Webマーケティングの費用とは?Webマーケティングにかかる費用と相場を徹底解説! - (株)GMSコンサルティング

Webマーケティングの費用とは?Webマーケティングにかかる費用と相場を徹底解説!

2023.11.23

企業の成長や商品の売上アップにはWebマーケティングが欠かせません。近年は効果の高いWebマーケティングを実施するために、Webマーケティングそのものを外部企業に委託するケースが増えています。

この記事では、Webマーケティングを行うメリットや、Webマーケティングの種類ごとの費用相場についてご解説します。

企業の成長や商品の売上アップにはWebマーケティングが欠かせません。近年は効果の高いWebマーケティングを実施するために、Webマーケティングそのものを外部企業に委託するケースが増えています。

 

この記事では、Webマーケティングを行うメリットや、Webマーケティングの種類ごとの費用相場についてご解説します。

 

 

1.Webマーケティングとは

 

Webマーケティングとは、WebサイトやWebに関する技術を使って行われるマーケティングのことです。別名インターネットマーケティングとも呼ばれます。

 

「マーケティング」の意味は、「商品・サービスをできるだけ多く売るための活動」です。従来のマーケティングでは、テレビや雑誌などのマス広告による集客活動や店頭で顧客に対して行われる販売促進活動などが一般的でした。Webマーケティングでは、こうした集客活動や販売促進活動のすべてをWeb上で行います。

 

Webマーケティングの主な手法は、Web広告、SNS広告、動画広告、SEO対策、メールマーケティングなどです。またWebの技術(ツール)を使った市場調査やデータ分析なども、Webマーケティングに含まれます。

 

 

2.Webマーケティングの費用対効果が高い理由

 

 

Webマーケティングは、他のマーケティング手法と比べて費用対効果が高い傾向にあります。ここではWebマーケティングの費用対効果が高い理由を解説しましょう。

 

 

2-1.Webマーケティングの費用対効果が高い理由1.広告媒体の種類が多い

テレビ、ラジオ、雑誌などのマス広告で使える媒体は1種類です。またターゲットも大まかな年齢や趣味などでしか絞れません。一方、Webマーケティングは広告媒体の種類が多く、自社の商品・サービスと、ターゲットに合わせて最適な広告を使い分けられます。また、複数の広告を活用すれば、相乗効果も期待できます。そのためWebマーケティングは費用対効果を高めやすいのです。

 

主な広告媒体の種類としては、リスティング広告、SNS広告、ディスプレイ広告、動画広告などがあります。

 

・リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索ページに表示されるテキスト広告のことです。ユーザーの検索キーワードに連動して表示されるのが特徴です。

 

・SNS広告

SNS広告とは、ソーシャルネットワークサービス(TwitterやInstagramなど)で発信される広告のことです。SNS広告はユーザーによって拡散されやすいのが特徴です。

 

・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、画像や動画をホームページ上に掲載する形の広告です。広告主は掲載先のメディアと契約をして広告を出します。

 

・動画広告

動画広告は、自社商品を広告する動画をWeb上で発信する方法のことです。よく知られている動画広告としては、YouTube広告が挙げられます。

 

 

2-2.Webマーケティングの費用対効果が高い理由2.インターネットユーザーにアプローチできる

テレビ、雑誌、ラジオなどのマス広告の場合は、その媒体に触れている人にしかアプローチできません。一方Web広告の場合、インターネットに接続しているすべてのユーザーにアプローチが可能です。

 

現代は一人が一台のスマホを持つ時代となり、日本国内におけるインターネット普及率も80%を超えています。この点だけを考えてみても、Webマーケティングが従来のマーケティングよりもいかに効果的で、幅広い層をターゲットにできるかが分かります。

 

テレビ、雑誌、ラジオといった特定のメディアよりもはるかに多い層にアプローチできるわけですから、費用対効果もそれだけ高くなるのです。また、SNS広告などが爆発的に拡散される(バズる)ことも珍しくなく、予測以上の広告効果が生まれる可能性もあります。

 

 

2-3.Webマーケティングの費用対効果が高い理由3.成果に応じて費用が発生する広告がある

Webマーケティングの広告手法のひとつに、「アフィリエイト広告」があります。アフィリエイト広告は別名「成果報酬型広告」と呼ばれ、成果が出たときにのみ費用が発生するのが特徴です。

 

アフィリエイト広告は他の広告とは異なり、広告の掲載自体には費用がかかりません。最初に設定した成果地点(目標)にユーザーがたどり着いたときに初めて、広告費用が発生するという仕組みです。成果地点の例としては、会員登録、特定の商品購入、資料請求などがあります。

 

成果地点にユーザーがたどりつかなければ広告費用は発生しないので、費用対効果が高い広告と言えるのです。たとえ成果地点にまでユーザーがたどりつかなくても、掲載された広告自体は認知されるので、ブランド力の向上や実店舗への来店につながることもあります。

 

 

2-4.Webマーケティングの費用対効果が高い理由4.低予算で始められ、成果をすぐに確認できる

Webマーケティングの良さは、低予算で始められることです。一般的なマス広告の場合、最初から高額な広告料を支払う必要があります。しかしWeb広告は、マス広告よりも広告費用を安く抑えることが可能です。

 

SNSは基本的に無料で使用できるので、やり方によっては広告費用を一切かけずに効果的に広告を行えます。SNSのフォロワーが多ければ、それだけ拡散力も多く、広告の効果は高まるのです。

 

また、マス広告では広告経由のコンバージョンかどうかがわかりません。そのため成果の把握が難しいのです。また一度配信された広告は、簡単に修正できません。一方、Web広告は成果をネット上でリアルタイムにチェックできます。また、あまり効果が出ていない広告は、すぐに画像や文章などを修正するといった柔軟な対応が可能です。

 

 

2-5. Webマーケティングの費用対効果が高い理由5.ターゲットなど細かい設定の調整ができる

Web広告では、商品やサービスに合わせてピンポイントでターゲット設定ができます。例えば、「女性」「20~30代」「会社員・OL」「都内在住」「自社の商品・サービスを一度利用したことがある」など、ターゲットなどの設定を細かに調整できます。

 

マス広告の場合ターゲット層をある程度絞ることはできますが、テレビや雑誌などは不特定多数の人が利用するため、Web広告よりも精度は高くありません。それは結局のところ、広告の商品にまったく関心がない人々に広告費用を払っているようなものです。

 

Web広告であれば、その商品やサービスに本当に興味を持ってくれそうな層にのみ働きかけることが可能なので、効果を最大化しやすくなります。また広告の効果を分析しながら、ターゲット層を柔軟に修正していける点もメリットです。

 

 

3.Webマーケティングでかかる費用の内訳

 

 

Webマーケティングにかかる費用の内訳は、用いる施策によって異なります。Webマーケティングの主な施策は、「集客施策」「接客施策」「リピート(再訪促進)施策」の3種類です。それぞれの施策でどのような費用がかかるのかを解説します。

 

 

・集客施策

集客施策とは、商品やサービスをアピールして、ユーザーや見込み客を増やす施策のことです。Web広告、メルマガ、SEO、プレリリースなどの費用がかかります。Web広告で集客施策に用いられるのは、リスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告、動画広告などです。

 

 

・接客施策

販売施策とは、集客したユーザーや見込み客を離脱させずにコンバージョンへ導くための施策です。Webページのアクセス解析と改善に費用が必要となり、例えばLPやエントリーフォームの最適化などが挙げられます。

 

・リピート施策

リピート施策とは、一度商品を購入した顧客、または商品に興味を持ってくれた見込み顧客へ再度商品に興味を持たせるための施策です。メルマガ、SNS、アプリなどによる情報配信や、リターゲティング広告などの費用がかかります。

 

 

4.Webマーケティングにかかる費用と相場

 

 

 

上述したように、Webマーケティングの施策の種類や方法によって、発生する費用は異なります。では、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

ここではWebマーケティングの集客方法として「コンテンツマーケティング」「動画マーケティング」「SNSマーケティング」「WEBコンサルティング」「インターネット広告」の5つを挙げ、それぞれの費用相場を解説します。

 

 

4-1. Webマーケティングにかかる費用と相場1.コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、Webサイトやブログなどで顧客(見込み客)にとって有益な情報をコンテンツとして発信し、集客につなげる手法のことです。このWebサイト等の制作、サーバーレンタル、ドメイン取得などに費用がかかります。

 

Webサイトを自社制作しない場合は、他のWeb制作会社やフリーランスのWebデザイナーへ依頼することになります。Web制作会社に依頼する場合の費用相場は40万円~100万円、フリーランスに依頼する場合は15万~30万円程度です。

 

なお、コンテンツのボリュームが大きくなる、あるいはコンテンツに多くのSEO対策を施すほど、Web制作費用も高くなります。

 

 

4-2.Webマーケティングにかかる費用と相場2.動画マーケティング

動画マーケティングは、商品に関する動画を発信して顧客の関心を集め、集客や購買につなげる手法のことです。代表的な動画マーケティングでは、YouTube動画が挙げられます。

 

自社で動画を製作する場合は、制作費用は人件費のみで済みますが、自社で動画を制作できない場合は、動画制作会社へ制作を依頼しなくてはなりません。

 

また、依頼する場合も動画の長さや内容、依頼範囲などで費用が変動します。依頼範囲の例は、「動画制作のすべてを依頼する」「動画は自社で製作して編集だけ依頼する」「動画コンサルティング(YouTubeコンサル)に依頼する」などです。

 

費用目安は、動画制作のみであれば10万円~200万円、動画編集のみであれば2万円~5万円、動画の制作と併せて運用も一緒に依頼するのであればコンサル費用が月30万円~50万円と考えておきましょう。

 

 

4-3.Webマーケティングにかかる費用と相場3.SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、SNSを活用して集客や購買につなげる手法のことです。代表的なSNSとしてはTwitter、Instagram、Facebookなどが挙げられます。SNSのアカウント作成自体は無料で行うことができます。また投稿も基本的に無料なので、発信するコンテンツを自社ですべて制作すれば、コストをかけずにSNSマーケティングが可能です。

 

SNSマーケティングを他社に依頼する場合はSNS運営費用が発生し、委託にかかる費用も内容やボリュームによって異なります。費用の目安は、定期的なテキスト投稿だけであれば月額10万円以下、投稿だけでなくコメントへの返信やレポート提出も含めると月額20万円~30万円、全体の広告運用まで含めた場合は月額50万円以上です。

 

 

4-4.Webマーケティングにかかる費用と相場4.WEBコンサルティング

Webコンサルティングとは、Webを活用したマーケティングの提案・アドバイスを行うことです。依頼を受けたWebコンサルティング会社は、依頼主のWebサイトや経営施策の課題を見つけ出し、改善の提案・実施によって売り上げアップに貢献します。

 

Webコンサルティングにかかる費用は、単発か継続依頼かで変動し、単発(スポットコンサル)であれば、1回につき10万円~20万円程度が目安です。ただし、Googleアナリティクスなどを使ったより精度の高いコンサルティングなどは、単発でも30万円~50万円程度かかることがあります。一方、毎月継続して依頼する場合の費用相場は、月々20万円~50万円程度ですが、事業の大きさや業務範囲の広さによっては月々100万円以上になることもあります。

 

 

4-5.Webマーケティングにかかる費用と相場5.インターネット広告

インターネット広告とは、WebサイトやWebアプリで配信される広告全般を指します。代表的なインターネット広告は、GoogleやYahoo!の検索ページに表示されるテキスト広告、Webサイトに表示されるバナー広告などです。

 

検索ページに表示されるテキスト広告の場合、キーワードごとに費用が異なります。例えば検索ボリュームが大きいキーワードや、競合が多かいキーワードは単価が高くなるのです。

 

1クリックの単価が100円で、2,000人クリックすることを目標とした場合、最低20万円の予算が必要になります。商材やキーワード設定によって費用は変わりますが、一般的な相場としては月々20万円~50万円程度です。

 

 

5.Webマーケティングの費用を抑えるには

 

 

Webマーケティングの費用を抑えるコツは、「最も重要な施策に予算を割く」「自社で対応可能な施策を洗い出す」の2つです。

 

 

・最も重要な施策に予算を割く

Webマーケティングの施策は、「集客」「接客」「リピート」に分かれ、それぞれの複数の手法がありました。だからと言ってあれもこれもと多くの施策を実施すると、その分費用がかかります。それだけでなく、一つの施策に投入できる予算が減るため、施策を実施しても十分な効果を得られないでしょう。今やらなければならない施策を見極めて予算を集中させることをおすすめします。

 

 

・外部への委託を減らす

自社で対応可能な施策を外部企業へ委託すると、その分費用がかかり、他の施策に使う予算が減ります。コンテンツ制作、メルマガ配信、SNS運営などを外部企業へ委託せずに自社で対応すれば、かなりの費用を削減できるでしょう。

 

 

6.Webマーケティングを始める際の注意点

 

 

Webマーケティングを成功に導くには、適切な目標、および戦略と施策を設定し、長期的な視点で運用する必要があります。ここからではWebマーケティングを始める際の注意点を3つ解説しましょう。

 

 

6-1.無理な目標は立てない

Webマーケティングでは、無理な目標設定はできるだけ避けることが大切です。無理な目標というのは、現状から大きくかけ離れた目標のことです。そのような目標の立て方をしても、適切な戦略を策定できず、施策の結果も伴わなくなります。

 

達成可能な現実的な範囲で目標を立てるには、以下のような手順が推奨されます。

 

 

1.自社の目標を明確にする

2.Webマーケティングにおける目標を明確にする

3.目標達成のための要素を洗い出す

4.目標達成の具体的な指標(KPI)を決定する

 

 

無理な目標を立てると、Webマーケティングの担当者にそれだけ無理を強いることになります。結果的にそれが大きなプレッシャーや精神的なストレスとなり、施策の運用に遅延が生じる恐れもあります。

 

 

6-2.短期的な視点を持たない

基本的にWebマーケティングは、すぐに成果が出るものではないため、あくまで長期的な視野で進めていくべきものです。確かに比較的短期間で効果が出るWeb広告もありますが、長期的に利益を得るためには、その効果を継続させなければなりません。そのため、Webマーケティングは数か月ではなく、半年から1年という長いスパンで運用していくのが基本です。

 

また、長期的な運用のなかで結果(数値)を分析しながら、常に修正・改善していく必要もあります。そこで用いられるのが「中間目標」を設ける方法です。中間目標を達成できたか否か、また今後どういう改善が望ましいかを検討し、最終目標に向かって運用の方向性や施策内容をブラッシュアップしていきます。

 

 

6-3.質のいいコンテンツを作成する

質の高いコンテンツとは、ユーザーにとって本当に価値のあるもの、ユーザーのニーズにしっかり応えているコンテンツのことです。コンテンツの品質は、コンバージョンの成果を大きく左右します。

 

せっかくWebサイトへ誘導できても、コンバージョンされずに離脱されては意味がありません。とくに直帰率が高い場合は、LPでユーザーが求めるコンテンツを提供できていない可能性があります。

 

ターゲットユーザーのニーズに沿ったキーワードを含め、有益な情報を提供するコンテンツを作成すると、ユーザーの信頼度や信用度が高まります。このようなユーザーは、コンバージョンに至る可能性が上がるのです。

 

 

7.まとめ

 

Webマーケティングは、費用対効果が高い上に低予算でもスタートできる点がメリットです。ただし、分析と改善を繰り返し、長期的に運用していく必要があります。自社で全ての運用を行うのが難しい場合は、Webマーケティングの専門家であるWeb広告代理店へ委託する方法もあります。まずは相談してみてはいかがでしょうか。

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

アトリビューション分析って何?考え方やモデル・メリットまで徹底解説!

その他

アトリビューション分析って何?考え方やモデル・メリットまで徹底解説!

アトリビューション分析という言葉を聞いたことはあるけれど、意味がよく分からないという方は多いでしょう。意味は知っていても、マーケティングにどのように活かせば良いのか分からないとい...

アトリビューション分析という言葉を聞いたことはあるけれど、意味がよく分からない...

2022.2.21

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

その他

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

スマホでは動画やニュース、ゲームなどさまざまなアプリを楽しめます。 たくさんの人が利用するアプリに広告を出せば、企業名やサービス・商材を認知してもらえるでしょう。 webマーケテ...

スマホでは動画やニュース、ゲームなどさまざまなアプリを楽しめます。 たくさんの...

2023.10.30

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

その他

【アプリ広告運用代行】メリット・デメリットから料金相場、代理店を選ぶ際のポイントを徹底解説!

    スマホでは動画やニュース、ゲームなどさまざまなアプリを楽しめます。 たくさんの人が利用するアプリに広告を出せば、企業名やサービス・商材を認...

    スマホでは動画やニュース、ゲームなどさ...

2023.8.17

ディスプレイ広告とは?最新基礎知識から検索広告との違いまで解説

その他

ディスプレイ広告とは?最新基礎知識から検索広告との違いまで解説

「Webサイトやアプリに広告を出したいけれど、何から始めたら良いか分からない」「ディスプレイ広告という言葉を聞いたことがあるけれど、意味が分からない」という方は多いと思います。そ...

「Webサイトやアプリに広告を出したいけれど、何から始めたら良いか分からない」...

2022.3.9

リターゲティング広告とは?仕組みや活用法、運用のコツまで徹底解説

その他

リターゲティング広告とは?仕組みや活用法、運用のコツまで徹底解説

リターゲティング広告とは、広告における配信手法の一種です。仕組みがよく分からない、リターゲティング配信することによって得られるメリット・デメリットを知りたいという方は多いでしょう...

リターゲティング広告とは、広告における配信手法の一種です。仕組みがよく分からな...

2022.3.28

お役立ち資料はこちら