インスタ広告に漫画は効果的!高コスパが発揮できる理由と出稿方法をご紹介! - (株)GMSコンサルティング
インスタ広告に漫画は効果的!高コスパが発揮できる理由と出稿方法をご紹介!

インスタ広告に漫画は効果的!高コスパが発揮できる理由と出稿方法をご紹介!

2024.6.13

最近注目をあびている「漫画広告」をご存じですか?

漫画広告は、インスタ広告で成果を上げたいとお考えの方にオススメです。

漫画広告は文字だけの広告に比べて、親しみやすく自然とユーザーの目に留まりやすいので、よりユーザーの印象に残りやすくなります。

今回はインスタ広告でより高い成果を上げたい方のために、インスタで漫画広告を使うメリットや効果を得られる漫画広告の出稿方法、注意点などを解説します。

インスタ 漫画広告とは?

画像引用元:Instagram公式「#広告漫画

「インスタ 漫画広告」とは、漫画を利用した広告手法のことを指します。


全国出版協会・出版科学研究所の調査によると、2023年の日本の漫画市場規模(推定販売金額)は前年比2.5%増の6,937億円で、他の国と比較しても圧倒的な数字を誇る漫画大国です。参考元:「2023年のコミック市場(推定販売金額)、前年比2.5%増の6,937億円:全国出版協会・出版科学研究所の調査


日本人にとって漫画は親しみやすく、広告感が少ないため、ユーザーに受け入れやすい傾向にあります。また、漫画にすることで内容も伝わりやすく、一般的な画像広告と比較して効果が得られやすいと言われています。

漫画広告の種類

インスタグラムに、漫画広告専用の出稿方法はないので、漫画コンテンツに応じて広告手段を最適化する必要があります。広告にはいくつかの種類があるので目的に応じて広告の種類を選択していきましょう。

ここでは、インスタ漫画広告に出稿できる形式にはどのような種類があるのかご紹介していきます。

インスタ 漫画広告の形式には、以下のものがあります。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • ストーリーズ広告
  • カルーセル広告

画像広告

画像広告は、静止画像とテキストを用いた広告で、インスタで最も利用されている広告フォーマットです。ユーザーがフォローしているアカウントの投稿と同じように掲載されるので、ユーザーに違和感なく見てもらうことができ、認知してもらいやすいです。

広告の下にCTAボタンを設置し、「申し込み」や「資料請求」などユーザーへ行動を促すこともできます。

動画広告

動画とテキストで広告を配信できます。タイムライン上の投稿の間に自然と表示されるので、ユーザーの閲覧を邪魔することなく、多くのユーザーにリーチできます。動画広告は表示されると自動再生され、視覚・聴覚の両方から情報を伝えることができるので、画像広告よりも多くの情報を量を伝えることができます。

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告は、他のユーザーのストーリーズ投稿の間に自然と挿入される広告で、フルスクリーンで広告が表示されるので強いインパクトと没入感をユーザーに与えることができます。能動的に情報を求めているユーザーが多く、インスタグラムがおこなった調査によると、3人に1人以上がブランドや商品をストーリーズで見たことで関心が高まったという回答結果がでています。

ストーリーズ広告の詳しい詳細はこちらをご参考ください。

カルーセル広告

カルーセル広告は、複数の写真や動画、テキストをカタログのように表示できる広告です。ブランドストーリーや商品の詳細を多く紹介できるので、ブランディング効果が期待できるといった特徴があります。

カルーセル広告は、複数の画像をスワイプしながら閲覧します。そのため、漫画アプリの閲覧の仕方と似ているので、インスタ漫画広告との相性も良いです。

カルーセル広告の詳しい詳細はこちらをご参考ください。

インスタ 漫画広告のメリット

情報を分かりやすく伝えられる

漫画広告のメリットは、ユーザーが商品を理解しやすいことです。漫画にはストーリー性を持たせることができるので、ユーザーに内容が伝わりやすく、キャラクターを使用することでユーザーの興味を高めることができます。テキストだけでは理解しにくい情報も、イラストや吹き出しなどで解説することで、頭に入りやすくより確実に情報を伝えることが可能になります。

親しみやすく興味関心を引きやすい

漫画は私たちにとって常に身近な存在であるため、親しみやすいです。また、伝えたい内容をイラストや短い吹き出しを使って表現することで、テキストだけの文章と比較して文章を読むというハードルも少なくなり、読者がテンポよく読み進められます。

例えば、下記のように漫画で表現することで、羅列された文字よりも分かりやすく、理解しやすいので、文章だけではスルーされてしまいそうな内容も、読んで貰える可能性が高くなります。

画像引用元:Instagram公式「#広告漫画

また、ユーザーにとって興味がなかった内容でも、漫画化することで、つい読んでしまったというように、興味関心を惹くきっかけにつながる可能性も期待できます。

インパクトがあり記憶に残りやすい

漫画広告は、インパクトのあるビジュアルを使用することで、ユーザーの興味関心を惹き、記憶にも残りやすいです。また、ユーザーに続きを読ませるといった高いアイキャッチ効果が期待できます。パッと見たときに目を引き付けられるような漫画広告を作成することで、ハッシュタグ検索したユーザーの目にとまり、投稿や広告を見て貰える可能性が高くなります。一般的な画像広告とは異なり、漫画広告はイラストや吹き出しを使用するので、他の競合他社との差別化にもつなげることができます。

画像引用元:Instagram公式 漫画家とビオレのタイアップ投稿「@rikaokayama_pro

登場人物(キャラクター)をつかうことで、共感してもらいやすい

読者は、漫画の登場人物と自分を照らし合わせて感情移入することで、商品やサービスに対して疑似的経験をすることができます。例えば、下記の漫画広告は、漫画家とビオレがタイアップしたインスタ漫画広告の事例です。

クレンジングオイルの場合、漫画でそのクレンジングオイルを使うと、どのような効果が得られるのかを表現することで、読者は自分自身を主人公と重ねて商品のイメージをつかみやすくなります。その結果、商品購買意欲が高まり、コンバージョンにつながる確率も高くなります。

また、実在の人物を起用した場合と比較して漫画広告は撮影などの手間を省けるので、比較的手間をかけずに広告作成ができます。

インスタ 漫画広告のデメリット

使い勝手の良さや分かりやすさから、近年急速に漫画広告の利用が広がっていますが、デメリットもあります。インスタ漫画広告には、親しみやすさや面白さをだせるというメリットがある反面、高級感に欠けてしまう可能性があります。例えば、高級感を出したい場合やハイエンドユーザーをターゲットにしたい場合、漫画は少し安っぽい印象を与えてしまう恐れがあるので、ブランドイメージやターゲットに合わないケースがあります。

また、高齢者層をターゲットにしたい場合、漫画に読み慣れていない、吹き出しの文字が小さすぎて読めない、などの問題が発生する場合もあるので注意が必要です。

インスタ漫画広告を検討する際は、自社のブランドイメージやターゲット層が漫画と相性が良いかどうかを考慮しながら検討するようにしましょう。

インスタに漫画広告が効果的な理由

画像引用元:Instagram公式 「@rikaokayama_pro

インスタグラムは、他のSNSと比較しても、画像に力を入れており、キャプションのような投稿文より画像の訴求力が広告の成果をあげるカギとなっています。そのため、画像主体のインスタと漫画の相性が非常に良いです。漫画を用いることで、単一画像を使用した広告よりも意外性や面白さをユーザーに与えることができ、情報の共感を得やすいので、クオリティの高い広告として認知してもらえる傾向にあります。

また、インスタ漫画を活用することで、クリック率の増加や商品・サービスの認知拡大、フォロワー数の増加などが期待できます。

インスタには、4つの種類がありますが、その中でも漫画のようにページをスワイプしながら閲覧できる「カルーセル広告」や全面表示できる「ストーリーズ広告」は漫画との相性が非常に良いです。特に「カルーセル広告」は、画像をスワイプしながらストーリー展開できるので「詳しくはこちら」と自社のウェブサイトに誘導すれば、ユーザーの興味関心を惹きながら、商品・サービスを最大限にアピールできるのでおススメです。このような理由から、インスタに漫画広告は効果的なフォーマットといえます。

インスタ 漫画広告の出稿方法(漫画の作成)

インスタ漫画広告を出稿する方法はいくつかあります。ここでは、そのような方法があるのか、それぞれご紹介してきます。自社で作成するか、委託するかで、出稿の流れが異なるので、理解した上でインスタ漫画広告の出稿を検討しましょう。

画像引用元:Instagram公式「#広告漫画

方法1.自社で漫画を作成する

1つ目の方法は、自社でオリジナルのキャラクターを作成し漫画広告を作成することです。自社で全てを作成することで、著作権などを気にせずに、自由な内容で漫画作成ができます。1から考えるため、細かな部分までこだわりながら漫画の内容を設定できるというメリットがあります。

しかし、社内で漫画作成の経験をもつ人材が少ない場合、漫画のクオリティが低くなってしまう可能性があります。また、仮に漫画作成の経験者がいたとしても、詳細なターゲット設定が必要になってきます。オリジナルで漫画広告を作成する場合、しっかりターゲット設定をして、それに適したキャラクターを作成しましょう。既存のキャラクターと比較して、オリジナルのキャラクターは効果が出にくい場合があります。漫画のストーリー設定やキャラクター設定は、ユーザーが親しみやすいように工夫する必要があります。

インスタ広告では、「カスタムオーディエンス」や「ユーザー属性ターゲッティング」など精度の高いターゲティングが可能なので、それらを上手く活用しながらターゲット設定することが大切です。

方法2.既存キャラクターで漫画を作成

2つ目の方法は既存のキャラクターを使って漫画広告を作成することです。既存のキャラクターは、すでに認知されていることから、注目度も高く、そのキャラクターのファン層への認知拡大スピードが速く、影響力もそのまま商品に使うことができます。親しみが持ちやすいことから、購買意欲も上がりやすいといったメリットがあります。

しかし、既存のキャラクターを使用する場合、「商品化規約」となるため、ライセンス契約などが必要になってきます。

方法3.漫画広告会社へ委託して漫画を作成する

3つ目の方法は、漫画広告制作会社や漫画インフルエンサーへ委託して漫画広告を作成することです。自社で1から作成するよりも、プロに作成してもらうことで、効果の得られやすい漫画広告を出稿できます。また、漫画インフルエンサーへ委託することで、既にその作者の固定ファンがいるので、漫画広告が注目されやすいというメリットがあります。漫画広告制作会社や漫画インフルエンサーに委託することで、一定以上の漫画広告のクオリティが保証され、安心して作成を任せることができます。

方法4.「クラウドソーシングサービス」を利用する方法

4つ目の方法は、「クラウドソーシングサービス」を使って、漫画広告を作成することです。個人やフリーランスとして活躍する漫画と直接やり取りできるので、漫画広告の作成を進めやすいというメリットがあります。「クラウドソーシングサービス」を利用して漫画広告を検討したい方には、業界大手のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の活用をおすすめします。「クラウドワークス」には、経験豊富で漫画作成に特化した漫画家のプロが全国から8000名以上在籍しています。そのため、漫画作成に応募すればたくさんの応募が集まる可能性があり、低予算で漫画を作成したい方には非常にメリットのあるサービスです。

「クラウドワークス」を利用して上手に漫画広告の作成を進めるポイントは、禁止事項や規制をなるべく少なくし、自由度を広げて漫画家に作成してもらうことです。なぜなら依頼した漫画家の良さを出しやすくすることで、ファンが集まりやすくなるからです。

また、依頼する際は、自社の商品やサービスを購入するターゲットの属性に合った作家を選びましょう。依頼する作家のファン層と自社の商品・サービスのイメージは合っているのか事前に把握しておくと良いでしょう。

漫画広告の制作にかかる費用の相場

漫画広告にかかる費用は、依頼先や依頼する漫画の内容や分量、カラーかモノクロかによって費用が異なってきます。実際に漫画広告の作成をした場合、依頼料金がいくらくらいかかるのかは、見積や問い合わせの段階で確認しておくと良いでしょう。依頼先ごとの漫画1ページあたりの依頼料金の目安は以下の通りです。

漫画広告にかかる費用の相場



依頼先

モノクロ(1ページあたり)

カラー(1ページあたり)


漫画制作会社


15,000円~30,000円程度


20,000円~40,000円程度


クラウドソーシング


6,000円~12,000円程度


8,000円~15,000円程度

個人の漫画家

8,000円~15,000円程度

12,000円~20,000円程度

漫画インフルエンサー

50,000円~

要相談

著名な漫画家

数十万円~

要相談

漫画広告の運用にかかる費用相場

漫画広告を外注した場合の漫画広告の運用にかかる費用の相場は、一般的に広告費用の約20%程度の手数料がかかる傾向にあります。例えば、広告費が20万円かかったとした場合、手数料4万円を加算した、24万円を支払うことになります。しかし、広告の種類や制作会社によって料金体系や手数料が異なるので、各社の料金を比較しながら自社に合った広告代理店を検討しましょう。

インスタ 漫画広告出稿の流れ

画像引用元:「インスタグラム公式

インスタには、漫画広告専用の投稿方法はないので、漫画広告を出稿できる形式に応じて、漫画コンテンツを最適化させる必要があります。

インスタ広告の出稿は、とても簡単なので、初心者の方でも簡単にできます。ここでは、インスタに漫画広告を出す流れをご紹介していきます。

1.Facebookとインスタグラムのアカウントをリンクさせる

インスタ広告とFaceBook広告は、同じプラットフォームが使用されているので、FaceBookとインスタのアカウントをリンクさせることで、両方のSNSに広告を掲載することができます。

Facebookのアカウントをお持ちでない方は、先にこちらからFacebookのアカウント作成をおこないましょう。

まずは、インスタグラムのアカウントにログインし、自分のプロフィール画面を開きます。そして、自分のプロフィール画面にある「プロアカウントに切り替える」というボタンをクリックします。

プロアカウントに切り替える設定をおこなう過程で、下記のようにFacebook にリンクできる画面が表示されます。ここで、Facebook にログインし、Facebookとインスタグラムのアカウントをリンクさせましょう。

これでFccebookとインスタアカウントの連携は完了です。また、PC設定する場合、「プロアカウントに切り替える」という項目が表示られていないので、スマートフォンから操作するようにしましょう。

今回は、Meta広告マネージャでインスタグラム広告を作成する方法をご紹介します。

2.インスタを広告の配置として選択する

広告マネージャを開き、広告キャンペーンを作成します。管理画面を開き、画面左上にある「+作成」をクリックする。

作成をクリックしたら、次はキャンペーンの目的を選択します。

インスタグラムを広告配置として使用できる目的を以下の項目から選択します。目的を選択したら「次へ」をクリックします。

広告セットの詳細を入力していきます。そして、「配置」セクションで「手動配置」を選択し「Instagram」を選択します。この設定で、インスタグラムに広告を表示させることができます。

また、「Advantage+配置」を選択すると、広告が最大効果を発揮できるように、インスタグラムを含めたさまざまなMetaのテクノロジーで広告が掲載が表示されます。

参考元:「Meta広告マネージャでInstagram広告を作成する方法

「Instagram」を選択し「次へ」をクリックします。広告のIDやフォーマット、関連リンクの詳細を追加してきます。詳細の入力が完了すると送信前にプレビュー機能で広告を確認することができます。広告が承認されれば、インスタグラムに広告が表示されるようになります。

さらに詳しいFcebook 広告出稿の手順はこちらをご参考ください。

インスタに漫画広告を出す際の注意点

インスタ漫画広告は、広告感が少なく親しみやすいことから、ユーザーの興味関心を高められる有効的な手段ですが、出稿の際にはいくつか注意する点があります。ここでは、インスタ漫画広告を出す際の注意点をご紹介します。

インスタ広告のポリシーに従う

漫画広告を出稿する際は、インスタ広告のポリシーやガイドラインに従って出稿しましょう。過度な表現や規約違反をしていると、アカウントや広告出稿の停止につながる恐れがあるからです。漫画広告を作成する前に、事前に広告ポリシーやガイドラインを確認しておきましょう。

インスタ広告の広告既定の詳しい詳細はこちらでご確認ください。

ターゲットを明確にする

漫画広告を作成する前に、どのようなユーザー層をターゲットにするのか、しっかりペルソナ設定をおこないましょう。ペルソナ設定とは、自社の商品やサービスを提供したいユーザーを決めるターゲット設定のことを指します。1人の架空ユーザー(ペルソナ)を想定し、プロフィールやライフスタイル、趣味、嗜好、価値観や行動パターンなど、かなり詳細に設定していき、その設定したペルソナにもとづいて戦略的にマーケティングを展開していきます。ターゲット設定を明確にすることで、クオリティの高い漫画広告を作成することができます。

画像内のテキストを20%未満に抑える

漫画広告は、文字量が多いとユーザーにとってみにくいコンテンツになってしまい、離脱率が高くなる可能性があります。漫画広告を作成する際は、画像内のテキスト量を抑えて、ユーザーがよみやすいコンテンツになるように意識して作成しましょう。画像内のテキストを20%に抑えることで、パフォーマンスが高くなることから、インスタ広告では、画像内のテキストを20%未満に抑えることを推奨しています。

参考元:「Metaビジネスヘルプセンター


仮に、テキストを詰め込まないと説明できない商材の場合は、その商材が漫画広告に適していない可能性があります。その場合は、動画広告や記事LPなど、別の広告コンテンツを検討することをおすすめします。漫画を作成する前に、その商材が漫画広告に適しているかどうかも見極めて検討しましょう。


また、テキストの文字のサイズにも気をつけましょう。高齢者の方をターゲットにした場合、吹き出しの文字数が小さすぎると、読んで貰えない可能性があります。1画像1コマなど、文字が小さすぎないように工夫する必要があります。

ユーザーが思わず読みたくなるような漫画を作成する

漫画の内容に面白さをだし、ストーリー構成など、ユーザーが思わず興味関心を惹くような魅力的なコンテンツを構成しましょう。漫画広告を作成する上で重要なことは、パッと見た最初の印象でどれだけユーザーの興味を引けるかです。なぜなら、最初の印象でユーザーの興味関心を引けなければ、その漫画広告はスキップされてしまう傾向があるからです。

また、クリック課金制の場合、無駄なコストがかかってしまうかもしれないので、漫画広告を作成する際は、最初の印象で興味関心を引けるように工夫しましょう。

著作権などの権利を確認しておく

漫画に使用するキャラクターが既存のキャラクターの場合、著作権に注意しましょう。漫画広告で使用した既存のキャラクターを別の用途で使用したい場合、追加の利用料がかかる場合があります。トラブルにならないように権利関係は、契約や打ち合わせをする前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

今回はインスタ広告でより高い成果を上げたい方のために、インスタで漫画広告を使うメリットや効果を得られる漫画広告の出稿方法、注意点などをご紹介しました。

漫画広告は、従来の広告と比較して広告感が少ないので、ユーザーに比較的読んでもらいやすい傾向にあります。そのため、インスタ広告に漫画を活用することで、より多くのユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。

商品やサービスの認知度やウェブサイトへの誘導数、売り上げなどをあげたい方は、ぜひインスタ広告に漫画を活用してみてください。

インスタ広告に漫画は効果的!高コスパが発揮できる理由と出稿方法をご紹介!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

【Facebook広告】効果を高めるクリエイティブ作成のコツを徹底解説!

Facebook

【Facebook広告】効果を高めるクリエイティブ作成のコツを徹底解説!

facebook広告 クリエイティブの基本 FaceBook広告におけるクリエイティブには、大きく分けて以下の2つの要素があります。 ...

facebook広告 クリエイティブの基本 Fa...

2024.6.13

Facebookビジネスマネージャへのログイン方法・出来ることを解説

Facebook

Facebookビジネスマネージャへのログイン方法・出来ることを解説

Facebookで自社商品やサービスの広告を配信するために欠かせない「Facebookビジネスマネージャ」ですが、使い方が分からないと言う人も多いはずです。そこで当記事では、Fa...

Facebookで自社商品やサービスの広告を配信するために欠かせない「Face...

2023.1.11

SNS広告の費用に関することを解説 課金方法や費用相場、費用対効果の高め方まで

Facebook

SNS広告の費用に関することを解説 課金方法や費用相場、費用対効果の高め方まで

自社の広告をユーザーの多いSNSに掲載してみたいと思われる担当者は多いでしょう。そこで、今回はSNS広告の費用や課金形態をはじめ、各媒体の費用相場について解説していきます。さ...

自社の広告をユーザーの多いSNSに掲載してみたいと思われる担当者は多いでし...

  • 費用

2022.10.12

Facebook広告運用で成果を出すためのポイントを徹底解説!

Facebook

Facebook広告運用で成果を出すためのポイントを徹底解説!

  Facebook広告はポピュラーなSNS広告なので、広告代理店に依頼せずにインハウスでの運用をお考えの方もいるかもしれません。しかし、Facebook広告ならではの...

  Facebook広告はポピュラーなSNS広告なので、広告代理店に...

  • Facebook
  • 代理店
  • 運用

2023.1.6

<strong>インスタグラムの タイムラインを時系列で表示させる方法</strong>

Facebook

インスタグラムの タイムラインを時系列で表示させる方法

インスタグラムのタイムラインを見ているとき、フォローしていないはずのアカウントによる投稿が表示され、なぜだろうと思ったことはありませんか。 利用者が増え続けているインスタグラムで...

インスタグラムのタイムラインを見ているとき、フォローしていないはずのアカウント...

2023.10.1

お役立ち資料はこちら