまで依頼するかによりますが、適切な媒体を選んでアカウント作成から運用、レポート提出までを任せられます。

今後の運用をより良いものにするためには、レポート内容を理解し提案に話し合っていくことが大切です。

代理店に任せるのではなく、一緒に運用している意識を持つことでさまざまな情報を得ることができます。

レポートをしっかり読み込めばノウハウの取得が可能ですし、担当者と話し込めば広告トレンドや業界の動きがわかります。

運用技術は教えてはもらえませんが、アカウントの開示を頼めばやってくれる代理店もあるので訪ねてみましょう。

インハウス運用のサポートをおこなっている運用代行会社であれば、書籍からはわからないプロの知識を得るチャンスがあるかもしれません。

 

 

ネット広告運用代行の手数料・費用相場は?

 

 

 

ネット広告を運用代行会社に外注する場合、広告の制作費と出稿費用を支払わなければなりません。

内訳は初期費用・手数料・広告費の3つで、代理店によってもサービス内容と相場が違うため、依頼前には十分に比較しましょう。




 

サービス内容

手数料・費用

初期費用

運用にあたっての初期設定

3万~10万


代理店によっては、運用費用に含む可能性もあります

運用手数料

運用を代行するための手数料

データ作成

レポート提出

課題の策定など

運用費の20%設定の代理店が多い

広告費用

出稿するためにかかる費用

LP・サイトの構築

動画や画像などの制作など

最低金額の設定がある代理店もあります





初期費用

初期費用に関しては、広告費に細かなものを落とし込んでいる代理店もあり、すべての代理店に初期費用が発生するものではありません。

初期費用は、具体的に以下の作業内容に対して費用がかかります。

 

 

・コンテンツ選定

・アカウント開設

・ターゲット設定

・キーワード選定など

 

 

ネット広告の媒体が決まれば、運用のためにアカウントを開設します。

GoogleやYahoo!のアカウントを取得して、アドネットワークを利用する場合には、仲介業者の選定もやってくれます。

SNS広告では、インフルエンサーとの仲介になり、細かい業務が初期費用に含まれる代理店がほとんどです。

ターゲットやキーワード設定、予算に応じた課金方式の決定など、クライアントの意向に合わせて準備をおこないます。

複数のコンテンツを利用する場合には、設定方法が異なるので任せた方が安心でしょう。

 

 

運用手数料

クライアントの代わりに、広告を作成し定期的なキーワードチェックや予算の調節をおこないます。

どのコンテンツに集客があり成果につながったのか、アクセス解析からデータ化しレポート提出までが運用手数料に含まれるケースが多いです。

運用手数料は代理店の収入源になりますので、広告費の約20%が相場に設定されています。

広告費予算が大きければ、それだけ運用手数料も高くなるので、あまり低額な場合には代行を受けない会社もあるようです。

中には、成功報酬型や毎月定額に設定しているところもあるので、依頼前に確認しておきましょう。

SNS広告も費用相場は同じくらいですから、予算の中でうまく運用できるように相談してみるといいでしょう。

 

 

広告費

広告費は広告文や画像・動画作成、LPやサイトの構築にかかるクリエイティブな費用と、各媒体に出稿するために支払う費用が含まれています。

広告運用代行会社によっては、クリエイティブな制作を関連会社に発注するケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

知名度の高いメディアに記事広告を出す場合には、200万円以上など高額な費用がかかります。

リスティング広告や動画広告などでは、30万円から50万円で出稿が可能です。

複数のコンテンツを利用すれば、費用を細かく割り当てて成果につながっていますので、予算内で取り決めましょう。

 

 

ネット広告運用代行会社を選ぶときのポイント

 

 

 

ネット広告を運用する代理店は、大手から小規模まで数が多く比較が難しいものです。

いくつかのポイントを押さえれば絞り込みやすくなり、最適な運用代行会社が見つかります。

 

 

予算で選ぶ

成果を出したいからといって、湯水のように予算を使えばよい広告運用ができるものではありません。

本格的なwebマーケティングが初めての場合、どれくらいの予算で何ができるか検討をつけにくいことがあります。

最初は低予算で様子を見ながら運用し、予算枠の変更で増やしていけるのであれば、検討していきましょう。

低予算でも運用代行してくれる会社はありますし、企業に有益な広告を出すにはどのような媒体が適しているかも、運用代行会社はわかっています。

広告運用はチームでおこないますので、代行会社に支払う費用はスキルに対しての人件費と考えていいでしょう。

 

スキルの高い担当者やクリエイターが在籍し、運用実績が豊富でサービス内容が充実していれば高額になりやすいようです。

しかしながら相場よりも費用が安い場合には、実績が少なかったり、知識が浅かったりするケースも少なくありません。

予算内でどのように成果につなげていくかをクライアントの立場になって考えてくれる会社を選びましょう。

 

 

ネット広告運用代行会社が取り扱っているネット広告の種類を確認する

ネット広告運用を成功させるには、目的とターゲットの設定が重要な要素ですが、それをどの媒体に出稿するかが大きなポイントです。

「このような広告を出したい」「希望媒体がある」場合には、運用代行会社に頼めば出稿はできます。

それが適していない場合、成果につながる媒体を選定し、どうしてそのコンテンツが優れているかを明確に説明できる実績があることです。

運用代行会社によって、Google広告の正規代理店や幅広い実績がある、SNS広告をメインとしているなど特色があります。

出稿したい媒体が決まっていれば、得意な代理店に依頼すれば良いでしょう。

プロ目線で出稿先を選定してもらいたい、意見を聞きながら決めたい場合には、どのような広告運用実績があるかホームページなどで確認しましょう。

 

 

サポート体制がしっかりついている

運用を任せているから、何もしなくていいわけではありません。

プロの知識をレポートなどからノウハウを学ぶことで、分析されたデータがわかりやすくなり、改善点が見えてきます。

分析・レポート提出だけでなく、勉強会やミーティングをこまめにおこない、運用の流れを説明してくれるかも確認しましょう。

運用代行会社によっては、インハウス運用サポートがあり、企業の勉強会に参加できるところもあります。

週の報告をレポートで提出して、運用状況を共有してリアルタイムで解説するなど、サポート体制はさまざまです。

運用ノウハウの有無に関わらず、手厚いサポート体制がある会社であれば、信頼関係を築きやすくなります。

 

 

運用担当者のスキル・能力を知っておく

ネット広告運用会社を選ぶ際には、会社の実績や評判をメインに考えてしまいますが、運用するのは担当者です。

どんなに運用経験のある会社でも、スキルのある担当者が多いとは限りません。

運用経験がありスキルが高く、柔軟な思考でコミュニケーション能力の高い担当者がいるか確認しましょう。

 

ネット広告の運用はノウハウを学べば、だれでもおこなうことができます。

成果につながるかは個人のスキルによりますし、常にアンテナを張りトレンド情報を得るなど収集能力も求められるでしょう。

担当者個人の能力は、ホームページなどではわからないため判断が難しいところです。

能力の高い運用担当は、経験を積むと独立したり、ヘッドハンティングで転職したりするケースも少なくありません。

過去の実績は良くても、直近で成果が上がっていない場合には、有能な担当者がいないケースもあります。

自社業界に精通した担当者がいるのか、CV件数アップを実現にどれくらいの期間を必要としたのかなどを確認しましょう。

依頼前に担当者と話し、よい提案をしてくれるか、ネット広告知識が豊富かもチェックすべきポイントです。

 

 

運用実績・評価を確認

多様化するネット広告ですから、運用代行会社に求める実績とスキルがあるのか、どのように評価しているのかを確認しましょう。

ホームページで紹介されているものはもちろんですが、直近の実績を確認することも重要です。

ネット広告は常に進化をしていますので、数年前の実績では成果に対する評価も違います。

一番新しい実績ではどれくらいの成果を出したのか、取引先に競合他社はあるか、評価や実績をチェックします。

ビジネスモデルを理解し、どうすればクライアントの利益になるかを考える代理店を選ぶことが重要です。

 

 

ネット広告運用代行会社を使う際の注意点

 

 

 

ネット広告運用会社を選ぶポイントを理解したら、さっそく代理店選びを始めましょう。

いくつかの注意点がありますので、合わせて慎重に判断してください。

 

 

ネット広告運用代行会社を使う際の注意点①ペルソナをしっかり設定し伝える

 

「自社商材はこのようなユーザーに利用してほしい」、企業にはかならず顧客のイメージ像があります。

年齢や職業のように、属性で区分けしたものをターゲットと呼び、成果につなげるためには必要なものです。

ターゲットが決まれば、どのコンテンツを利用すれば成果が得られるかが見えてきますし、キャンペーン情報の参考にもなります。

多様性が重視される現代では、年齢や性別、職業だけではユーザーの差別化が難しくなって

きました。

皆が同じものを使って効果を得たり満足するのではなく、自分の意志で選んで利用したり、個性を表現する時代になったからです。

すべての人にマッチするものではなく、届けたいだれかを設定しアプローチをするのがペルソナです。

 

ペルソナを設定するためには以下の内容を考えます。

 

 

・個人情報(性別・年齢・居住地・職業など)

・性格や価値観

・悩み

・趣味やライフスタイル

・普段の購買行動(どこで購入するのか、価格帯など)

・商品に関する理解(購入の決め手になるものなど)

・商品を購入・利用しない理由



年齢や性別、ライフスタイルや趣味などを設定したペルソナを作りこんでおきましょう。

ペルソナはいくつも設定せずに、実在して自社商品を手にしてくれそうな人を設定します。

こうすることで、方向性がずれてしまうのを防ぎペルソナのアウトラインの完成です。

顧客層とペルソナにズレが起きていないのか、企業側の願望だけが反映されていないのかを検証し完成させます。

ペルソナを作りこめば、訴求性が見えてきますので、自社の強みを生かす広告内容や媒体が見えてきます。

設定がしっかり伝われば、運用までスムーズに進み成果につながるでしょう。

 

 

自社商品の訴求軸を明確に理解しておく

ターゲットに商品を購入してもらいサービスを利用してもらうためには、商品の特徴や魅力を伝えなければなりません。

そのためには、ペルソナを設定しユーザー目線で広告がどのように見えるのかを考えていきます。

ユーザーが抱える問題に対して、商品がどのようなニーズにマッチするのかを想像してみてください。

どのような広告であれば、その商材が魅力的に感じるのでしょうか?

企業目線で考えてしまうと、ユーザーから評価をもらえずに終わってしまいます。

訴求軸をぶれないようにするには、自社商品を深く理解するのはもちろんですが、競合他社との違いをはっきりさせることです。

ユーザー・競合他社・自社からどのように見えるかを考え、商材のメリット・デメリットやどうすれば購入につながるかを考えましょう。

しっかりした訴求軸があれば、広告によって訴求文を変え、デザインだけを入れ替えながら効果的な運用ができます。

コンテンツにマッチした広告を作成するためにも、自社商品の訴求軸を明確にすることが重要です。

 

 

ROI、ROASの目標値を設ける

ROIは広告費に対して、どれだけの利益が得られたかを測定する指標です。

0%を基準として効果の度合いを判定するので、値がプラスなら利益がマイナスは損失であることが判断できます。

利益を数値としてデータ化できるので、どの広告がどれくらい利益を出せているかがわかりやすくなります。

ROIを使えば、利益が少ない広告運用はやめて成果が上がっているものに予算を回すこともできるようになるのです。

ROASは広告費1円に対しての売り上げを知るための指針で、広告運用がうまく働いているかを判断しやすくします。

予算配分や入札価を変更するための施策に役立ち、広告戦略の見直しをおこなうことが可能です。

ROASが低い広告は、LPやサイトデザインの見直しや、予算配分が適切かを見直すための重要な指標です。

この2つの目標数値を設定しておけば、戦略が立てやすいだけでなく、改善や立て直しがしやすくなります。

 

 

まとめ

 

 

ネット広告の運用ノウハウは、勉強会に参加したり、書籍を読んだりしただけでは完璧には学べません。

なぜなら、ここ数年は驚くほどの早さでネット広告は進化しているため、もたもたしていると取り残されてしまうからです。

ネット広告運用代行会社は、あらゆる業界との太いパイプがあるために、トレンドや最新のシステム情報がすぐに耳に入ります。

これを生かしていきますので、インハウスではできない緻密な計算の元に広告運用ができるようになるでしょう。

広告運用代行会社選びは、担当者のスキルやサポート範囲、運用代行費用などをトータル的に見て自社の運用を任せられるかが重要です。

焦らずに、自社と相性がよさそうな広告運用代行会社をチョイスしたら、比較検討し担当者と話し合って決めましょう。



<strong>絶対外さないネット広告運用代行を選ぶ際のポイントを徹底解説!</strong>

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

<strong>ディスプレイ広告は代理店に依頼すべき?メリット・デメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!</strong>

その他

ディスプレイ広告は代理店に依頼すべき?メリット・デメリットから代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

ディスプレイ広告は自社で運用する他に、代理店に代行運用を依頼する方法があります。 広告運用のプロである代理店に依頼すると、専門的な知識・技術を用いた広告配信が可能です。 ただし、...

ディスプレイ広告は自社で運用する他に、代理店に代行運用を依頼する方法があります...

2023.9.15

バナーデザインの参考になるサイトとデザイン制作のノウハウを媒体別に解説

その他

バナーデザインの参考になるサイトとデザイン制作のノウハウを媒体別に解説

バナーとは、直訳すると「のぼり」「旗」のことを指します。のぼりは、商店街のお店の前に出ている、ひらひらとしている旗が思い浮かぶと思います。ウェブ上のバナーも似たようなもので、ホー...

バナーとは、直訳すると「のぼり」「旗」のことを指します。のぼりは、商店街のお店...

2022.4.6

【初心者向け】広告の始め方を分かりやすく徹底解説!

その他

【初心者向け】広告の始め方を分かりやすく徹底解説!

今回は、Web広告の種類やおすすめの媒体、メリット、デメリット、費用相場、Web広告代理店を選ぶポイントについて初心者の方でも分かりやすく解説します。

...

今回は、Web広告の種類やおすすめの媒体、メリット、デメリット、費用相場、We...

2023.11.17

QuickStart広告とは?設定手順やメリット・デメリットを解説!

その他

QuickStart広告とは?設定手順やメリット・デメリットを解説!

QuickStart広告という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、どのようなものかご存じですか? ここでは、QuickStart広告の設定手順と合わせて、メリット・デメリット...

QuickStart広告という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、どのよう...

  • 初心者向け

2023.1.18

DSP広告は運用代行した方が良いのか?費用感やメリット・デメリット、代理店の選び方までを徹底解説!

その他

DSP広告は運用代行した方が良いのか?費用感やメリット・デメリット、代理店の選び方までを徹底解説!

DSP広告は、配信する広告の成果を効率化したい時に役立ちます。しかし、仕組みが複雑であったり、インハウスで運用するべきか代理店に依頼するべきかで悩んだり、導入にハードルを感じてい...

DSP広告は、配信する広告の成果を効率化したい時に役立ちます。しかし、仕組みが...

  • 代理店
  • 運用

2022.12.16

お役立ち資料はこちら