【GDN】カスタムアフィニティカテゴリとは?その特徴、活用方法を解説! - (株)GMSコンサルティング
【GDN】カスタムアフィニティカテゴリとは?その特徴、活用方法を解説!

【GDN】カスタムアフィニティカテゴリとは?その特徴、活用方法を解説!

2023.9.14

今回はGoogle広告のカスタム アフィニティ カテゴリの特徴、活用方法を分かりやすく解説します

カスタムアフィニティカテゴリとは?

 

 

GDN内で、特定のターゲットオーディエンスにアプローチするための様々な方法が提供されており、その中でも「カスタムアフィニティカテゴリ」は重要な概念です。

これから、カスタムアフィニティカテゴリの特徴と、効果的な活用方法について詳しく解説します。

 

 

アフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリは、特定的な興味や関心を持つユーザーグループを定義するための効果グループです。

こちらは、広告キャンペーンのターゲティングに関して、より精緻なアプローチを可能にするために利用されます。

「スポーツファン」や「旅行好き」といった一般的なアフィニティカテゴリの他にも、特定の趣味やライフスタイル、好みに沿って尊重されたカテゴリも存在します。

アフィニティカテゴリは、ユーザーのオンライン行動やウェブサイトの訪問履歴、検索キーワードなどを分析し、共通の関心を持つユーザーグループを特定が可能です。

これにより、広告主は特定の商品やサービスを、関心を持つユーザーに効果的にアピールができます。

アフィニティカテゴリは、広告主にとっての顧客をより深く考察し、構想する手段となります。

その結果、広告のクリック率やコンバージョン率の向上が期待でき、効果的な広告キャンペーンの実施が可能です。

アフィニティカテゴリの活用によって、広告主はより正しいターゲット層に対して、魅力的な広告メッセージを届けられるでしょう。

 

 

カスタムアフィニティカテゴリ

カスタムアフィニティカテゴリは、広告主が独自のアフィニティカテゴリを作成ができます。

通常のアフィニティカテゴリではカバーできない、特定のニッチなユーザーセグメントへのアプローチにおいて大いに役立つでしょう。

この機能により、広告主はユーザーの興味や関心をより詳細に洗練されたレベルで理解し、的確なターゲティングを行えます。

カスタムアフィニティカテゴリは、一般的なアフィニティカテゴリではカバーしきれない具体的な興味を持つユーザーセグメントをターゲットにする際に重要です。

例えば、「アウトドアでの星空観察が趣味のユーザー」や「特定のエコツアーグループへの参加経験のあるユーザー」などが該当します。

カスタムアフィニティカテゴリによって、広告主は自身のビジネスや商品に関連する特定のキーワードや興味に基づいてカスタムアフィニティカテゴリを構築し、グループに対して広告を配信ができます。

カスタムアフィニティカテゴリの利点は、広告主が自社の戦略に合わせて特定のユーザーセグメントに対して最適な広告を届けられる点です。

特に競合が激しい市場や特定のニッチな市場で、より効果的なターゲティングを実現するための一つの手段として重要な存在となります。

カスタムアフィニティカテゴリは広告主に広大なターゲット層だけでなく、特定の詳細な興味を持つユーザーに対しても、効果的な広告キャンペーンを展開するチャンスを提供しているのです。

この機能の適切な利用によって、広告主はよりターゲット層に合わせたメッセージを届け、成功を収められます。

 

 

カスタムアフィニティを設定するメリット

カスタムアフィニティを利用すると、広告キャンペーンの成果を向上させるための数々の利点があります。

これにより、広告主はより的確なターゲティングを実現し、効果的な広告展開を行えます。

最初に挙げられる大きな利点は、緻密なターゲティングの実現です。

カスタムアフィニティを設定すると、広告主は特定のユーザーセグメントを詳細に定義できます。

こうすると、ユーザーの興味や関心、行動パターンに合致する広告を表示でき、ユーザーの興味を引き込みやすくなります。

その結果、広告のクリック率やコンバージョン率の向上が期待されるのです。

 さらに、カスタムアフィニティの利点の一つとして、競合他社との差別化が挙げられます。

一般的なアフィニティカテゴリだけでは網羅しきれない、ニッチな市場や特定のユーザーセグメントに焦点を絞ると、他社との差別化を実現が可能です。

特に競争が激しい市場では、ターゲット層に合わせた広告メッセージを提供すると、ブランドの知名度を高め、競争力を強化できます。

また、特定のニーズに対応する広告キャンペーンを展開する際にも、カスタムアフィニティは有効です。

広告主は自社の商品やサービスに関連するキーワードや興味に基づいてカテゴリをカスタマイズし、特定のユーザーグループに対してピンポイントなメッセージを伝えられます。

これにより、ユーザーのニーズに合致するカスタマイズされた広告を提供し、成果を最大化できます。

カスタムアフィニティの利点は、精緻なターゲティング、競合他社との差別化、特定のニーズへの対応といった側面です。

これにより、広告主は効果的な広告キャンペーンを展開し、ターゲット層に適切なメッセージを届けられます。

 

 

カスタムアフィニティとカスタムインテントの違い

「カスタムアフィニティ」と「カスタムインテント」は、見た目には似ているように思えるかもしれません。

しかし、それぞれ異なる概念であり、広告キャンペーンにおいて異なる側面をターゲティングするために利用されます。

 「カスタムアフィニティ」は、ユーザーの興味や関心に基づいてターゲティングを行う手法です。

これは、特定のユーザーグループを広告のターゲットとする際に活用されるときが多いです。

広告主は、ユーザーのオンライン行動やウェブサイトの訪問履歴、検索履歴などから共通の興味関心を持つユーザーをグループ化し、広告を表示しています。

これには、「スポーツファン」や「旅行好き」といった一般的なアフィニティカテゴリが該当します。

一方、「カスタムインテント」はユーザーの意図や行動に基づいてターゲティングを行う手法です。

ユーザーが特定の検索キーワードやフレーズを使用したり、特定のウェブページを訪問したりする際に、そのユーザーの関心や意図を理解し、それに適した広告を表示します。

広告主は、ユーザーが何を求めているかという意図に焦点を当て、関連性の高い広告を提供します。

たとえば、「格安国際旅行」というキーワードを検索したユーザーに対して、旅行関連の広告を表示するのがその例です。

このように、「カスタムアフィニティ」はユーザーの興味や関心に基づいて広範なユーザーグループに対してターゲティングする手法です。

一方「カスタムインテント」はユーザーの具体的な意図や行動に基づいて、より具体的なターゲティングを行う手法です。

両者を組み合わせて活用すると、広告主は広告キャンペーンの効果を最大限に引き出せます。

設定できるアフィニティカテゴリの一覧

広告主は、カスタムアフィニティカテゴリを通じて自社の事業や商品に関心を持つユーザーグループを詳細に定義できます。

これにより、ターゲット層に適した広告を効果的に展開が可能です。

一般的なアフィニティカテゴリの例を挙げると以下になります。

 

  • アウトドア愛好家
  • 健康とフィットネスに興味を持つユーザー
  • 旅行と冒険が好きなユーザー
  • ペットオーナー
  • ファッションと美容に興味を持つユーザー
  • テクノロジーとガジェットに興味を持つユーザー

 

これらは一例であり、広告主は自社の特徴やターゲットに応じて、さらに細かくカスタマイズが可能です。

カスタムアフィニティカテゴリは、関連性の高い広告を提供するための重要なツールであり、広告キャンペーンの成功に大いに貢献します。

 

 

カスタムアフィニティカテゴリ

 

 

カスタムアフィニティカテゴリは、ジャンル全般に関心を示すユーザーをターゲティングするため、設定方法や注意点を把握して対応する必要があります。

そのため、これから設定方法やどのようなことに注意して設定したほうがいいのかをご紹介します。

 

 

カスタムアフィニティの設定方法

  1. ログインして広告プラットフォームにアクセス

広告主はまず、自社の広告アカウントにログインし、広告プラットフォームにアクセスしてください。

  1. キャンペーン設定またはターゲティング設定に移動

広告プラットフォーム内で、対象となる広告キャンペーンを設定するために、キャンペーン設定セクションまたはターゲティング設定セクションに移動します。

  1. カスタムアフィニティカテゴリを作成するオプションを選択

ターゲティング設定内で、カスタムアフィニティカテゴリを新たに作成するためのオプションを選択してください。

これにより、新しいカスタムアフィニティカテゴリを設定する画面が表示されます。

  1. カスタムアフィニティカテゴリの名前を入力し、関連するキーワードや興味を追加

新しいカスタムアフィニティカテゴリの設定画面で、そのカテゴリに対する名前を入力します。

その後、広告主がターゲットしたいキーワードや関心に関連する情報を追加します。

これにより、広告プラットフォームは関連性の高いユーザーグループを特定してターゲティングが可能です。

  1. グループを作成してカテゴリをカスタマイズし、保存

必要に応じて、さらに詳細な設定を行うためにグループを作成し、カスタムアフィニティカテゴリをカスタマイズできます。

ここでは、特定のキーワードの追加や除外、関連性の調整などを行い、カテゴリをより精緻に設定が可能です。

設定が完了したら、変更を保存して反映させます。

カスタムアフィニティカテゴリの設定は、広告主が自社のビジネスやターゲットユーザーに適した設定を行い、的確な広告ターゲティングを実現する重要なステップです。

これにより、関連性の高い広告が表示されるため、広告キャンペーンの成果を最大化が可能となります。

 

 

設定する際の注意点

カスタムアフィニティカテゴリを設定する際に注意すべき点があります。

まず、関連する具体的なキーワードやフレーズを適切に追加するのが重要です。

これにより、広告が関心を持つユーザーに適切に表示され、広告のクリック率やコンバージョン率の向上が期待されます。

一方で、過度に詳細なキーワードの追加はターゲット層を狭めすぎる可能性があるため、バランスを保ちつつ広告のリーチ範囲を広げるのが大事です。

また、競合他社のサイトURLやサービス名をカスタムアフィニティカテゴリに追加すると、自社の差別化を図れます。

これにより、自社の独自性や特徴を強調し、ユーザーに訴求できます。

さらに、カスタムアフィニティカテゴリだけでなく、他のターゲティング方法と組み合わせるのも効果的です。

たとえば、デモグラフィック情報や地理的なターゲティングを組み合わせると、さらにターゲットを絞り込んだ広告を提供できます。

このように、カスタムアフィニティカテゴリの設定は慎重な検討と戦略が必要です。

適切なキーワードの選定やバランスの取り方、競合情報の活用、複数のターゲティング手法の組み合わせなどを考慮すると、効果的な広告ターゲティングが可能になります。

 

 

【カスタムアフィニティカテゴリ】アフィニティカテゴリで効果的な成果を出すためのポイント

 

 

カスタムアフィニティカテゴリを最大限に活用し、効果的な広告成果を実現するためには正しい設定方法や目的の設定が欠かせません。

主にキーワードの設定や自社商品の競合となるサイト、複数のターゲティングとの組み合わせが挙げられるのでご紹介します。

 

 

10~15個のキーワードを設定

カスタムアフィニティカテゴリを最大限に活用するためには、関連性の高いキーワードやフレーズを10〜15個設定するのが重要です。

これによって、幅広いユーザーに広告を届けつつ、特定の関心を持つユーザー層を的確にターゲティングできます。

適切なキーワードの選定は、広告の関連性と効果を向上させる鍵です。

たとえば、アウトドア愛好家向けの広告なら「キャンプ」「登山」「アウトドアギア」などのキーワードを選ぶのが考えられます。

自社商品の競合となるサイトURLやサービス名をカスタムアフィニティカテゴリに組み込むと、競合との差別化を図れます。

これによって、競合他社のユーザーを取り込むだけでなく、自社の独自の価値をアピールするチャンスを得られるのです。

たとえば、自社のスポーツドリンクを販売している場合、競合他社のドリンク名をキーワードとして追加すると、自社の優れた特徴や効果を強調する広告を配信したりです。

 

 

自社商品の競合となるサイトURLやサービス名を設定

自社の競合他社のサイトURLやサービス名をカスタムアフィニティカテゴリに組み込むと、競合に対しての差別化を図れます。

これによって、競合他社のユーザーを取り込むだけでなく、自社の独自の価値をアピールするチャンスを得られます。

競合との比較において自社の優位性を示す広告展開が可能です。

 

 

複数のターゲティングと組み合わせる

カスタムアフィニティカテゴリの活用において、広告キャンペーンの効果を最大化するためには、複数のターゲティング手法を組み合わせるのが重要です。

これにより、より精緻なターゲット層を定義し、広告の的確な配信を実現できます。

まず、キーワードターゲティングを考えます。

カスタムアフィニティカテゴリに特定のキーワードを組み込むと、ユーザーが具体的に検索する内容に基づいて広告を表示が可能です。

たとえば、アフィニティカテゴリが「アウトドア ファン」の場合でも、「グランピング」や「キャンプ用品」などのキーワードを追加すると、グランピング愛好家にも的確にリーチできます。

デモグラフィックターゲティングも、有効な手法です。

ターゲットとするユーザーの性別、年齢、地域などのデモグラフィック情報に基づいて広告を配信すると、特定の層に訴求できます。

これらの異なるターゲティング方法を組み合わせると、広告のリーチがさらに向上します。

アフィニティカテゴリとキーワードターゲティングを融合させれば、具体的な興味や関心に基づいたターゲットを精緻に設定が可能です。

さらに、デモグラフィックターゲティングを加えれば、ターゲットユーザーの特徴にも合わせた広告が可能です。

広告キャンペーンの成功には、柔軟なターゲティング戦略が不可欠となります。

複数のターゲティング手法を組み合わせて利用し、ユーザーに最適なメッセージを届けると、広告の効果を最大限に引き出せます。

 

 

まとめ

 

 

カスタムアフィニティカテゴリは、広告主にとって不可欠な道具です。

適切な設定により、ターゲット層にあわせた広告キャンペーンを展開できます。

キーワード選定や競合他社の設定、他のターゲティング手法との組み合わせなど、さまざまな要素を考慮して、ユーザーに最適なメッセージを伝えるのが成功の鍵です。

また自社価値を強調し、ターゲットユーザーに特化した広告展開が可能となります。

カスタムアフィニティカテゴリは、広告キャンペーンの成功に向けた有力なツールであり、熟考と計画を持って積極的に活用しましょう。

【GDN】カスタムアフィニティカテゴリとは?その特徴、活用方法を解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

【初心者向け】リスティング広告の種類とは?媒体やフォーマットの種類、Web媒体の選び方まで徹底解説!

Google

【初心者向け】リスティング広告の種類とは?媒体やフォーマットの種類、Web媒体の選び方まで徹底解説!

Web広告にはさまざまな種類がありますが、今回は、Web広告のひとつである「リスティング広告」の内容や種類を詳しく解説します。Web広告初心者の方でも分かりやすいように、リス...

Web広告にはさまざまな種類がありますが、今回は、Web広告のひとつである...

  • 初心者向け

2022.6.17

【0から学べる】リスティング広告の運用ノウハウを紹介!具体的な施策や外注のメリット・デメリットを解説

Google

【0から学べる】リスティング広告の運用ノウハウを紹介!具体的な施策や外注のメリット・デメリットを解説

検索するときに使用するGoogleやYahoo!等に出稿されるリスティング広告は、手軽に出稿でき、 検索されているニーズに合わせて出稿できるため成果を出しやすい広告といわれていま...

検索するときに使用するGoogleやYahoo!等に出稿されるリスティング広告...

2022.10.20

Googleファインド広告とは?配信面や注意点まで徹底解説!

Google

Googleファインド広告とは?配信面や注意点まで徹底解説!

Googleファインド広告という言葉を聞いたことがあるでしょうか?Web上でのユーザーの行動の多様化や、Cookie規制が強化された影響で、Googleファインド広告に対する注目...

Googleファインド広告という言葉を聞いたことがあるでしょうか?Web上での...

2022.4.19

レスポンシブ検索広告とは?入稿方法や成果を出すポイントを解説!

Google

レスポンシブ検索広告とは?入稿方法や成果を出すポイントを解説!

マーケティング担当者であれば、レスポンシブ検索広告(Responsive Search Ads)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。Googleの検索広告では、レスポンシ...

マーケティング担当者であれば、レスポンシブ検索広告(Responsive Se...

2022.4.6

リスティング広告の費用の決め方がまるわかり!費用対効果を高める方法や広告代理店の手数料まで徹底解説

Google

リスティング広告の費用の決め方がまるわかり!費用対効果を高める方法や広告代理店の手数料まで徹底解説

インターネットを利用していると、必ず目にすると言っても過言ではないWeb広告。中でも、検索時に見ることになる広告をリスティング広告と言います。リスティング広告は現代の情報社会にお...

インターネットを利用していると、必ず目にすると言っても過言ではないWeb広告。...

2022.10.25

お役立ち資料はこちら