【Google広告】コンバージョン設定の方法と分析方法まで徹底解説! - (株)GMSコンサルティング

【Google広告】コンバージョン設定の方法と分析方法まで徹底解説!

2022.6.22

Google広告を配信する場合、コンバージョンを設定する必要があります。コンバージョンを設定することで、広告の費用対効果が正確に計測できるようになり、運用の最適化を測れるためです。しかし、コンバージョンを計測するためにはタグの設置が必要など、慣れていない方には複雑に感じる部分もあるでしょう。この記事では、Google広告のコンバージョン設定方法と分析方法を徹底解説します。Google広告で成果を上げたい方は必読です。



1.そもそもGoogle広告とは?

 

Google広告とは、世界最大級の検索エンジン「Google」に付随するサービスで、広告配信できるサービスです。配信面は大きく分けて5つあり、検索結果画面に配信する「検索キャンペーン(リスティング広告・検索連動型広告)」、Webサイト内に配信する「ディスプレイキャンペーン」、YouTubeに動画広告を配信する「動画キャンペーン」、Androidユーザーが利用するGoogle Playに配信する「アプリキャンペーン」、検索結果画面やショッピングタブに配信される「ショッピングキャンペーン」があります。目的に合わせてさまざまなフォーマットを利用でき、機械学習精度も優れていることが特徴です。また、低予算から配信できるので、Web広告を初めて活用する企業にもおすすめな広告と言えます。

 

Google広告についてさらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

初心者のための「Google広告」とは?種類、特徴、始め方を徹底解説



2.コンバージョンとは?

 

Webマーケティングでは、「コンバージョン」という言葉が多く出てきます。「コンバージョン(Conversion)」とは、英単語としては「転換」などの意味を持ちますが、Webマーケティングでは「成果」を表す用語です。例えば、資料請求を目的とした広告の場合、広告をクリックしたユーザーが遷移先Webサイトの資料請求フォームから問い合わせを完了したことを、「コンバージョンを達成した」などと言います。コンバージョン達成率は「コンバージョン率」と言い、一般的には「CVR(Conversion Rate)」と略されるので覚えておきましょう。



2-1 コンバージョン設定のメリット

 

コンバージョンの設定には、次のようなメリットがあります。

 

・さまざまな最適化機能を使える

・課題を見つけ改善できる

・事業戦略を建てられる

 

ここからは、それぞれのメリットをご紹介します。



2-1-1 さまざまな最適化機能が使える

 

コンバージョン設定をすれば、さまざまな最適化機能が使えるようです。例えば、Web広告の費用対効果を測るコンバージョン単価(CPA:Cost Per Action、Cost per Acquisition)が、目標値内に収まるよう最適化される機能を使えたり、コンバージョン数を最大化する機能を使えます。入札単価もコンバージョン数に合わせて自動的に入札してくれるので、予算をより効率的に使うことも可能です。これらを人の手で最適化するためには多くの工数がかかるので、コンバージョンはしっかり設定しておきましょう。



2-1-2 課題を見つけ改善できる

 

コンバージョンを設定すれば、課題を見つけるのが容易です。Web広告には、クリック数やインプレッション数などの指標もありますが、広告の費用対効果を高めるためにはコンバージョンに関するデータを見なければなりません。コンバージョン率が悪い広告のクリエイティブや遷移先ランディングページ(LP)を改善したり、CPAが高すぎる広告を停止したりと、コンバージョンを設定しておけば広告予算を効率的に消化できます。



2-1-3 事業戦略を立てられる

 

コンバージョンを活用すれば、事業戦略を立てられます。コンバージョン数の予測データから売上計画の立案や、平均CPAから次年度の顧客獲得予算を算出するなど、Web広告のコンバージョンは事業戦略と密接に関係しているためです。損益分岐点の計算もリアルタイムで行えるので、コンバージョンは必ず設定しましょう。

 

 

3.コンバージョンタグの種類

 

コンバージョンを計測するためには、「コンバージョンタグ」の設置が必読です。コンバージョンタグには、次の2種類があります。

 

・グローバルサイトタグ

・イベントスニペット

 

それぞれのタグを解説します。



3-1 グローバルサイトタグ

 

グローバルサイトタグは、ユーザーの行動を計測するタグです。サイトに訪問したユーザーの情報や、クリックした広告の情報を収集します。そのため、グローバルサイトタグはWebサイト内の全てのページに設置しなければなりません。グローバルサイトタグで収集した全ページのデータと、イベントスニペットが収集するコンバージョンページのデータを掛け合わせることで、正確なコンバージョン計測が可能です。



3-2 イベントスニペット

 

イベントスニペットは、イベント(コンバージョン)を計測するためのタグです。コンバージョンページにイベントスニペットタグを設置しておくことで、どの広告で獲得したユーザーがコンバージョンしたかが分かります。イベントスニペットは、グローバルサイトタグより後に発火させたいので、コンバージョンページ<head>内で、グローバルサイトタグより下に設置するように注意してください。

 

4.コンバージョンタグの設置・取得

 

ここからは、コンバージョンタグの設置方法を解説します。コンバージョンタグの設置方法は、「GTMを使う方法」と「直接記述する方法」の2種類です。



4-1 GTMで設置

 

1つ目の方法は、Googleタグマネージャー(GTM)で設置する方法です。GTMとは、Googleが提供するタグ管理ツールです。Webサイト内のHTMLコードを直接編集せずに、全てのページに一括してタグを設置できるので、広告の効果計測をするために必須のツールと言えます。

 

まずは、Google広告からコンバージョンタグを取得します。Google広告の「コンバージョン」メニューでコンバージョンを作成します。トラッキングの種類(Webサイト・アプリなどの項目)を選び、具体的なコンバージョンアクションを入力します。

 

続いてタグの設置方法の選択画面になるので、「Googleタグマネージャー」を選んでください。発行される「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」をコピーして、GTMの管理画面に移動します。GTMのホーム画面で「新しいタグ追加」を選択し、タグタイプから「Google広告コンバージョン トラッキング」を選んでください。先ほどコピーしたIDとラベルを該当欄に入力すれば、Google広告とGTMの連携は完了です。

 

最後に、タグがいつ発火するか「トリガー」で設定します。コンバージョン完了ページ(サンクスページ)の表示回数をコンバージョンとする場合、トリガーはデフォルトの「ページビュー」を選択し、「Page URL」の値が「コンバージョン完了ページにURL」と「等しい」時に発火するようにします。タグとトリガーを設定したら、画面右上の「保存」ボタンを押して完了です。

 

GTMについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

GTM(Google タグマネージャー)とは?設定方法・発火確認



4-2 直接コンバージョンタグを設置

 

GTMを使わずに設置する場合は、Google広告でコンバージョン作成後のタグ選択画面から「タグを自分で追加する」を選びます。発行されるグローバルサイトタグとイベントスニペットをコピーし、Webサイトの管理画面に移動します。Webサイト内の全てのページにグローバルサイトタグを、コンバージョンページにイベントスニペットを設置すれば完了です。イベントスニペットは、グローバルサイトタグより下に設置しないと正しく計測されないので注意してください。また、WordPressなどのCMSを利用している場合、使用しているテーマによってはGoogle広告のタグを設置する画面があることも多いので、確認してみてください。



4-3 コンバージョン測定結果の確認方法

 

Google広告のコンバージョンは、管理画面の「コンバージョン」メニューから確認できます。作成した全てのコンバージョンが一覧で表示されるので、任意のコンバージョンアクションを選んでデータを閲覧してください。



5.コンバージョン測定結果の分析のポイント

 

最後に、コンバージョン測定結果の分析ポイントをご紹介します。コンバージョンは、設定して終わりではありません。広告配信後のデータを確認し、広告クリエイティブや遷移先LPの改善に役立てる必要があります。



5-1 コンバージョンコストを計算する

 

まずは、コンバージョンコスト(CPA)の上限値を計算しましょう。商品購入がコンバージョンの場合は粗利率などから、資料請求や商談申込などのリード獲得がコンバージョンの場合は、成約率などから上限獲得費用を算出します。上限CPAを把握して運用すれば、利益の出ている広告と損をしている広告が一目瞭然です。テコ入れが必要な広告には、すぐに改善行動をとりましょう。例えば、時間帯によってCPAが高騰する場合、配信時間の調整や配信ターゲットを変えたり、時間によってクリエイティブを変更するなどの必要があります。主婦向け広告のCPAが朝の時間帯が高く、夜の時間帯が低い場合は、忙しい朝は短めのLPに遷移させて即時購入を促し、くつろげる夜は長めのLPに遷移させてじっくり検討させるなどの工夫を行うなど、CPAを基にした施策を打つことが重要です。



5-2 ユーザー属性、地域、デバイスを考慮した分析

 

データを分析する際は、ユーザー属性、地域、デバイスを考慮するのが重要です。コンバージョンしたユーザーのデモグラフィック情報は、広告配信ターゲットの参考です。より効率的にコンバージョンを獲得するために、デモグラフィック情報ごとにユーザーをグループ分けしましょう。例えば、スマートフォン経由でのコンバージョンが少なく、PC経由でのコンバージョンが多い場合は、広告予算をPCに振り分けるなどの施策を行うようにします。よりコンバージョンにつながりやすいグループを見つけて、効率的に配信するのがおすすめです。



5-3 Webサイトの分析も同時に行う

 

最後に、Webサイトの分析も同時に行うことがポイントです。広告のクリック率やインプレッション数は、広告クリエイティブや配信ターゲットに左右されます。しかし、一番肝心なコンバージョンは、遷移先のWebサイトの良し悪しで決まります。例えば、広告のクリック率は多いのにコンバージョンが思うように伸びない場合は、遷移先LPのCTAの見直しやファーストビューの刷新などの施策を行いましょう。また、広告クリエイティブと遷移先LPのデザインの統一感なども見直してください。



6.まとめ

 

この記事では、Google広告のコンバージョン設定方法や分析方法をご紹介してきました。Google広告で成果を出すためには、コンバージョン設定を行う必要があります。コンバージョンを設定しておけば、広告配信が機械学習で最適化され、少ない工数で大きな成果を得られることを覚えておきましょう。コンバージョンを計測するためには、遷移先のWebサイトにタグを設置しなければなりません。グローバルサイトタグは全ページに設置する必要があるので、基本的にはGTMを使う方法がおすすめです。この記事でご紹介したコンバージョン測定の分析ポイントを参考に、効果的な広告運用をしてみてください。

 

この記事のURLをコピーする

リスティング広告