【2022年最新】リスティング広告の文字数と作成時のポイントを徹底解説! - (株)GMSコンサルティング

【2022年最新】リスティング広告の文字数と作成時のポイントを徹底解説!

2022.6.22

リスティング広告には、さまざまな入稿規定があるため、運用を始める前に知識を持っておくことが重要です。また、広告文の作成には、広告にまつわる法律や業界のルールも知らなければなりません。この記事では、リスティング広告で利用できる文字数と作成時のポイントを徹底解説します。これからリスティング広告の実務に関わる方は必読です。

リスティング広告には、さまざまな入稿規定があるため、運用を始める前に知識を持っておくことが重要です。また、広告文の作成には、広告にまつわる法律や業界のルールも知らなければなりません。この記事では、リスティング広告で利用できる文字数と作成時のポイントを徹底解説します。これからリスティング広告の実務に関わる方は必読です。



1.そもそもリスティング広告とは?

 

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンで特定の検索をしたユーザーに対して、その検索内容に関連する広告を表示する広告手法です。「検索連動型広告」とも呼ばれており、広告出稿者は任意のキーワードに対して出稿し、各出稿キーワードでオークションが行われた後に広告が表示されます。リスティング広告においては、出稿する語句を「検索キーワード」、ユーザーが実際に検索する語句を「検索クエリ」と使い分けるのが一般的です。

 

リスティング広告をもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

リスティング広告って何?リスティング(基本)の教科書



2.Google広告の文字数

 

リスティング広告で表示させる広告テキストの文字数は、各媒体で制限があります。まずはGoogle広告の文字数をご紹介します。



2-1 テキスト広告

 

テキスト広告とは、Googleの検索結果の上部、または下部に表示される広告で、「広告見出し」「表示URL」「説明文」の3つの要素で構成されています。「広告見出し」は、テキスト広告で最も目立つ部分で、自然検索結果のように青文字で表示されます。広告見出しは3つ設定でき、文字数はそれぞれ半角30文字(全角15文字)までです。「表示URL」は、広告見出しの下に表示される緑色のURLです。広告テキストをクリックすると、どのようなサイトへ遷移するかをユーザーに知らせることが目的で、遷移先ページの「ドメイン」と「パス」で構成されます。パステキストはディレクトリの位置に表示され、表示URLの文字列と一致しないものも入稿できるのが特徴です。「説明文」は、ディスクリプションとしての役割を持つ部分で、文字数は半角90文字(全角45文字)までです。

 

参照:テキスト広告について – Google 広告 ヘルプ

 

なお、Googleは、テキスト広告からレスポンシブ検索広告への移行を推奨しています。



2-2 レスポンシブ検索広告

 

レスポンシブ検索広告は、広告作成時に複数の見出しと説明文を登録しておくと、さまざまな組み合わせが自動でテストされた後、最適な組み合わせで配信されるリスティング広告です。広告コンテンツとユーザーが使用する検索クエリの関連性が高まるよう調整されるため、効率的な配信が期待できます。登録できる広告見出しは最大15個で、文字数は半角30文字(全角15文字)までです。説明文は最大4個設定でき、文字数は半角90文字(全角45文字)までとなっています。パスについても、テキスト広告と同様の規定です。

 

参照:レスポンシブ検索広告について – Google 広告 ヘルプ

 

 

2-3 広告表示オプション

 

広告表示オプションは、リスティング広告に「広告見出し」と「説明文」以外に設定できる追加情報です。広告表示オプションにはさまざまな項目が用意されており、それぞれに文字数が定められています。各オプションの詳細や文字数は次の表の通りです。

 

参照:Select extensions to use – Google Ads Help



3.Yahoo広告の文字数

 

続いては、Yahoo!のリスティング広告における文字数をご紹介します。



3-1 拡大テキスト広告

 

Yahoo!の拡大テキスト広告の入稿項目は8種類あり、それぞれに文字数の規定があります。各項目の文字数は次の表の通りです。

 

参照:拡大テキスト広告 – ヘルプ – Yahoo!広告

 

拡大テキスト広告は、検索結果画面で多くの情報を伝えられるのが特徴なので、訴求テキストはなるべく文字数制限いっぱいになるよう登録しましょう。



3-2 レスポンシブ検索広告

 

Yahoo!のレスポンシブ検索広告も、登録した見出しや説明文を自動で組み合わせて配信してくれます。文字数などの規定はGoogleよりも細かく決まっており、次の表の通りです。

 

参照:レスポンシブ検索広告 – ヘルプ – Yahoo!広告



3-3 広告表示オプション

 

Yahoo!広告の広告表示オプションは、ユーザーのクリックを促すために「見出し」や「説明文」以外に設置できる項目です。Yahoo!の広告表示オプションは、Googleよりも項目が限られています。

 

参照:入稿規定:もくじ – ヘルプ – Yahoo!広告



4.広告文の表記ルールについ

 

広告文の表記には、いくつかのルールがあります。広告媒体側の規約のみならず、法律で定められている注意点も多くあるので、広告文を作成する際は、事前に表記ルールを熟知していなければなりません。ここからは、具体的な事例を用いながら、広告文の表記ルールを解説します。



4-1 医療・薬事系の広告掲載ルール

 

医療関係や薬事関係の広告文は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(通称:薬機法)」を遵守して作らなければなりません。人間の健康や生死に直接かかわるジャンルなので、正確な情報を記載することはもちろん、ユーザーに誤解を与える表現になっていないか注意してください。例えば、必ず効果が出るといった表現や、健康食品にもかかわらず医薬品であると誤解させる表現などになっていないかなど、広告配信前に社内で必ず確認しましょう。医療関係・薬事関係の注意点は、厚生労働省からガイドライン*が出ているので、扱う商材が薬事法に関係する場合は確認しておきましょう。

 

*医薬品等の広告規制について |厚生労働省



4-2 誇張表現の広告掲載ルール

 

広告が誇大表現になっていないかも要注意です。宣伝したい思いが前面に出すぎて、大げさに表現したり、メリットを誇張して表現する広告は、「不当景品類及び不当表示防止法(通称:景品表示法、景表法)」によって禁止されています。特に、実際よりも良く見せようとする「優良誤認」、セール品ではないのに「セール中」と記載する「有利誤認」などには気をつけてください。また「業界ナンバーワン」「日本初」などの最大級表現を使う場合は、論理的な根拠が必要なことも覚えておきましょう。誇張表現の注意点は、消費者庁からガイドライン*が出ているので、広告担当者は定期的に確認するのがおすすめです。

 

*景品表示法関係ガイドライン等 | 消費者庁



4-3 記号の使用にも一部制約があり

 

広告媒体側の規約として、記号の使用にも注意が必要です。「♪〆※〒⇒⇔→←↑↓{}_\」のように、リスティング広告では使えない記号もありますので、これらの記号は使わないようにしましょう。また、使用できる記号も本来の使い方から逸脱している場合は、審査落ちする可能性が高いです。例えば、「!」や「?」を連続して使用したり、「@」を本来の意味である「at(@homeのような使い方)」以外で使う場合は、許可されない可能性もあります。リスティング広告で記号を使う場合は、必要最小限に止めておきましょう。



5.広告作成時のポイント

 

成果を上げるリスティング広告文を作成するには、いくつかのテクニックが必要です。ここからは、リスティング広告作成時のポイントを解説します。



5-1 見出し3と説明文2は表示されない場合がある

 

リスティング広告は、PCやスマートフォンなどのさまざまなデバイス上で表示されるのが特徴です。そのため、画面が小さいデバイスでは、見出し3と説明文2は表示されない場合があります。最も訴求したい内容やユーザーにとってのベネフィットポイント、検索キーワードなどは、見出し1や説明文1に登録しましょう。また、広告文が全文表示されたとしても、ユーザーは左から右に向かってテキストを読み進めます。冒頭にある内容ほど目に留まりやすく、クリック率(CTR)を向上させる効果も期待できるので、大切なことはなるべく前半に記載するように意識してください。



5-2 検索キーワードを入れた文章にする

 

登録するテキストは、検索キーワードを入れた文章にすることもポイントです。広告テキストに検索キーワードが入っていると、ユーザーが探している情報が遷移先サイトにあると伝わりやすくなるため、CTRが向上する傾向にあります。CTRが上がれば広告の品質スコアが高まり、掲載順位やクリック単価の改善にもつながるので、検索キーワードは必ず含めるようにしましょう。



5-3 行動訴求をする表現

 

広告文には、具体的な行動を促す表現を入れるようにしましょう。商材の特徴のみを記載した広告文では、ユーザーがクリックする可能性は低いです。なぜなら、いくらその商材が良いものであることが分かっても、その商材を手に入れるためにはどうしたら良いのかが、ユーザーに伝わっていないからです。そのため、直接的に行動を促すために、「詳しくはこちら」「予約はこちら」「電話はここから」などのセリフを入れるのが重要です。また、「いつかは買いたいけど、今はいいや」と考えるユーザーもいます。そのようなユーザーにアクションをさせるためには、「期間限定」「〇月〇日までの特典」など、今すぐ行動しなければならない理由を記載しておくテクニックが有効です。



5-4 改善を繰り返す

 

リスティング広告の運用を開始したら、絶えず改善を繰り返しましょう。広告は出稿して終わりではなく、実際の配信結果を確認し、チューニングする作業が非常に重要です。例えば、CTRが悪い広告文を見直す、実際に検索されたクエリと登録キーワードの差異を埋める、コンバージョン率は良いのに表示回数が少ない広告にテコ入れするなど、成果を上げるための作業はたくさんあります。PDCAを回すことで広告の精度が高まるので、常にデータを確認して改善行動を取るようにしましょう。広告文によっては、配信時間帯によってCTRやコンバージョン率が異なるものもあります。そのようなデータから、具体的なユーザー行動を想像し、配信時間を調整したり遷移先ランディングページ内の訴求ポイントを改善する方法もおすすめです。



6.まとめ

 

この記事では、リスティング広告の文字数と作成時のポイントを解説しました。Google広告とYahoo!広告それぞれで文字数や入稿規定に差があるので、入稿作業時はこの記事でご紹介した表を参考にしてみてください。

 

広告文を作成する際は、各媒体の規約を守るとともに、薬機法や景表法を遵守する必要があります。広告文は配信する前に、コンプライアンスを遵守しているか確認しましょう。ルールを守った上でユーザーに訴求できるのが優れた広告です。大事なことを冒頭に記載したり、具体的な行動を促す表現を使用して、効果の出るリスティング広告文を作成しましょう。

この記事のURLをコピーする

リスティング広告