【Googleリスティング広告を始めたい方必見】Google広告の設定方法から費用対効果を高める方法まで徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
【Googleリスティング広告を始めたい方必見】Google広告の設定方法から費用対効果を高める方法まで徹底解説!

【Googleリスティング広告を始めたい方必見】Google広告の設定方法から費用対効果を高める方法まで徹底解説!

2024.4.15

Googleリスティング広告を解説

今回はGoogleリスティング広告の概要から費用対効果を高める方法を紹介していきます!

Google広告とは

 

 

 

 

「Google広告」は、以前は「Google AdWords(グーグルアドワーズ)」や「Google AdWords Express」として知られていました。これは、Google検索やYouTubeなどのウェブサイト上で商品やサービスを宣伝できるオンライン広告の仕組みです。広告の目標(コンバージョン)として、「電話での問い合わせ」や「サイトへの訪問」といった具体的な目標を設定することも可能です。

 

「Google広告」のダッシュボードには、Googleアカウントを使用してログインできます。これにより、広告予算やターゲットを柔軟に設定できます。また、広告の掲載をいつでも開始または停止することができます。

 

細かなターゲティングを行うことで、「見たい人にだけ広告を届ける」という特長があります。消費者の検索ワードなどを基に、適切なタイミングでターゲット対象者にメッセージを届けることができ、クリックされた分のみが課金されるため、費用対効果が高いというメリットがあります。



リスティング広告とは

 

 

 

 

リスティング広告(検索連動型広告)は、Googleなどの検索エンジンの検索結果に、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告のことです。これは検索広告やPPC(Pay Per Click)とも呼ばれ、広告がクリックされると費用が発生します。代表的なプラットフォームとしては、日本ではGoogle 広告やYahoo!広告が挙げられます。

 

リスティング広告は、ユーザーが現在行っている検索行動に対して広告が掲載されるため、他の広告手法と比較しても費用対効果が高いという特徴があります。この広告形式は、まさに答えを求めているユーザーに直接アピールできるため、見込みの高いユーザーに効果的にアプローチできる手段として、重要な施策の一環とされています。



Google リスティング広告の特徴

 

 

1.掲載場所

 

 

(参考画像)

 

 

Google広告は、主にGoogleの検索結果画面に掲載されます。Googleで検索を行った際に、検索結果の上部や横に広告が表示されることがあり、多くの方がこれに触れた経験があるかもしれません。

検索画面上で広告を掲載することで、目につく場所に広告を提示できます。これにより、特定のキーワードに基づいて検索を行うユーザーに対して、関連性の高い広告を表示することができます。適切なキーワードを選定することで、多くの集客を見込むことが可能です。

 

 

2.オークション制

 

Google広告の出稿はオークション制を採用しています。

Google広告では、「出稿キーワード」と1クリックに対する「支払い可能な上限金額」を設定し、これに基づいて広告の表示順位が決定されます。高い入札金額を設定した広告主は、通常、ページ上部など目立つ場所に広告を掲載する可能性が高まります。

 

ただし、広告の表示順位は単に金額だけでなく、広告の品質やクオリティ・スコアも考慮されます。広告がユーザーの検索意図に適しており、クリック率が高い場合、品質・スコアが向上し、低い入札金額でも高い順位で表示されることがあります。

 

したがって、広告の表示順位を向上させるためには、入札金額を設定するだけでなく、クオリティ・スコアを向上させるために広告の品質を高める努力も必要です。ユーザーにとって有益で関連性の高い広告が、広告主にとっても良い結果を生むことが期待されます。

 

 

3.細かいターゲティングが可能

 

Google広告は非常に高度なターゲティングオプションを提供しており、これにより広告主は広告を特定のオーディエンスに効果的に配信できます。以下はその例です。

 

 

1.デモグラフィックターゲティング:性別、年齢、家族の状況など、特定のデモグラフィックに向けて広告を配信できます。

 

2.地理的ターゲティング:特定の地域や場所に広告を配信できます。例えば、都市、地域、国などです。

 

3.興味関心に基づくターゲティング:ユーザーの検索履歴やオンライン活動に基づいて、広告を特定の興味や関心に合わせて配信できます。例えば、住宅や自動車に興味を持っているユーザーに広告を表示することが可能です。

 

4.行動ターゲティング: ユーザーのウェブサイト訪問やアプリの利用などの行動に基づいて、広告を配信できます。

 

5.デバイスターゲティング:特定のデバイスやプラットフォームに向けて広告を最適化できます。

これにより、広告主は広告のターゲットを非常に具体的に設定し、特定のニーズや興味を持つユーザーに的確にアプローチできます。この高度なターゲティング機能は、効果的な広告キャンペーンを展開する上で非常に強力なツールとなっています。

 

 

(参考画像)

 

 

Googleリスティング広告のメリット

 

 

 

 

1.キーワードに対して入札できる

 

正確です。インターネット広告の仕組みは、広告主が掲載枠に対してオークション形式で入札を行い、落札された広告が枠に掲載される仕組みです。このオークション形式は、通常「クリック課金制」または「表示回数課金制(CPM:Cost Per Mille)」のいずれかで行われますが、リスティング広告の場合は主に「クリック課金制」が一般的です。

 

具体的には、広告主は特定のキーワードに対して入札を行います。その入札は、広告主がクリックごとに支払う金額(クリック単価)を示しています。掲載自体は無料で、ユーザーが広告をクリックすると、広告主に対してそのクリックに対応する金額が課金されます。

 

この仕組みにより、効果的な広告キャンペーンを展開するためには、適切なキーワードの選定やクオリティ・スコアの向上、入札価格の最適化などが重要となります。

 

 

(参考画像)

 

 

クリックの金額は1円から任意で設定でき、誰にでも今日から始められる手軽さもありますので、多くの企業が取り入れています。

 

 

2.即効性と柔軟性が高い

 

検索エンジンからの集客を考えたマーケティング手法には、リスティング広告の他にSEO対策が考えられます。両者の大きな違いは、即効性と柔軟性にあります。

 

 

(参考画像)

 

 

 

3.低予算で開始できる

 

リスティング広告は、広告主が柔軟に予算を設定できるため、比較的低予算から始めて広告キャンペーンを展開することが可能です。以下は、Google広告とYahooリスティング広告の予算に関する特徴です。

 

 

Google広告

 

Google広告では、広告主は1日あたりの予算額を設定します。この予算額は1ヶ月間での総広告費用を制限するもので、1日あたり200円前後から出稿ができるため、1ヶ月で1万円以内でも広告を配信することが可能です。広告のパフォーマンスに合わせて予算の調整が可能で、柔軟性があります。

 

 

Yahooリスティング広告

 

Yahooリスティング広告では、広告主はクリック単価を設定します。クリック単価は通常10円前後から始めることができ、クリック数に応じて広告費用が発生します。この方式により、特定の目標に向けて効果的な広告キャンペーンを立ち上げることができます。

 

広告主はこれらの予算設定やクリック単価の調整を通じて、キャンペーンのパフォーマンスに適切に対応し、効果的なリスティング広告を展開することができます。

 

 

 

Googleリスティング広告のデメリット

 

 

 

1.潜在層のアプローチには向かない

 

リスティング広告は、特定のキーワードで検索を行ったユーザーに対してアプローチする広告です。

 

(参考画像)

 

 

リスティング広告は、ユーザーが特定のキーワードで検索を行ったときに表示されるため、既に顕在化したニーズや悩みに対してアプローチするのが得意です。しかし、まだユーザーがニーズを持っていない段階では、リスティング広告だけでは有効なマーケティング手法とは言えません。

 

広告キャンペーンを始める際には、ターゲットとなるユーザーがどの段階にいるかを理解し、「誰に・何を訴求したいのか」を明確にすることが重要です。もしサービスや商品をまだ認知していない層にアプローチしたい場合は、ディスプレイ広告やSNS広告など、ブランド認知を高めるための手法が効果的です。

 

結局のところ、マーケティング戦略は多様かつ総合的であるべきであり、リスティング広告を含むさまざまな手法を組み合わせて、広告の目的に合った最適なアプローチを見つけることが求められます。

 

 

2.テキスト面の訴求しかできない

 

リスティング広告は、テキストのみで訴求する広告です。

自動車やファッションなど、視覚的な魅力を引き立てる商品や、ブランドのイメージを重視する場合には、異なるアプローチが必要です。

 

 

(参考画像)

 

 

Google広告の設定方法

 

 

 

1.ログイン&アカウント作成

 

Google広告のアカウントを取得していない場合は、まずアカウントを取得してください。その後、以下の手順でGoogle広告にアクセスし、「今すぐ開始」ボタンをクリックしてください。

 

1.インターネットブラウザを開き、Google広告のサイトにアクセスします。

 

2.サイトにアクセスしたら、右上にある「ログイン」ボタンをクリックして、Google アカウントにログインします。アカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」を選択して新しいGoogle アカウントを作成します。

 

3.ログインが完了したら、Google広告のホームページに移動します。

 

4.ページ上部にある「今すぐ開始」ボタンを見つけ、それをクリックします。

 

5.広告アカウントの作成画面が表示されます。ここで、必要な情報を入力して広告アカウントを設定します。これには広告の目的、予算、キャンペーンの設定などが含まれます。

 

6.必要事項を入力し終えたら、「広告アカウントを作成」または同様のボタンをクリックして、広告アカウントを作成します。

 

以上で、Google広告のアカウントを取得し、広告の作成が始まります。この手順は変更される可能性があるため、最新の情報を確認してください。

 

 

(参考画像)

 

 

「新しいキャンペーンを作成」という画面が出たら、下部の「エキスパートモードに切り替える」を選択してください。エキスパートモードへ切り替えると、キーワードや入札を詳細に設定できるようになります。

 

 

 

(参考画像)

 

 

アカウントの作成が完了したら、以下の手順でキャンペーンを作成してください。なお、手順や画面の表示は変更される可能性があるため、最新の情報を確認してください。

 

 

1.アカウント作成後、Google広告のダッシュボードにアクセスします。

 

2.ダッシュボード上で、「キャンペーンなしでアカウントを作成」などの適切なオプションを選択して新しいキャンペーンを作成します。

 

3.請求先住所の国や通貨などのビジネス情報を確認し、必要な情報を入力します。

 

4.入力が完了したら、「送信」ボタンをクリックして進みます。

 

5.次に、「アカウントを確認」ボタンをクリックし、アカウント設定を完了します。アカウント設定が完了したら、支払い情報の設定を行います。Google広告の管理画面に移動し、「ツールと設定」→「料金」→「概要」の順に選択します。

 

これで、支払い情報の設定が完了し、キャンペーンを始める準備が整います。最終的な手順は実際のGoogle広告のダッシュボードに基づいて行ってください。

 

 

 

(参考画像)

 

 

「お支払い方法の管理」をクリックして、クレジットカード情報を登録します。

 

 

2.広告キャンペーンの作成

 

広告キャンペーンは、異なる商品やサービス、予算、入札単価を管理するための単位であり、特定の目的に向けて広告を配信する際に使用されます。以下は、エステサロンでのWebサイトや実店舗の集客を想定してキャンペーンを作成する手順です。

 

 

  1. Google広告のダッシュボードにログインします。
  2. ダッシュボードのメニューから「キャンペーン」を選択します。
  3. ページ上部にある「+」(プラス)ボタンをクリックします。これにより新しいキャンペーンの作成が始まります。

 

 

これに続いて、具体的なキャンペーンの設定を進めます。この手順ではエステサロンのWebサイトや実店舗の集客を想定していますが、具体的な設定は広告の目的や戦略に合わせて行います。

 

 

(参考画像)

 

 

「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。

 

 

(参考画像)

 

 

キャンペーン目標の設定

次の7個の項目から、広告の目的に応じたキャンペーンの目標を選択します。目標を指定せずにキャンペーンの種類を選択することもできます。

 

 

(参考画像)

 

今回は、エステサロンでの集客を想定しているため、「販売促進」を選択します。

 

 

キャンペーンタイプの選択

 

キャンペーンのタイプを選択します。検索連動広告を配信するため、「検索」を選択します。

 

 

 

 

目標の達成方法の設定

 

目標をどのように達成するかを選択します。ここでは、ウェブサイトへのアクセスを増やすことでコンバージョン数の増加を目指すため、「ウェブサイトへのアクセス」を選択します。

 

 

 

 

コンバージョンアクションの作成

 

「コンバージョンアクションを作成」をクリックします。コンバージョンアクションとは、ユーザーが広告をクリックした後の行動を表します。

 

 

(参考画像)

 

 

Google広告アカウントを開設した際には、コンバージョン測定のためのタグとその設置方法に関する案内が記載されたメールが届くでしょう。このメールに記載された手順に従ってコンバージョンタグを設定することで、広告の配信が可能です。ただし、広告の運用開始後にPDCAサイクルを回すためには、コンバージョンを把握することが非常に重要です。

 

コンバージョンタグを設定しなくても広告は表示されますが、コンバージョンを計測することで広告のパフォーマンスを把握し、改善策を見つけ出すことができます。初めは見慣れないタグや設定が難しく感じるかもしれませんが、このタイミングで設定することで、広告運用開始と同時に効果的なコンバージョン計測が可能です。

 

コンバージョンの設定方法に関する詳細な情報は、Google広告の公式ドキュメントや解説記事を参考にすることができます。メールの案内が分からない場合も、関連記事を確認することで手順が明確になるかもしれません。

 

 

予算と入札単価の設定

 

「管理しやすいキャンペーン名」を入力した後、「続行」をクリックすると、「単価設定」の画面に進みます。ここでは、広告の入札戦略としてどの要素を重視するかを選択します。単価設定の選択肢としては、「コンバージョン」「コンバージョン値」「クリック数」「インプレッションシェア」があります。

 

これらのオプションにはそれぞれ異なる重点があります。以下に各オプションの説明を記載します。

 

 

1.コンバージョン:主に特定の目標(例: 購入、問い合わせなど)の達成に焦点を当て、その目標の達成回数を最大化します。適した単価を設定して、コンバージョン率を向上させることが狙いです。

 

2.コンバージョン値:コンバージョンが発生した際の価値に焦点を当てます。例えば、購入が発生した場合の売上金額や利益などを考慮して、その価値を最大化するように設定します。

 

3.クリック数:広告のクリック数を最大化するための設定です。知名度向上やサイトへのトラフィック増加を目指します。

 

4.インプレッションシェア:広告が表示される機会に対する広告の表示率を最大化するための設定です。広告の表示頻度を高め、ブランド認知を向上させることが狙いです。

 

これらのオプションから適切な入札戦略を選び、「続行」をクリックして進んでいきます。なお、入札戦略はキャンペーンの目的や戦略によって変わるため、具体的な目標に合わせて選択することが重要です。

 

 

 

(参考画像)

 

 

キーワードプランナーを使うと、キーワードの推定クリック数や表示回数、平均単価などが確認できます。このデータを参考にして、入札単価を設定してみてください。

 

左カラムメニューから「予算」を選択すると、続いて1日あたりの平均予算を設定できます。

Google 広告の運用が初めての場合、少額から始めることをおすすめします。1日あたり1,000円から5,000円程度で運用すると良いでしょう。

 

 

(参考画像)

 

 

キャンペーン設定

 

キャンペーンに関する重要な設定をします。

 

まず、ネットワークの設定を行います。ネットワークには、次の2種類があります。

 

 

  • 検索ネットワーク
    →Google 検索で上位表示されるテキスト型の広告

 

  • ディスプレイネットワーク
    →インターネット全域で表示される画像型の広告

 

 

今回表示させる広告は、検索結果に表示させるリスティング広告なので、ディスプレイネットワークのチェックは外します。

 

 

 

(参考画像)

 

 

Google 広告の種類とそれぞれの特徴は、次の記事を参考にしてください。

 

広告キャンペーンの地域設定は、デフォルトで「すべての国と地域」が選択されていますが、エステサロンへの集客を考える場合は、特定の地域に絞って広告を表示させましょう。設定画面で「別の地域を入力する」から都道府県や範囲を指定し、エステサロンの近くに住む人々にターゲットを絞った広告を行います。

 

言語は「日本語」のままでかまいません。

 

 

(参考画像)

 

 

オーディエンスセグメントでは、ユーザーの属性や興味に基づいて広告を設定できます。キャンペーンのターゲティング設定には、「ターゲット設定」(特定のユーザーに絞る)と「モニタリング」(幅広く広告を配信)の2つがあります。通常はモニタリングを選び、データ収集後に広告を最適化します。

 

 

3.広告グループを作成する

 

​​広告グループは、同じテーマやターゲットに関連する広告やキーワードをまとめたものです。広告グループにはキーワードの設定や広告文が含まれ、同じグループ内のキーワードに基づいて広告が表示されます。キャンペーン内には複数の広告グループを作成できますが、各グループは異なる検索意図に対応するように作成するのが重要です。

 

 

キーワードの設定

 

ユーザーの検索キーワードを予測して、自社の商品やサービスに関連するキーワードを選定します。

 

 

 

(参考画像)

 

 

キーワードの選定は、リスティング広告の成功に直結する重要な要素です。リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに基づいて表示されます。検索キーワードはユーザーの検索意図を反映しているため、既存の顧客が検索したキーワードを把握することで、自社の商品に関心を持つ可能性が高いユーザーに広告が効果的に表示されます。

 

キーワードを調査する際は、適切なキーワードが漏れていないかを注意深く調査しましょう。サジェストキーワード分析ツールやキーワードプランナーを利用して、検索ボリュームや競合性を確認することがおすすめです。これにより、広告のターゲティングを最適化し、より効果的なリスティング広告を実現できます。

マッチタイプを設定すると、表示される広告を、ある程度コントロールできます。マッチタイプには、次の3種類があります。

 

 

  • 部分一致
    キーワードに関連する検索に対して広告が表示される

 

  • フレーズ一致
    キーワードの意味を含む語句の検索に対して広告が表示される

 

  • 完全一致
    キーワードと同じ意味をもつ語句の検索で広告が表示される

 

 

Google 広告のキーワード設定について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

広告文の設定

 

続いて、広告文を設定します。

 

 

(参考画像)

 

 

リスティング広告では、最大3つの見出しと最大2つの説明文が設定可能です。ユーザーの悩みや課題を理解し、キーワードや商品の特長を強調したり、特典やユニークなセールスポイントを伝えたりして、検索ユーザーに対して魅力的な情報を提供しましょう。

ターゲットの心を揺さぶる広告文を記載することで、クリック数の向上が見込めます。広告文作成のポイントは、次の3つです。

 

 

  • できるだけ文字数を多くする

 

  • 1つの商品やサービスに絞った内容にする

 

  • 商品を使っている場面を想像できるような言葉を選ぶ

 

(例)「30代からの韓国式エステサロン」「完全個室で施術」など

画面右側では、広告文のプレビューが表示されるので、どのように配信されるかを確認できます。モバイル表示とデスクトップ表示の切り替えも可能です。入力を終えたら「完了」を選択し、「次へ」をクリックします。

 

 

4.広告表示オプションを設定する

 

 

(参考画像)

 

 

広告表示オプションでは、広告に追加情報を含めることができます。これは広告文の設定画面の直下で設定できます。全てのオプションを設定することで、広告の表示領域が広がり、クリック率向上に寄与します。以下は主な広告表示オプションです。

 

 

(参考画像)

 

 

これで、Google 広告の設定は完了です。スマートフォン用のアプリをダウンロードしておくと、外出先からも確認できて便利です。

 

 

Googleリスティング広告の費用対効果を高める方法

 

 

 

 

1.施策の目的を明確にする

 

今一度、成功の定義や顧客のステータスを整理し、リスティング広告の施策を計画しましょう。考えていく際には、「5W2H+α」を意識して進めます。

 

 

広告施策の5W2H+α

  • 「WHO/誰に」
  • 「When/いつ」
  • 「Where/どこで」
  • 「What/何を」
  • 「Why/どうして」
  • 「How/どうやって」
  • 「How much/いくらで」
  • +α/広告実績の計測環境など

 

 

クリック課金制度のため、最低でもサイトへの誘導は確実ですが、「100万円の広告を出稿しても反応がない」という事態は避けられます。ただし、クリックがあってもコンバージョンがない可能性もあり、予算を多く用意するだけで成果が得られるわけではありません。成功には戦略的なアプローチが必要です。

 

作成した広告内容は関係者全員で共有し、認識を合わせた上で運用を開始することも重要です。これにより、一貫性のあるメッセージが提供され、広告のパフォーマンス向上に寄与します。

 

 

2.3C分析を行う

 

入札を行うキーワードでは、競合他社がどのような広告文を使用しているかを把握してから出稿を開始することが重要です。例えば、競合が「初回無料」を強調している場合、自社は「初回10%OFF」といった独自のアプローチを考えることは一つの戦略です。ただし、これには注意が必要です。

 

競合と同様のメッセージではなく、自社独自のメリットや差別化ポイントを強調することが重要です。競い合うだけでなく、ユーザーにとって他社との違いを明確に伝え、自社の独自性をアピールすることが広告の効果を高めるカギとなります。



3.除外キーワードを設定する

 

リスティング広告を運用する上で重要な設定の一つが、除外キーワードの設定です。マッチタイプを部分一致に設定すると、幅広いキーワードで広告が表示されますが、除外キーワードを設定することで関連性の低いキーワードによる表示機会を制限できます。これは広告をターゲット層を広げながらも効果的に配信するための重要な設定項目です。

 

例えば、モバイルバッテリーの販売を考える場合、「車 バッテリー」や「バッテリー交換」といった関連性の低いキーワードでも部分一致する可能性があります。しかし、これらのキーワードはユーザーの検索意図とマッチせず、広告からの流入が期待できません。関連性の低いキーワードを除外することで、ニーズに合ったユーザーにのみ広告が表示され、費用対効果が向上しやすくなります。

 

 

まとめ

 

Google リスティング広告は、Google検索結果ページ上に表示されるオンライン広告の仕組みです。キーワードや地域による精細なターゲティングや除外キーワードの活用が効果的で、広告主は広告の成果をモニタリングし、戦略を最適化することが求められます。リスティング広告は検索ユーザーに対してリーチを広げつつ、効果的な広告キャンペーンを展開する手段として有効です。




【Googleリスティング広告を始めたい方必見】Google広告の設定方法から費用対効果を高める方法まで徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

【カンタン解説】リスティング広告のアカウント開設から運用のやり方まで!代理店への依頼も

Google

【カンタン解説】リスティング広告のアカウント開設から運用のやり方まで!代理店への依頼も

リスティング広告を始めたいと考えていても、具体的にどのような手順で進めれば良いのか分からない方は多いでしょう。リスティング広告のやり方を、アカウントの開設から配信スタートまで、丁...

リスティング広告を始めたいと考えていても、具体的にどのような手順で進めれば良い...

2022.6.15

【2022年最新】リスティング広告の基本的な仕組みを徹底解説!

Google

【2022年最新】リスティング広告の基本的な仕組みを徹底解説!

Google広告やYahoo!広告などで、リスティング広告を始めてみたい方は多いでしょう。しかし、広告費用や掲載されるまでの仕組みが分かりにくいのも現状です。そこで、リスティング...

Google広告やYahoo!広告などで、リスティング広告を始めてみたい方は多...

2022.6.17

【Google広告】コンバージョン設定、分析方法、ポイントを解説!

Google

【Google広告】コンバージョン設定、分析方法、ポイントを解説!

Google広告を配信する場合、コンバージョンを設定する必要があります。コンバージョンを設定することで、広告の費用対効果が正確に計測できるようになり、運用の最適化を測れるためです...

Google広告を配信する場合、コンバージョンを設定する必要があります。コンバ...

2022.6.22

【リスティング広告】キーワード選定のポイントと注意点を徹底解説!

Google

【リスティング広告】キーワード選定のポイントと注意点を徹底解説!

リスティング広告は「検索連動型広告」とも言い、多くの企業が活用しているWeb広告です。検索ユーザーのニーズに合わせて広告を表示できるので、購買意欲が高い層に訴求できます。一方、適...

リスティング広告は「検索連動型広告」とも言い、多くの企業が活用しているWeb広...

2022.6.22

PPC代理店の賢い選び方 運用内容や費用相場・注意点まで解説

Google

PPC代理店の賢い選び方 運用内容や費用相場・注意点まで解説

PPC広告は広告費が安く、広告の費用対効果が高いことで人気なWeb広告です。しかしPPC広告はその運用に専門的な知識やノウハウが必要になるため、初心者には難しいのも事実です。その...

PPC広告は広告費が安く、広告の費用対効果が高いことで人気なWeb広告です。し...

2023.1.7

お役立ち資料はこちら