YouTube アウトストリーム広告とは?種類や特徴、インストリーム広告の違い、活用するメリットまで徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
YouTube アウトストリーム広告とは?種類や特徴、インストリーム広告の違い、活用するメリットまで徹底解説!

YouTube アウトストリーム広告とは?種類や特徴、インストリーム広告の違い、活用するメリットまで徹底解説!

2024.5.9

今回はYouTubeアウトストリーム広告の配信を検討されている方に向けて、アウトストリーム広告の特徴やインストリーム広告との違い、活用するメリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

目次

アウトストリーム広告とは?

 

 

画像引用 Google広告ヘルプ「動画広告フォーマットの概要

 

 

アウトストリーム広告の「アウト」は「外」を意味し、動画の「外」で配信されている広告のことをいいます。例えばYouTube を例にあげると、YouTube などの動画の中ではなく、外側で配信されている動画広告のことです。

具体的には、Webサイトやアプリ、SNSなどの広告枠を利用して配信されるモバイル専用の動画広告を指します。

 

 

YouTube アウトストリーム広告とインストリーム広告の違い

画像引用 Google広告ヘルプ「動画広告フォーマットの概要

 

 

アウトストリーム広告とインストリーム広告の大きな違いは配信場です。

アウトストリーム広告は動画の「外」で表示される動画広告に対して、インストリーム広告は動画の「中」で配信される広告です。YouTube の場合、インストリーム広告は動画の再生前後または、動画の途中で広告が展開されます。一方で、アウトストリーム広告は再生動画の外側にある広告枠に表示されます。

 

 

アウトストリーム広告の種類

 

 

 

画像引用 Google広告ヘルプ「動画広告フォーマットの概要

 

 

アウトストリーム広告には以下の3つの種類があります。ここでは、それぞれの広告の特徴をご説明していきます。

 

 

  • インリード広告
  • インバナー広告
  • インタースティシャル広告

 

 

インリード広告

 

WebサイトやSNSなどのコンテンツとコンテンツの間に挿入されている動画広告で、ページをスクロールした際に広告が表示されると自動再生されます。ニュース記事などの間に自然に差し込まれているので、ユーザーの目に留まりやすいのが特徴的です。また、表示されたと同時に再生させるので、コンテンツの冒頭からユーザーにアピールすることができます。インリード広告は、掲載面上のコンテンツと同じサイズで表示されるので、広告の占有

面積が広く、視認率やインタラクション率が高い点も魅力の一つです。

 

 

インバナー広告

 

Webサイトなどの広告枠に配信されるバナー形式の動画広告のことをいいます。代表的な例としてYahoo!のトップ画面などで見られる動画形式のバナー広告があげられます。ユーザーがサイトに訪れた瞬間に、広告が自動生成されます。基本音声は流れず、ユーザーが広告をクリックすると流れます。動画で広告配信することで、静止画やテキストで伝えるよりも多くの情報量をユーザーにアピールでききるので訴求力が高くなります。

 

 

インタースティシャル広告

 

Webサイトのページを移動するタイミングや、アプリの起動などのタイミングで表示される動画広告のことです。インタースティシャル広告は、メインコンテンツの画面全体に表示されたり、ポップアップとして表示されます。インリード広告やインバナー広告よりも広告の占有面積が広いので、ユーザーに見てもらえる確率が非常に高くなります。適切なタイミングや掲載場所に設置することで、ユーザーに閲覧してもらう機会が増え、CV率(コンバージョン率)も期待できます。

 

 

アウトストリーム広告のメリット

 

 

 

 

アウトストリーム広告には、以下のメリットがあります。うまく活用すれば、自社の商品・サービスの認知度を高めることができます。

 

ここでは、アウトストリーム広告のメリットについて詳しくご紹介します。

 

 

  • 幅広い層のユーザーに宣伝できる
  • 動画広告を低コストで運用できる
  • ユーザーにストレスを与えずに広告配信できる

 

 

幅広い層のユーザーに宣伝できる

 

アウトストリーム広告は多くのターゲットに動画を配信できます。インストリーム広告は動画の中にしか配信されませんが、アウトストリーム広告は動画サイト以外のWebサイトやアプリに広告配信が可能です。よって、普段YouTube などの動画サイトを見ないユーザーにも幅広く広告を拡散・訴求ができます。

 

 

低コストで広告配信できる

 

アウトストリーム広告は「視認範囲のインプレション課金(vCPM)」という特殊な方式が採用されており、広告面積が50%以上が2秒以上1000回表示された場合のみに広告費用が発生します。視認可能なインプレッションに限り料金が発生するので、ユーザーが動画再生されてから直ぐに画面を変えたり閉じたりした場合は、課金されないため無駄な費用をかけずに広告を配信できます。

 

 

ユーザーにストレスを与えずに広告配信できる

 

インストリーム広告の場合、動画コンテンツの中に広告動画が自動再生されるので、スキップ可能な広告でも最低5秒は広告を見なければなりません。早く目的の動画を見たいユーザーにとっては、広告を見ることにうんざりすることもあるでしょう。

しかし、アウトストリーム広告は動画コンテンツの外などに挿入されているので、ユーザーの動画視聴を妨げずに広告配信可能です。また、動画は消音状態で自動再生されるので、ユーザーが広告をクリックしない限り音声が流れることもありません。ユーザーの動画視聴を邪魔しないで広告を宣伝できるので、ストレスを感じにくいでしょう。

 

 

アウトストリーム広告はこんな人におすすめ!

 

 



アウトストリーム広告は、以下の方におすすめです。



  • youtube以外にも広告を配信したい人
  • 認知獲得におすすめ
  • 低コストでyoutube広告を試したい



youtube以外にも広告を配信したい人

 

アウトストリーム広告は、Webサイトやアプリの広告枠・SNSなどを利用して宣伝できるので、YouTubeなどの動画の中だけでなく、さまざまな場所で配信可能です。例えば、YouTube動画広告は、YouTubeを視聴しているユーザーにしか見てもらうことができません。しかし、アウトストリーム広告を活用することで、YouTubeなどの動画の中以外にも幅広いメディアに広告配信して集客をすることができます。

 

 

認知獲得におすすめ

 

アウトストリーム広告は、認知度の向上やブランディングなど、より多くのリーチを獲得したい方におススメです。広告の配信場所を選ばないので、ユーザーにとって魅力的な内容のクリエイティブを作成すれば、SNSなどによる拡散効果も期待できます。

 

 

低コストでyoutube広告を試したい

 

アウトストリーム広告は、視認範囲のインプレッション単価(vCPM)なので、動画が2秒以上再生されなければ料金は発生しません。ユーザーが動画再生されてすぐに画面を変えたり、閉じたりした場合は、料金が発生しにくいので、無駄な費用をかけずに広告運用することができます。

 

 

アウトストリーム広告のデメリット

 

 

 

 

認知されない場合がある

 

アウトストリーム広告のデメリットの一つは認知されにくいことです。動画コンテンツの外枠に当たりまえのように広告が掲載されている場合、興味関心がなければユーザーにほとんど認識してもらえることはありません。Webサイトやアプリにアウトストリーム広告を掲載しても、ユーザーの興味のない内容であったり、動画コンテンツの内容と関連性が全くないものでは、興味を引くことは難しいでしょう。

興味がなくても思わず見てしまうような動画を作成することが大切です。

 

 

クリックやCV獲得につながりにくい

 

アウトストリーム広告はCV(コンバージョン)を直接獲得するのが難しいです。ユーザーがWebサイトやアプリのページを開くだけで自動再生されるというメリットはありますが、動画の内容に興味関心がなければ、広告を見てもクリックやCVなどのアクションには至らない可能性が高いというデメリットがあります。動画広告を見てもらったうえで、さらにアクションしてもらえるように広告内容にも工夫が必要になってきます。ユーザーのキーワード検索や閲覧サイトに合わせた分析をおこない、配信するターゲットを絞り込むなどの対策を取りましょう。

アウトストリーム広告は、インストリーム広告のように興味を持って動画を見ているユーザーだけではなく、TVコマーシャルのような感覚でさまざまな人に向けて配信されています。全く興味もなく、印象もないユーザーもいるので、広告の成果がどのくらい出ているのか把握しにくい傾向にあります。広告を最後まで視聴したうえで、クリックし、売り上げなどの成果につながる確率は低いということを念頭に置いておきましょう。

 

 

デフォルトで音声がミュート状態になっている

 

アウトストリーム広告は、ユーザーが動画をタップしない限り音声がミュート状態で流れます。ユーザーが自らミュートを解除しない限り音声が流れないため、音声を聞かなくても内容が伝わるように字幕を付けたり、ユーザーが興味を持つような動画を作る必要があります。ミュート対策を必ずおこなうことをおすすめします。

 

 

アウトストリーム広告の費用・課金方式

 

 

 

ここでは、アウトストリーム広告にかかる費用、課金形態についてご紹介します。

 

 

アウトストリーム広告の課金形態

 

アウトストリーム広告では、一般的なCPMと異なり、「視認範囲のインプレッション課金(vCPM)」が採用されております。

 

広告表示面積の50%が2秒以上再生された場合のみ表示1カウントとされ、1000回表示されるごとに課金されます。広告費用の目安が、1000回表示あたり10〜500円ほどです。

 

例えば、下記のように上の広告の場合、広告面積が50%を超えなおかつ動画が2秒以上再生された場合は料金が発生します。

 

しかし、下の広告のように広告面積が50%以下の場合は、料金が発生しません。動画再生が2秒以上視聴された場合のみ料金が発生するので動画のリーチ数をリーズナブルに配信することができます。

 

アウトストリーム広告とインストリーム広告との費用差は?

 

インストリーム広告には、再生から5秒経過するとスキップ可能なスキッパブル広告とスキップできないノンスキッパブル広告の2種類があります。

 

 

スキップ可能なインストリーム広告

 

アウトストリーム広告と異なりCPCV課金制(完全視聴課金)が採用されており、ユーザーが動画を最後まで視聴、もしくは30秒以上視聴した場合に料金が発生します。また、30秒以内にユーザーが動画広告をクリックした場合でも料金が発生します。ユーザーが途中で動画をスキップしたり、30秒再生される前に離脱した場合は課金されることはありません。スキップ可能なスキッパブル広告の最低入札単価は2〜25円ほどです。

 

 

スキップ不可なインストリーム広告

 

スキップ不可なインストリーム広告は、30秒以下の動画で、ユーザーは途中で動画広告をスキップすることができません。料金形態はCPM課金式で、動画広告が1000回視聴されるごとに料金が発生し、相場費用は400円〜500円くらいです。

 

 

バンパー広告

 

バンパー広告は、再生時間が6秒以内と短い動画広告です。動画の再生前後や動画コンテンツと同じ場所に表示され、ユーザーは途中でスキップすることができません。料金形態はCPM課金形式で、動画が1000回視聴されるごとに料金が発生します。相場費用は、1000回表示あたり500円程度です。

 

 

アウトストリーム広告でのクリエイティブの重要性

 

 

 

 

広告の効果を高める手段として、クリエイティブは費用対効果(ROI)の向上に大きく関わっており、デジタル メディアでは重要な役割を果たしています。



下記の調査結果によると、優れたクリエイティブを持つデジタル広告のクリエイティブ売上貢献度は89%になり、広告の効果を最大化するにはクリエイティブを工夫する必要があります。



 

画像引用元:「Google公式





アウトストリーム広告で効果的な広告クリエイティブ

 

 

 

 

ここでは、アウトストリーム広告で成果につながるクリエイティブ作成のコツをご紹介します。



Youtube広告のABCDフレームワークを活用しよう

 

効果的なYouTube動画広告を作成するためにGoogleは「ABCDフレームワーク」に沿ってクリエイティブを作成することを推奨しています。

 

「ABCDフレームワーク」とはGoogleがまとめた効果的な広告クリエイティブに求められる要素のことをいいます。

 

「ABCDフレームワーク」は以下の4つの要素から構成されています。

 

 

  • Attention:視聴者の関心を引く
  • Branding:視聴者にブランドを認知してもらう
  • Connection:視聴者とブランドが持つストーリーを結びつける
  • Direction:視聴者にとってほしい行動を明確に提示する




画像引用元:「Google公式

 

 

ABCDフレームワークを基に作成された広告は、短期的および長期的に大きな成果をだすことに成功しています。実際にKantarの調査によると、ABCDフレームワークの要素を組み込んだ広告とABCDフレームワークの要素を組み込んでいない広告を比較して、短期的な販売数が30%以上、長期的なブランドへの貢献度が17%以上も上昇しています。

 

ABCDフレームワークを基にクリエイティブを作成することで、短期的および長期的に広告の効果を最大限に高めることができ、費用対効果(RIO)を向上させることができます。


画像引用元:「Google公式

参考元:「クリエイティブの効果を高める Google の ABCD を確認する

 

 

ここから、ABCDの各要素について解説していきます。

 

 

Attention:視聴者の関心を引く

 

YouTube広告は、再生開始から5秒経過するとスキップ可能な動画広告があるため、最初の5秒が非常に重要になってきます。最後まで動画を視聴してもらうには、最初の5秒でユーザーの興味を惹きつける必要があります。

 

ユーザーの注目を集めて関心を引く方法として、没入型のストーリーで冒頭から視聴者を引き込み、魅力的な映像と音声で関心を維持させましょう。Googleがおこなったクリエイティブの効果に関する調査では、冒頭部分にストーリーの盛り上がり(ストーリーの核心へ迫る)を入れることで、冒頭からユーザーの心をつかみやすくなることが分かっています。

 

 

例1:冒頭からユーザーを引くつける

 

 

 

また、YouTubeで再生される動画の95%が音声付きで再生されます。音声は、ユーザーの関心を引く効果を倍増させます。音声とテキストでユーザーに伝えたいメッセージの効果を高めましょう。

 

 

例2:音声とキャプションでストーリーを補強

 

 

 

Googleによると、世界で視聴されているYouTube動画の総再生時間は70%以上がモバイル経由です。モバイル ディバイスでも見やすいように映像を明るくし、高コントラストを維持しましょう。

 

どのデバイスで視聴しても快適に視聴できるように映像を最適化することが大事です。

 

 

例3:映像の明度と高コントラストを維持する

 



Branding:視聴者にブランドを認知してもらう

さまざまなブランド要素を使って、どのようなブランドなのかをユーザーに知ってもらいましょ。早い段階(冒頭の5秒以内)でブランドをアピールしてその存在感を最後まで維持することでブランド認知を高めます。



”NielsenNeuro の調査では、ブランドや商品を冒頭から盛り込むと、視聴者の目を引きやすく、流動的な処理が可能になるため、エンゲージの向上につながることが明らかになっています。”

 

広告の効果を向上させるには、ブランディングが特に重要です。いくらユーザーが興味関心を引く広告を作成しても、広告とブランドを関連付けることができなければ、目標を達成するのは難しいでしょう。広告としてブランドを認知させる工夫が必要です。

 

 

例1:最初から最後まで商品やブランドをアピールする

 

 

 

また、映像に音声を入れることで、ユーザーの関心を引きやすく、印象に残りやすくなります。ブランドのロゴの映像に音声でブランド名のナレーションを付けるなどして、映像と音声の両方でより強くブランドを印象付けることができます。

 

 

例2音声を活用して効果を高める

 



 

Connection:視聴者とブランドが持つストーリーを結びつける

 

冒頭の5秒でユーザーの関心を引いたら、次はブランドストーリーとユーザーの感情を結びエンゲージメントを高めましょう。

 

人物を登場させて人間味のあるストーリー仕立てで商品を紹介することで、ユーザーの共感を呼ぶことができます。Kantar の調査でも、登場人物に商品のストーリーを伝えてもらうことで効果が高まることが分かっています。

 

“広告を目にしたとき、人物に注目すると、視聴者の表現性(表情で判断できる感情的な反応)が向上することが明らかになっています。この表現性の向上は、目標達成プロセスのあらゆる段階で、キャンペーンによる成果の向上をもたらします。”

 

 

例1:人物を通したストーリー

 

 

 

また、最も伝えたい内容に絞り、分かりやすい言葉でメッセージを伝えましょう。

メッセージを詰め込みすぎず、シンプルな表現でユーザーにアプローチするように心がけることが大事です。

 

 

例2:メッセージを絞りシンプルに伝える

 

 

 

NielsenNeuroの調査によると、冒頭の5秒でユーザーが映像から何かを感じた場合、YouTube動画で再生される時間が長くなる傾向にあると報告されています。ユーモアや意外性、好奇心をかきたてるような内容を盛り込み、ユーザーの心を動かすような構成を考えましょう。

 

 

例3:ユーザーを引き付けるようなす展開

 



Direction:視聴者にとってほしい行動を明確に提示する

 

最後にユーザーにとってほしい行動を明確にし、アクションを促しましょう。

「今すぐ購入」や「お申込み」など具体的な行動を促すフレーズ(CTA)ボタンを設置し、ユーザーに最終的にどうしてもらいたいか最終的なアクションまで誘導させます。

 

また、CTAは、最初からコンセプトの中心におきましょう。NielsenNeuroの調査で、「今すぐ予約」のような特定の行動を促すフレーズを入れた広告は、「もっと詳しく」のような広範な意味のフレーズよりパフォーマンスが優れていることが明らかになっているからです。

ユーザーにとってほしい行動を明確にし、具体的な目的に向けてCTAのフレーズを選択し、ユーザーに行動を促しましょう。

 

 

例1:CTAボタンを設置する

 

 

 

ナレーションなど音声を加えることで、CTAの効果を高め、パフォーマンスのさらなる向上が期待できます。下記の広告のように、次のアクションが明確になるように、ナレーションでCTAを強調することができます。

 

 

例2:音声を活用してCTAの効果を高める

 

 

 

 

YouTuberを起用したクリエイティブを作成する

 

「ABCDフレームワーク」のガイドラインに追加してYouTuberを起用してクリエイティブを作成した「YouTuber タイアップ広告」も高いPR効果を期待することができます。YouTuberに商品やブランドを動画で宣伝してもらうことで、多くのユーザー層へリーチ・宣伝することができ、購買意欲の向上や認知度を高めることができます。

 

また、YouTuberを活用した動画広告は動画広告よりも広告感が軽減するので、ユーザーに敬遠されることなく動画広告を視聴してもらえます。

 

実際に、UUUM株式会社が2020年12月に実施した調査した結果によると、YouTubeのタイアップ投稿により認知度が34.8%、興味・関心が23.5%、購入意向が34.6%向上したと報告されています。

 

掲載期間が終了すれば配信されないテレビのCMとは異なり、YouTubeでのタイアップ広告は、コンテンツを削除しない限りずっと閲覧可能なので、長期にわたり動画広告をアピールできるというメリットもあります。

 

 

ABテストで最適なクリエイティブを選ぶ

 

費用対効果(ROAS)の高いクリエイティブを作成するには、ABテストでどのクリエイティブが最適なのか選ぶことも大切です。ABテストを繰り返しおこない、クリック率が高いなど効果の高いクリエイティブを創出していきましょう。ABテストをおこなうことで、クリック率やクリック単価が改善され、結果的にコンバージョン単価の低下につなげることが期待できます。

 

例えば、下記のように異なるクリエイティブを2種類(AパターンとBパターン)作成し、ABテストを実施しました。結果としてAパターンの方が良い結果がでたので、Aパターンの広告配信を増やしたところ、広告全体の視聴単価を大幅に下げることに成功しました。

 

 

 

アウトストリーム広告を効果的に活用するには

 

 

 

 

先述したとおり、アウトストリーム広告はコンテンツの外枠に表示されるため。ユーザーの興味を引くような内容でなければ視聴してもらえない可能性があります。

ここでは、効果的にアウトストリーム広告を活用するためのポイントをご紹介します。

 

 

1.アウトストリーム広告を使う目的を明確にする

 

成果を出すためには、目的に合った動画作成が重要になってきます。

コンバージョン(CV)獲得を狙うのか、認知拡大を目指すのかでは、動画内容も異なります。

そのため、まずはアウトストリーム広告を運用する目的を明確にしましょう。

 

また、ユーザーにどのようなことを伝えたいかも整理しておくことが大切です。広告の効果を最大限に引き出すには、伝えたい内容を絞り込み、もっともユーザーに知ってもらいたいメッセージを考えてみましょう。

 

 

2.ターゲットを設定する

 

効果的な動画広告を運用をするためにターゲット設定を具体的にしましょう。

アウトストリーム広告は、動画コンテンツの外枠に広告枠があれば様々な媒介で動画広告を配信できます。しかし、媒体によってはユーザー層も異なるため、適切な媒体を選ぶ必要があります。年齢や性別、興味を示している対象をターゲット設定で絞り込むことで、より視聴して貰える可能性の高いユーザーに絞り込んで動画広告を配信することができます。

どのようなユーザーに配信したいのか明確にすることで、無駄なコストを減らすこともできます。

 

 

3.出稿後に効果測定し改善していく

 

動画広告を出稿したら、効果測定をおこないましょう。

出稿したからといって、必ずしも効果をあげられるとはがぎりません。クリック率や顧客の獲得にかかった広告費など、データを測定しながら改善し、広告を最適化することが大切です。効果測定から改善し、PDCAサイクルを回すことで、アウトストリーム広告のパフォーマンスを上げていくことができます。

 

 

まとめ

 

今回はYouTubeアウトストリーム広告の配信を検討されている方に向けて、アウトストリーム広告の特徴やインストリーム広告との違い、活用するメリット・デメリットなどを詳しくご紹介しました。

 

アウトストリーム広告は、動画コンテンツを視聴しないユーザーにも配信でき、幅広いユーザーにアプローチ可能なので、認知拡大やリーチ拡大に適した動画広告です。

 

また、視認範囲のインプレッション単価なので、無駄なコストがかかりにくい点も魅力の一つでしょう。

YouTube アウトストリーム広告とは?種類や特徴、インストリーム広告の違い、活用するメリットまで徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

リスティング広告って何??「リスティング(基本)の教科書」

Google

リスティング広告って何??「リスティング(基本)の教科書」

「リスティング広告についてよくわからない」という方向けにリスティング広告について詳しく解説していきます。リスティング広告を検討している、もしくは勉強しているけどよくわからない方は参...

「リスティング広告についてよくわからない」という方向けにリスティング広告について...

2022.1.24

【マーケ担当者必見!】リスティング広告代理店の選び方を徹底解説!

Google

【マーケ担当者必見!】リスティング広告代理店の選び方を徹底解説!

ECサイトの運営やホームページからのリード獲得を任せられているマーケティング担当者の皆様は、リスティング広告の運用を検討している方も多いでしょう。   リスティング広告...

ECサイトの運営やホームページからのリード獲得を任せられているマーケティング担...

  • 代理店

2022.10.25

悩んだ時にはコレ!Google広告の設定について徹底解説!

Google

悩んだ時にはコレ!Google広告の設定について徹底解説!

Google広告全般については以前ご紹介しました。今回はGoogle広告の設定に焦点を当て、手順を解説していきます。初めての方でも、手順通りに設定を行えば広告出稿がスムーズです。...

Google広告全般については以前ご紹介しました。今回はGoogle広告の設定...

2022.3.29

【リスティング広告】キーワード選定のポイントと注意点を徹底解説!

Google

【リスティング広告】キーワード選定のポイントと注意点を徹底解説!

リスティング広告は「検索連動型広告」とも言い、多くの企業が活用しているWeb広告です。検索ユーザーのニーズに合わせて広告を表示できるので、購買意欲が高い層に訴求できます。一方、適...

リスティング広告は「検索連動型広告」とも言い、多くの企業が活用しているWeb広...

2022.6.22

<strong>【Google広告】カスタム イン テント オーディエンスとは?仕組みや設定方法、注意点を分かりやすく解説!</strong>

Google

【Google広告】カスタム イン テント オーディエンスとは?仕組みや設定方法、注意点を分かりやすく解説!

Google広告を運用するうえで、次のお悩みを抱えていませんか?   ・カスタムインテントオーディエンスって何? ・どのような仕組みで、何が実現できるの? ・設定方法が...

Google広告を運用するうえで、次のお悩みを抱えていませんか?  ...

2023.9.14

お役立ち資料はこちら