【最新版】Google広告・ターゲティング・広告表示オプションの種類や特徴をまるっと解説! - (株)GMSコンサルティング

【最新版】Google広告・ターゲティング・広告表示オプションの種類や特徴をまるっと解説!

2022.5.17

Google広告は、設定の際にキャンペーンやターゲティングの種類が多く、上手く設定できるのかと躊躇される方が多いでしょう。そこで、広告の施策を検討中の方に、キャンペーンやターゲティングの種類や特徴を解説します。さらに、広告表示オプションもご紹介するので、広告設定の全体像が把握できるでしょう。

 

 

目次

1.Google広告とは

 

Google広告とは、Googleが提供している広告出稿サービスです。出稿された広告は、Googleのサービスをはじめ、livedoor、gooなどの提携サイトや、Googleアドセンス*に登録しているサイトに表示されます。広告の種類が多く、広告主の目的に合わせて種類が選べるのが特徴です。種類によって、配信面やターゲティング方法は異なります。

 

*Googleアドセンス:Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス

 

 

2.Google広告の特徴

 

Google広告の特徴やメリットを3つご紹介します。

 

 

2-1 誰でもアカウントを作成できる

 

広告アカウントは、誰でも簡単に作成できます。ガイドに沿って設定するので、難しくありません。分からない場合は、公式サイトのお問い合わせフォームから相談できます。

 

アカウント作成は、こちらから作成できます。

Google広告

 

 

2-2 少額の予算から始められる

 

広告は、少額の予算から配信可能です。1日あたり100円から、以下のように予算を自由に決めて配信できます。配信したい曜日や時間を絞っての配信も可能です。予算が少なすぎる場合、配信が出ない可能性があるので、注意しましょう。

 

1か月の予算上限:日予算×30.4(1か月の平均日数)

 

 

2-3 配信ターゲットを自由に設定可能

 

Google広告は、地域、時間帯、性別、年齢層、デバイスなどの細かいセグメント設定が可能です。ターゲットを絞ることで、質の高いユーザーに配信でき、より高い成果が見込めます。

 

 

3.Google広告の種類

 

Google広告には、「キャンペーン」と呼ばれる広告を管理するための単位があります。各広告アカウントの中で、複数のキャンペーンの作成が可能です。商品やサービスのカテゴリごとの作成が一般的で、予算・言語・地域・広告の配信先ネットワークなどは、キャンペーンごとに設定します。こちらでは、Google広告の9つのキャンペーンを詳しくご紹介します。

 

 

3-1 検索キャンペーン

 

検索キャンペーンとは、検索連動型広告やリスティング広告とも呼ばれ、Googleが提供する検索エンジンの検索結果ページに、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を掲載する手法です。商品やサービスに合ったキーワードを設定して配信することで、見込みの高いターゲットにアピールできます。積極的に検索しているユーザーに対して広告を配信するので、他の広告と比べて質の高いユーザーにアプローチできます。

 

 

3-2 ディスプレイキャンペーン

 

ディスプレイキャンペーンとは、画像・テキスト・ロゴなどで構成される広告です。年齢、性別、興味・関心などに合わせて、Googleと提携しているWebサイト内の広告枠に表示されます。商品やサービスに興味・関心がありそうな人や、類似商品を検索している人など、潜在層にアピールできるのが特徴です。今後、商品を買ってくれそうな見込み客にアプローチできます。

 

 

3-3 動画キャンペーン

 

動画キャンペーンには、大きく分けて「YouTube内で配信される広告」、「モバイル専用の動画広告」の2種類あります。YouTube内で配信される広告の中にも、5秒でスキップできる広告や15秒間スキップできない広告、音声なしで再生が開始される広告など、さまざまな種類があるのが特徴です。どのキャンペーンに動画を出すかで、作成する動画は変わります。

 

例えば、モバイル専用の動画広告の場合は、ニュース記事の間やゲームのプレイ前など、ユーザーが画面に関心を向けているタイミングで広告が表示され、音声なしで自動再生されるのが特徴です。そのため、音声がなくても目を引く動画にしなければなりません。

 

 

3-4 ショッピングキャンペーン

 

ショッピングキャンペーンとは、Google Merchant Center*で指定した商品属性を基に、関連性の高い検索に対して表示される広告です。検索連動型広告よりも、上に表示される特徴があり、視認性が高いメリットがあります。

 

*Google Merchant Center:Googleショッピングタブを管理するもので、商品情報の登録、審査や管理、送料など、ECサイトの基本情報の登録、掲載結果の確認ができます。

 

 

3-5 ファインドキャンペーン

 

ファインドキャンペーンとは、YouTube、Discover*、Gmailなどに表示される広告です。過去に商品を購入した経験がある、YouTubeチャンネルを見たことがある、Webサイトを訪れたことがあるなど、広告主に関心の高いユーザーにアピールできます。広告文、画像、ロゴなどで構成され、設定された入札目標と予算に基づいて広告が配信される特徴があります。 

 

*Discover:GoogleアプリのDiscover、またはスマートフォンのブラウザーでおすすめの記事として表示されるページです。お気に入りのスポーツチームやニュースサイトなど、興味・関心のある対象の最新情報が、検索しなくても表示されます。

 

 

3-6 アプリキャンペーン

 

アプリキャンペーンは、自社アプリのインストールやエンゲージメント*を増やせる広告で、以下の掲載先に配信されます。Google Playの掲載情報から、広告が自動的に作成されるので、広告を作成する必要はありません。配信に必要な作業は、広告で使用する数行の広告文の作成、開始入札単価および予算指定、ターゲットとする言語と地域の設定だけです。手軽に配信を始めたい場合におすすめです。

 

アプリキャンペーンの掲載先

・Google検索

・Google Play

・YouTube

・Google検索のDiscover

・GoogleディスプレイネットワークなどのGoogle主要サービス

 

*エンゲージメント:広告主とユーザーの、親密さ・結びつき・絆・共感などを意味します。Google広告では、ユーザーが広告を操作するとカウントされる仕組みになっています。

 

 

3-7 ローカルキャンペーン

 

ローカルキャンペーンとは、場所や営業時間が表示される広告で、店舗への集客に役立つ広告です。掲載先は以下のとおりで、ユーザーは店舗を訪問する際に、知りたい情報が得られます。広告を出すには、Googleビジネスプロフィールアカウントとリンクする、またはアフィリエイトの住所を選択し、店舗情報を入力する2つのパターンがあります。

 

ローカルキャンペーンの掲載先

・Google検索

・Google Play

・YouTube

・Google検索のDiscover

・Googleディスプレイ ネットワークなどのGoogle主要サービス

 

 

3-8 スマートアシスタントキャンペーン

 

スマートアシスタントキャンペーンとは、初心者向けのキャンペーンです。ターゲット設定、入札、広告作成などを自動で最適化してくれます。広告を手軽に作成・配信ができる点が特徴です。広告は Google検索、Googleマップ、YouTube、Gmail、Googleパートナーウェブサイトなどで、自動的にユーザーへ表示されます。

 

 

3-9 ホテルキャンペーン

 

ホテルキャンペーンとは、Google検索、Googleマップ、Googleトラベルなど、宿泊施設に関する検索をした際に表示される広告です。利用には、Google広告アカウントとHotel Centerアカウント*の連携が必要です。

 

*Hotel Centerアカウント

自身のホテルに関する基本情報を登録・管理できるシステム

 

 

4.Google広告のターゲティングの種類

 

ターゲティングとは、商品やサービスの販売でターゲットを絞り込む戦略を指します。Google広告では、ユーザーや配信面を指定するターゲティングのほかに、曜日・時間帯や地域でもターゲティングが可能です。それぞれの特徴を解説します。

 

 

4-1 ユーザーを指定するターゲティング

 

ユーザーを指定するターゲティングは、「オーディエンスターゲティング」とも呼ばれ、以下の6種類あります。

 

 

4-1-1 ユーザー属性

 

ユーザー属性は、地域、年齢、性別、端末の種類の情報に基づき、広告を表示します。ユーザー属性を設定すると、商品のターゲットとなるユーザーに、広告を配信できます。

 

    

4-1-2 アフィニティカテゴリ

 

アフィニティカテゴリは、ライフスタイル・趣味・習慣のカテゴリに該当するユーザーに広告を表示します。オーディエンス選択画面では、「ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティ)」と表示されており、2021年10月現在で、利用できるアフィニティカテゴリは以下のとおりです。下記のカテゴリから、さらに細かく分類されたカテゴリを選択できます。例えば、スポーツやフィットネスのカテゴリであれば、「スポーツファン」「健康、フィットネスマニア」などのカテゴリが選択可能です。

 

・スポーツ、フィットネス ・乗り、交通機関

・テクノロジー ・家庭、園芸

・ニュース、政治 ・旅行

・フード、ダイニング ・美容、健康

・メディア、エンターテイメント ・買い好き

・ライフスタイル、趣味 ・銀行、金融

 

         

4-1-3 購買意向の強いセグメント

 

購買意向の強いセグメントは、類似商品を調べているユーザーや、購入を前向きに検討しているユーザーに広告を表示します。オーディエンス選択画面では、「ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画(購買意向強)」と表示されます。現在利用できるカテゴリは以下のとおりです。

 

・アパレル、アクセサリ ・家庭、園芸

・アート、工芸用品 ・家電

・イベントのチケット ・就業状況

・ギフト、行事 ・幼児、子供向け製品

・コンピュータ、周辺機器 ・教育

・スポーツ、フィットネス ・旅行

・ソフトウェア ・楽器、音楽の関連用品

・デートサービス ・美容、パーソナルケア

・ビジネス サービス ・自動車、乗り

・ビジネス、産業向けの関連商品 ・通信

・メディア、エンターテイメント ・金融サービス

・不動産 ・食べ

・季節的な買い

 

 

4-1-4 カスタムオーディエンス

 

カスタムオーディエンスは、興味・関心・購入意向を持つユーザーや、Google検索を行ったユーザーに、キーワード・WebサイトのURL・アプリを指定して広告を表示します。自社商品だけではなく、似た商品の名前を入力する使い方もできます。

 

 

4-1-5 リマーケティング

 

リマーケティングは、自社のWebサイトやアプリにアクセスした経験があるユーザーに広告を表示します。使用する際は、Webサイトやアプリにタグを設置し、リマーケティングリストを作成する作業が必要です。

 

 

4-1-6 類似ユーザー

 

類似ユーザーは、リマーケティングリストのユーザーに類似した人に広告を表示します。「過去に自社の商品を購入した人」の類似ユーザーに配信すれば、購買意欲や興味関心の高いユーザーにアプローチできるメリットがあります。

 

 

4-2 配信面を指定するターゲティング

 

配信面を指定するターゲティングは、「コンテンツターゲティング」とも呼ばれ、次の3種類あります。

 

 

4-2-1 トピック

 

トピックターゲティングは、特定のトピックに関するページに広告を配信できます。トピックは、Google広告側が、テキスト・言語・リンク構造・ペ

ージ構造などを基にWebコンテンツを分析し、主なテーマに分類して割り当てています。用意されているトピックは以下のとおりです。ここからさらに細分化されたカテゴリを選択できます。

 

・アート、エンターテインメント ・人々、社会

・インターネット、通信 ・仕事、教育

・オンライン コミュニティ ・住居、庭

・ゲーム ・健康

・コンピュータ、電化製品 ・旅行、交通

・ショッピング ・書籍、文学

・スポーツ ・法律、行政

・ニュース ・科学

・ビジネス、産業 ・美容、フィットネス

・フード、ドリンク ・自転車

・ペット、動 ・資料

・不動産 ・趣味、レジャー

・世界の国々 ・金融

 

 

4-2-2 プレースメント

 

プレースメントは、Google広告に登録されたWebサイトを指定できます。ユーザーが指定したWebサイトを訪れると、広告が配信される仕組みです。複数の広告主が同じWebサイトを指定していた場合は、Webサイトと関連性の高い広告がGoogleによって判断され、表示されます。

 

 

4-2-3 コンテンツキーワード

 

コンテンツキーワードは、特定のキーワードを指定できます。指定したキーワードに関連するコンテンツを閲覧しているユーザーに、広告が配信される仕組みです。例えば、野球用のユニフォームを販売する広告の場合、「野球」「ベースボール」「硬式野球」「軟式野球」などのキーワードを指定します。その他にも、取り扱っているブランド名や有名選手の名前を指定すると効果的です。

 

 

4-3 その他ターゲティング

 

ユーザーや配信面を指定するターゲティングに当てはまらない、その他のターゲティングを解説します。

 

 

4-3-1 曜日・時間帯

 

広告を配信する曜日や時間帯を設定可能です。時間は15分刻みで設定できます。

 

 

4-3-2 地域

 

広告を配信する地域を、市町村単位で設定可能です。実店舗があるビジネスや、地域限定セールなどの広告を配信する場合に向いています。ただし、一部選択できない市町村もあるので、注意が必要です。特定の地点から半径〇Kmなどの範囲指定もできます。

 

 

4-3-3 デバイス

 

広告配信するデバイスを、絞ることも可能です。もしくは、全てのデバイスに配信しつつ、モバイルユーザーに、より多く配信する設定もできます。選択できるデバイスは以下のとおりです。

・パソコン

・モバイル

・タブレット

・テレビ画面(スマートテレビ・ゲーム機・Chromecast などの接続型デバイス)

 

ディスプレイキャンペーン、モバイル専用キャンペーンの場合は、以下の要素もターゲティング可能です。

・オペレーティングシステム(iOS・Android など)

・デバイスのモデル(iPhone12 など)

・携帯通信会社

・Wi-Fi

 

 

5.Google広告で設定できる広告表示オプション

 

Google広告では、必須ではありませんが、広告見出しや説明文と共に表示され、商材やサービスの情報を表示できる「広告表示オプション」を設定できます。こちらでは、11種類の広告表示オプションを解説します。

 

 

5-1 サイトリンク表示オプション

 

サイトリンク表示オプションとは、検索広告で、広告表示しているサイトリンクとは別のサイトリンクを、広告文の下に表示できる機能です。期間限定の特典情報を表示したり、広告文に入らない情報を表示できます。

 

 

5-2 コールアウト表示オプション

 

コールアウト表示オプションとは、広告文の下に商品やサービスの特徴など、テキストで情報を追加表示できる機能です。広告枠の大きさが拡大するので、クリック率向上も狙えます。

 

 

5-3 構造化スニペット表示オプション

 

構造化スニペット表示オプションとは、テキスト広告の下に、キーワードタグのような文言が追加できる機能です。見え方がコールアウト表示オプションと似ていますが、あらかじめGoogle広告で用意された「13種類のヘッダー」の中から、サービスに近いものを選択する点が大きな違いです。

 

 

5-4 価格表示オプション

 

価格表示オプションとは、広告の下に料金を表示させる機能です。最大で8個のオプションを、販売ページのリンク付きで表示できます。デスクトップの場合はカード形式で横並びに、モバイルの場合はカルーセル形式で表示され、画面占有率や視認性が高くなるので、クリック率向上も期待できます。

 

 

5-5 住所表示オプション

 

住所表示オプションとは、会社や店舗の住所、電話番号、地図などを追加表示できる機能です。検索連動型広告、ディスプレイ広告のテキスト広告であればどちらにも掲載でき、以下の情報を設定できます。利用するには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。

 

・店舗までの距離とその市区町村(モバイル)

・店舗の住所(パソコン)

・クリック可能な「電話」ボタン

・店舗の営業時間や電話番号、写真、ルートなどの情報がまとめられた詳細ページへのリンク

 

 

5-6 電話番号表示オプション

 

電話番号表示オプションは、モバイル端末で広告が表示された場合に、タップできる電話番号を広告に表示できる機能です。ユーザーは電話番号をタップするだけで、直接電話をかけられます。ユーザーの利便性を高めることで、エンゲージメントの向上が期待できる機能です。

 

 

5-7 画像表示オプション

 

画像表示オプションは、広告全体やテキスト文の横に、任意の画像を表示できる機能です。テキストだけでは伝えられない内容を視覚的に伝えられるだけではなく、画像で広告にインパクトを与えられます。

 

 

5-8 販売者評価広告表示オプション

 

販売者評価広告表示オプションとは、購入者の評価やレビューを表示できる機能です。購入を検討しているユーザーにとって、優れた評価は大きな判断材料です。広告主にとっては、自社を賞賛するレビューを表示させることで、クリック率やエンゲージメントの向上が期待できるメリットがあります。

 

 

5-9 リードフォーム表示オプション

 

リードフォーム表示オプションとは、広告の下にお問い合わせや資料請求ができる、「簡易フォームへのリンク」を設置できる機能です。サイトに遷移せずに、直接フォーム送信を促せます。ユーザーがGoogleアカウントでログインしている場合は、ユーザー情報が自動で入力されるので、入力の手間が省けます。ユーザーの利便性が向上するので、コンバージョン数アップも期待できるでしょう。

 

 

5-10 アフィリエイト住所表示オプション

 

アフィリエイト住所表示オプションとは、複数店舗を展開して商品を販売している企業が、ユーザーに自社商品を販売している最寄りの店舗を知らせ

る機能です。モバイルの場合は、住所だけでなく、店舗までのルートも表示可能です。住所表示オプションとは異なり、Googleマイビジネスに登録がなくても利用できます。

 

 

5-11 アプリリンク表示オプション

 

アプリリンク表示オプションとは、検索広告で表示されるリンクとは別に、アプリをダウンロードするページリンクを表示できる機能です。アプリページは、AppStore、Google Playのどちらにも対応しています。ユーザーの端末に応じてリンクが設定されるので、広告主は工数を掛けずに利用できるメリットがあります。

 

 

6.まとめ

 

Google広告を始めたいと考えていても、キャンペーンやターゲティングの種類が多くて難しそうと感じる方は多いでしょう。今回はキャンペーンやターゲティングの種類を解説したので、設定がしやすくなるでしょう。広告表示オプションもご紹介したので、ぜひ自社に合ったオプションを設定してください。

 

この記事のURLをコピーする

リスティング広告