【初心者向け図解解説】アフィリエイトの仕組みから始め方まで徹底解説 - (株)GMSコンサルティング

【初心者向け図解解説】アフィリエイトの仕組みから始め方まで徹底解説

2022.3.7

お小遣い稼ぎや副業としてアフィリエイトを始めたいけれど、どのような仕組みで報酬を得られるのか、何から始めたら良いか分からないという方は多いでしょう。こちらの記事では、アフェリエイトの仕組みや手順を分かりやすくご紹介します。

 

 

1.アフィリエイトとは

 

アフィリエイトとは、成果報酬型広告とも呼ばれるインターネット広告手法の1つです。

企業がアフィリエイトを利用して商品やサービスを拡販したい場合は、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(以下、ASP)にアフィリエイト用の広告を登録し、サイトやブログなどのメディア運営者が広告を掲載します。

 

企業にとっては無駄な広告費を抑えて効率的に広告でき、メディア運営者にとっては売上の一部を報酬として得られる仕組みです。近年では、お小遣い稼ぎやアルバイト感覚で主婦や学生など多くの人がメディア運営者として登録しています。

 

 

2.アフィリエイト報酬の仕組み

 

アフィリエイトは、以下の4者で構成されています。

 

メディア運営者にアフィリエイトの報酬が支払われる仕組みは以下のとおりです。

 

 

①企業は自社が販売している商品やサービスの広告をASPに登録する

②メディア運営者は広告をASPから選んで自社サイトやブログに掲載する

③メディア運営者のサイトやブログからユーザーが商品やサービスを購入する

④ユーザーの購入情報をASPが反映して成果に応じ報酬を支払う

 

アフィリエイトでは、ユーザーがクリックすれば成功報酬になるもの、広告の商品・サービスを購入またはユーザーが申し込みをした場合に成功報酬になるものなど、報酬の種類にも種類があります。

早速、アフィリエイト広告の種類についてチェックしてみましょう。

 

 

2-1 インプレッション型

 

インプレッション型とは、メディア運営者のサイトやブログへ表示された回数に応じて報酬が支払われる仕組みです。サイトやブログに掲載した広告をユーザーが見るだけで報酬が発生します。一般的に1表示回数あたりの報酬は0.01円〜0.1円の相場となっており、クリック型や成功報酬型に比べて単価が低いのが特徴です。例えば、単価が0.1円の場合は、1,000回表示されて100円の報酬になります。

 

 

2-2 クリック型

 

クリック型とは、メディア運営者のサイトやブログに掲載した広告をユーザーがクリックしたら報酬が支払われる仕組みです。商品やサービスを売る必要はありません。1クリックあたりで報酬額が決められていますが、報酬は一律ではなく広告によって異なります。

 

 

2-3 成果報酬型

 

成果報酬型とは、メディア運営者のサイトやブログに掲載した広告を通して、ユーザーが商品・サービスを購入または会員登録や申し込みなどをした場合に報酬が支払われる仕組みです。インプレッション型・クリック型に比べて難易度は高くなりますが、単価が高いというメリットがあります。ただし、何回表示されても、何回クリックされても、購入や申し込みに繋がらなければ、報酬は支払われません。

 

 

3.アフィリエイトで報酬を得るまでの流れ

 

メディア運営者がアフィリエイトで報酬を得るには、ASPから広告を選んで自身のサイトやブログに掲載する必要があります。こちらでは、実際にASPに登録してから報酬を得るまでの流れについて解説します。

 

 

3-1 ASPの登録

メディア運営者がサイトやブログに広告を掲載するためには、ASPに登録する必要があります。一般的なASPでは初期費用が掛かることがないので、ある程度アフィリエイトに慣れてきたら、複数のASPで登録を行い、条件によって使い分けるのがおすすめです。ASPの登録には、サイトやブログの準備はもちろんのこと、報酬の振込先である銀行口座も必要なので、ASP登録の前に準備しておきましょう。

 

 

3-2 ライティング

 

サイトやブログを準備してASPの登録が済んだら、記事を書いてアフィリエイト広告を貼ります。様々なジャンルでアフィリエイトを行うことが可能です。自分の好きなジャンルや興味のあるジャンルだと記事が書きやすく深堀りしやすいので、ユーザーにも伝わりやすく、商品やサービスに興味を持ってもらえます。

 

 

3-3 配信

 

サイトやブログに掲載したアフィリエイト広告がクリックされて、注文(商品購入・ユーザー登録・申込など)が発生すると、ASPの管理画面に反映されます。

 

 

3-4 売上

 

発生した注文を広告主が確認して承認すると、ASPを通して注文の報酬がメディア運営者の銀行口座に振り込まれます。ASPのルールによって振込のタイミングや手数料の取り扱いが違うので注意が必要です。

 

 

4.アフィリエイトの始め方

 

アフィリエイト報酬の仕組みや報酬の流れが分かったら、アフィリエイトの始め方をチェックしましょう。アフィリエイトに必要なサイトの作り方をはじめ、ASPの登録方法や広告の選び方、記事の書き方など具体的な方法についてご紹介します。

 

 

4-1 サイトを作る

 

ASPに登録するには、紹介記事を書いてアフィリエイト広告を貼るためのサイトやブログが必要です。サイトやブログの登録は無料でも行えます。ただし、無料ブログの中にはアフィリエイトに関して制限されているものもあるので注意しましょう。アフィリエイト初心者で、まずは記事を書きたい、記事を書く練習をしたいという人は無料ブログから初めてみるのがおすすめです。

 

本格的にアフィリエイトを頑張りたいという人は独自ドメインでサイトを開設することをおすすめします。ホームページを作るときは、以下のような準備が必要です。

 

 

ホームページは製作ツールを使わない場合、プログラミング言語が必要になります。初心者には難しいので、Webブラウザ上でテキストの入力や画像をアップロードするだけでWebサイトの構築や更新ができるWordPressのようなCMS(コンテンツ管理システム)を利用してサイトを制作するのがおすすめです。

 

 

4-2 ASPに登録

 

メディア運営者が、サイトやブログに広告を掲載するためには、ASPに登録する必要があります。ASPの種類は非常に多いので、使いやすさやサイトやブログに合ったASPに登録しなければなりません。何を基準にASPを選ぶのかは人それぞれですが、初心者のうちは以下のような点を基準に選んでみましょう。一般的なASPには初期費用はかかりません。サイト運営に慣れてきて、アフィリエイトの発生報酬金額が一定基準値以上になると担当者がつくASPもあります。

 

・運営会社の規模が大きい大手ASP

・案件の数や種類が多い

・成功報酬単価が高い

・管理画面が使いやすい

 

多くの人が登録している大手のASPは以下のとおりです。規模の大きさ、得意とするジャンル、振込手数料の取り扱いなどがASPによって異なるので、サイトやブログに合ったものを選びましょう。複数のASPに登録して、徐々に自分のサイトやブログに合ったものを絞っていくのもおすすめです。

 

 

 

4-3 商材を決める

 

ASPに登録したら、どのような商材を紹介して情報発信をするのかを決めることが大切です。あいまいな情報発信は、ファンが付きにくく、アクセス数が伸びません。商材を決めるときは、自分が紹介するのに得意な分野や興味がある分野が良いでしょう。また、実際に使ってみたことのある商品を選ぶのもおすすめです。

 

まずは、得意な分野や興味がある分野の検索上位ページに掲載されている商材をチェックしてみましょう。上位に掲載されているということは、商品が優れている、売れやすい、報酬が高いなどの理由があるはずです。商品やサービスの魅力を伝えるのはもちろんのこと、競合サイトとの差別化を図り、オリジナリティあふれる紹介記事にすると報酬に繋がります。

 

アフィリエイトで商材選びをするときに似たような商品があれば、1件あたりの報酬が高い案件を選択するのがおすすめです。例えば、同じ3万円の報酬を得るにしても、3万円の商品を1つ紹介するのと、3,000円の商品を10個紹介するのでは手間が各段に違います。商材選びの際は、単価にも注目してみましょう。

 

無料会員登録など、成功条件のハードルが低い案件や確定率が高い商材、知名度や口コミの高い商材を選ぶと報酬に繋がりやすい傾向があります。また、話題になっている旬な商品や知名度のある商材は認知度が高く、紹介記事も書きやすいのでおすすめです。

 

 

4-4 記事を書く

 

紹介記事を書くときは、ターゲットを明確にしておくことが大切です。ターゲットが広いと集客数を増やすことはできますが、競合記事が多くて収益には結び付きません。ターゲットを絞ることで、紹介内容に興味がある濃いユーザーを掴むことができます。

 

また、ユーザーは何かしらの悩みを持って検索しているので、ユーザーの悩みを解決できるか、ユーザーが理解しやすい内容になっているか、ユーザーが知りたい情報が網羅されているかなどをチェックしながら文章を仕上げていきましょう。

 

 

5.稼ぐためには閲覧数を増やすのがコツ

 

紹介記事を書くのに慣れてきたら、報酬に繋げるために閲覧数を増やすことが必要になってきます。こちらでは、閲覧数を増やす3つのコツについてご紹介します。

 

 

5-1 SEOで上げる

 

自分の記事がサービスや商品に関わるキーワードの検索結果で24ページ目以降に表示されているようでは、なかなかユーザーの目に留まりません。検索で情報を探しているユーザーが自分のサイトやブログに訪問できるように、ユーザーのアクセス数を増やす必要があります。アクセス数を増やすにはSEOを意識しましょう。SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、検索エンジンを使ったマーケティング戦略のひとつです。検索エンジンに理解されやすいように最適化することを意味します。

 

初心者でもできるSEO対策は、ターゲットに合ったキーワードを設定し、キーワードを基にユーザーの悩みを解決へと導く記事にすることです。また、自分のサイトやブログを検索エンジンが評価しやすいような構造にしたり、スマートフォンで表示したときに見やすいデザインにするなども大切なSEO対策になります。

 

 

5-2 SNSから流入させる

 

現在、TwitterやInstagramなどのSNSを利用している多くのユーザーがいます。SNSで商品の紹介を行い、サイトやブログへの流入を促すことができればアクセス数は増加します。SNSは集客・拡散力に優れており、無料で簡単に始められるので利用しない手はありません。

 

SNSにおける集客のコツは、ハッシュタグを活用して検索に引っかかるように工夫することです。検索エンジンでなかなか上位に食い込めないサイトやブログでも、SNSで集客できればユーザーに商品・サービスの魅力を伝えることができます。

 

 

5-3 広告を回す

 

リスティング広告や、ディスプレイ広告を出稿することで、ページの閲覧数を増やすことは可能です。ただし、閲覧数が増えているのに成果が上がらない場合は、内容を変更する必要があります。例えば、広告と自社サイトで全く違うことを言っている、自社サイト内で上手に説明できていない、サイト内で上手くCTAまで誘導できないなどは、ユーザーが離脱する原因となります。広告・自社サイト・CTAの導線で、ユーザーと上手くコミュニケーションを取ることが離脱させない秘訣です。問題点を把握して改善できれば、報酬アップが見込めるでしょう。

 

 

6.稼ぐには商品選びも大切

 

得意な分野や興味がある分野で良い記事が書けても、紹介した商品やサービスが必ず報酬に繋がるとは限りません。記事を書くとき

は、報酬に繋がる商品選びをすることが大切です。どのような点に気をつければ良いのか、3つのポイントをご紹介します。

 

 

6-1 商品力

 

同じ商品が2種類あって金額があまり変わらない場合、ユーザーは内容に魅力のあるものや安心できるものを選びます。独自の有効成分がある、特許を使用した技術で作られている、安全性が高いなどは商品の魅力になり得るでしょう。

 

記事を書く際に商品選びで迷ったときは、公式サイトの情報やユーザーがクリックして初めに到着するLP(ランディングページ)から商品を分析し、記事で紹介しやすいか、どれが魅力的であるかを判断しましょう。「お試し価格」の設定や「全額返金保証付き」などの購入メリットもユーザーの安心材料になります。また、競合商品にはない独自の強みがある商品は紹介しやすいのでおすすめです。

 

 

6-2 収益性

 

収益性とは、成果報酬単価×成約率です。成約率が高くなればなるほど収益性は上がります。どちらも高いのが理想ですが、成果報酬単価が高ければ成功率が低くても収益は見込めるでしょう。稼げるジャンルの商品は、広告主同士がライバルに負けないよう切磋琢磨しているので、成果報酬単価が高くなる傾向があります。成果報酬単価が高い商品に狙いを定めて、商品やサービスを紹介するのもおすすめです。

 

 

6-3 認知度が高い商品

 

認知度が高い商品と低い商品では、高い商品の方が売れやすい傾向があります。商品選びの際は、テレビや雑誌でよく見かける話題のもの、口コミが良いもの、SNSでバズっているものなど認知度の高い商品を選びましょう。チャンスを逃さないためにも、日頃からTVやSNSに目を向け、アンテナを張ることも大切です。

 

 

7.SEO記事とアフィリエイト記事の違いとは?

 

報酬を上げるためにはサイトやブログへの集客が必要です。SEO対策やアフィリエイトの基本や違いについてチェックしてみましょう。

 

7-1 SEO記事の特徴

 

検索サイトの上位に表示され、ユーザーの目に留まるにはSEO対策を施した記事を書くことが大切です。上位表示されるための方法として、Googleが公表しているガイドラインの中から重要度が高い基準を4つご紹介します。

 

①ユーザーに有益な質の高いコンテンツ

検索エンジンの多くは広告費を収入源としているため、品質の高い記事を掲載してユーザー満足度の高い検索エンジンを目指しています。上位表示サイトになろうとするなら、ユーザーにとって必要な情報である「顕在ニーズ」が含まれていることは必須です。さらに、ユーザーが自分でもまだ気づけていない「潜在的ニーズ」も盛り込まれているかが上位に表示されるカギとなります。

 

②検索クエリの意図を把握する

検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンに打ち込むときに実際に使用した単語や単語の組み合わせです。例えば「幼児教室 英語 東京」という検索クエリであれば、東京で英語を教える幼児教室を探しているということが予測できます。「幼児教室 英語 東京」をテーマにした記事の内容を想像してみましょう。

次に実際に検索エンジンに「幼児教室 英語 東京」と入力し、どのような記事が上位に表示されたかを確認して答え合わせをします。想像した内容と実際の上位記事に大きな違いがなければ、検索クエリの意図が把握できていることになります。

 

③専門性の高いコンテンツづくり

自分が他人のサイトやブログを訪問するときでも、ふわっとした当たり障りのない情報がたくさん並べられているよりも、専門性が高いサイトの方が信頼できると感じるでしょう。「〇〇を調べるならこのサイト」とユーザーに信頼されるような専門性の高いコンテンツを目指すのがおすすめです。

 

④ユーザビリティを考慮したサイトの構築

ユーザビリティとは、サイトやブログの使いやすさを意味します。ユーザーが簡単に操作でき、迷わずに目的の情報にたどり着くことができるユーザビリティを目指さなければなりません。テキストは読みやすいか、フォントサイズはちょうど良いか、スマホやタブレットでもストレスなく読めるかなどが大切なポイントになります。

 

 

7-2 アフィリエイト記事の特徴(広告)

 

ユーザーは検索エンジンからサイトやブログに訪れます。商品やサービスを知らない人が、記事を読んで有益な情報を得ても、広告をクリックしたときに記事の内容とあまりにかけ離れた商品を提示されることで、ユーザーの気持ちは萎えてしまいます。記事の内容と広告の内容は親和性が大切です。記事を読んだユーザーが、広告主の商品やサービスを試してみたくなるような記事を目指しましょう。

 

 

7-3 アフィリエイト記事の特徴(SNS)

 

SNSで集客し、サイトやブログへ流入を促すアフィリエイト記事でも、記事の品質は大切です。SNSでたまたまサイトを訪れたユーザーが記事を読むことによってサイトのファンになることもあります。SNSのフォロワー数よりも、「また気になるときは訪れたい」「この情報ならこのサイト」と思わせるような専門性の高さが重要です。

 

 

7-4 セールスライティングのコツ

 

商品やサービスを売るためには文章テクニックが必要になります。そのテクニックの1つが「新・PASONA(パソナ)の法則」です。新・PASONA(パソナ)の法則とは、以下で構成され、それぞれの頭文字を取って「PASONA」といわれています。

 

・潜在的な問題や悩みを明確化(Problem)

・悩みに共感したり事例を挙げる(Affinity)

・悩みに対する解決方法を提示(Solution)

・商品やサービスの導入を提案(Offer)

・期間や対象を絞り込む(Narrow down)

・いますぐ行動を呼びかける(Action)

 

簡単な例文で文章を構成してみましょう。

 

P:運動しないといけないと分かっていてもなかなか行動できませんよね

A:わざわざジムに行くのはなんだか億劫で会費が高いのも気になります

S:自宅で受講できるオンラインレッスンなら人の目を気にせずにいつでも運動ができます

O:24時間いつでもどこからでも低価格で受講可能なオンラインレッスンは魅力的

N:今なら1ヶ月無料レッスン中

A:今すぐ試して運動習慣を手に入れましょう

 

新・PASONA(パソナ)の法則の特徴は、冒頭部分で読者の悩みや問題を明確にし、ユーザー自身が気づけていなかった潜在的な問題にアプローチできます。最終的に具体的な解決策を提示することで、商品やサービスへ繋げることができるでしょう。

 

ライティングのコツとして「BEAFの法則」も有名です。ユーザーの購買意欲を高めるために先回りして情報を伝えるテクニックです。BEAFの法則は以下で構成され、それぞれの頭文字を取って「BEAF」と呼ばれています。

 

・購入メリット(Benefit)

商品の利用シーンや写真を掲載することで、ユーザーが購入したときのメリットを想像できる

 

・論拠(Evidence)

マスコミ実績、商品ランキング、お客様の声など具体的な根拠を示す

 

・競合優位性(Advantage)

品質や価格、利便性など他社の類似品と比較して優れている点を事実に基づきアピールする

 

・さまざまな特徴(Feature)

色・サイズ・素材など詳細な情報を提示する

 

商品やサービスを適切な順番や構成で紹介していくことで、ユーザーにとって記事が分かりやすくなり、購買意欲を掻き立てることができます。商品紹介の際はライティングのコツを活用してみましょう。

 

 

7-5 SEOライティングのコツ

 

SEO記事の特徴でもご紹介したとおり、上位表示されるためにはSEO対策に必要な4つの基準を意識しながら記事を書くのがおすすめです。「検索クエリ」の意図を把握しながら、「ユーザーに有益な質の高いコンテンツ」を目指し、「専門性」を高めていきましょう。また、初めて訪れたユーザーにも分かりやすい 「ユーザビリティを考慮したサイト」の構築が大切です。

 

 

8.アフィリエイト収入が年間20万以上の場合は確定申告が必要

 

アフィリエイト収入は収入額によって、課税対象になる場合があります。確定申告が必要かどうかを確認し、該当する場合は、適切に申告することが必要です。

 

 

8-1 確定申告が必要な金額

 

確定申告が必要な金額は会社員の場合とそれ以外の場合に分けられます。会社員(給与所得者)で、アフィリエイトなどによる副業の所得金額が年間20万円以上の場合は確定申告が必要です。専業主婦や学生などの場合は、各種所得の合計が38万円を超えると確定申告が必要になります。会社勤務、アルバイト、派遣などで給与所得を得ている場合は、給与所得とアフィリエイトなどの所得の合計が38万円以上になると確定申告が必要です。

 

 

8-2 個人事業主向け確定申告のオススメサイト

 

個人事業主が確定申告をするのにおすすめのサイトをご紹介します。

 

 

9.まとめ

 

アフィリエイトの仕組みや報酬の流れ、記事の書き方や商品選びのコツについて解説しました。アフィリエイトを行うなら、検索エンジンの上位に表示されること、ユーザビリティを考慮した分かりやすいサイトを目指すことが大切です。報酬がアップするためのさまざまなコツや細かなポイントについてもご紹介したので、ぜひ参考にしてください。

この記事のURLをコピーする

その他