【カンタン解説】Google広告とアナリティクス連携する方法 | 連携するメリットや活用方法まで解説! - (株)GMSコンサルティング

【カンタン解説】Google広告とアナリティクス連携する方法 | 連携するメリットや活用方法まで解説!

2022.5.23

Google広告の効果を最大化させるためにおすすめしたいのが、Google広告とGoogleアナリティクス連携です。連携させることによって、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。また、連携方法、注意点、活用方法なども合わせてご紹介するので、Google広告だけでは得られなかったデータが確認できるようになるでしょう。

 

 

1.Googleアナリティクスとは

 

Googleアナリティクスとは、Googleが無料提供しているアクセス解析ツールです。登録したWebサイトのユーザー行動を、ユーザーの属性や訪問ページ、成果の達成率、広告効果や反響調査など、さまざまな視点から分析できます。Googleアナリティクスを使うことで、集計データを参考に広告戦略を立てられるようになるので、多くの企業が導入しています。しかし、正式なマニュアルがないので、初心者が使いこなすためには事前の情報収集が必要です。

 

 

2.GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携するメリット

 

連携させることで、Google広告だけではできなかったことが可能です。こちらでは、連携することで得られる3つのメリットを詳しく解説します。

 

 

2-1 Googleアナリティクスから広告のデータを確認できる

 

2つのツールを連携するメリットは、Googleアナリティクス側で、Google広告データの確認が可能になることです。連携によって、Googleアナリティクスの「集客」から「Google広告」のセクションに、「広告のクリック数」「費用」「コンバージョン数(CV数)」などの広告のデータが表示されるようです。両方のツールを起動させることなく、広告の配信状況が効率的に確認できる点がメリットです。

 

Google広告単体の場合、広告のクリック数、インプレッション数、CV数を確認できます。しかし、「広告から集客したユーザーの直帰率」や、「1セッション(訪問)あたりのページビュー」などの数値は、Googleアナリティクスと連携しないと見れません。

 

 

2-1-1 Google広告からGoogleアナリティクスのデータを確認できる

 

Googleアナリティクス側からだけではなく、Google広告側からも、Googleアナリティクスのデータは確認できます。Google広告の管理画面で、「直帰率」「平均セッション時間」「新規セッションの割合」などの数値が表示可能です。連携しない場合は、「ユーザーがランディングページ(LP)にたどり着くまでの情報」しか得られません。連携することで、その後の行動を確認できる点がメリットと言えるでしょう。

 

 

2-2 Googleアナリティクスのデータを広告のリマーケティング用のユーザーリストに活用できる

 

Googleアナリティクスで取得したデータを基に、自社サイトを利用したことがあるユーザーに広告を配信して、再訪問を促すための「リマーケティン

グ用のユーザーリスト」を作成できます。Googleアナリティクスで取得したデータで、「訪問ページURL」「流入元」「年齢・性別」「デバイス」など、細かく絞り込んだユーザーリストを作成し、広告配信に活用できるようです。

 

 

2-3 スマート自動入札の精度を上げる

 

Google広告には、広告のトラッキングデータ(ユーザー行動データ)を使用し、オークションごとに広告掲載を最適化する、「スマート自動入札」と呼ばれる機能があります。スマート自動入札は、収益性の高いクリックを多く獲得できるように、自動で調整されます。GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携させると、Googleアナリティクスのデータを活用して入札単価の最適化を行う仕組みです。スマート入札が最適化されて精度が上がることによって、結果的に広告の運用パフォーマンス向上に繋がります。

 

 

3.Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法

 

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を、4つの手順で分かりやすく解説します。

 

 

3-1 Googleの広告の権限を確認

 

まずは、Google広告の権限を確認します。手順は以下のとおりです。

 

1.Google広告を立ち上げて「ツールと設定」をクリックする

2.「ツールと設定」から「アクセスとセキュリティ」をクリックする

3.Google広告アカウントが管理者権限以上であることを確認する

 

 

3-2 Googleアナリティクスの権限を確認

 

次に、Googleアナリティクスのアカウント権限を確認します。手順は以下のとおりです。

 

1.Googleアナリティクスを立ち上げて、左下にある「設定」をクリックする

2.「設定」から「プロパティユーザーの管理」をクリックする

3.Googleアナリティクスの権限を確認する

 

自分で「Google広告アカウント」と「Googleアナリティクス」を開設した場合は、初めから権限が与えられています。しかし、社内でアカウントを割り当てられた場合は、権限が付与されていない可能性があるので、注意が必要です。もし、権限が付与されていない場合は、権限があるユーザーに権限を付与してもらわなければなりません。

 

 

3-3 Google広告の設定

 

Google広告とGoogleアナリティクスのどちらにも権限があることを確認したら、Google広告の設定を以下の手順で行います。

 

1.Google広告の設定画面から「リンクアカウント」をクリックする

2.Googleアナリティクスの「詳細」をクリックする

3.共有をオンにする

 

 

3-4 Googleアナリティクスの設定

 

最後に、Googleアナリティクス側の設定を行います。手順は以下のとおりです。

 

1.Googleアナリティクスの左下にある「設定」をクリックする

  1. 「設定」から「Google広告とのリンク」をクリックする

3.リンクするGoogle広告アカウントをクリックする

4.「続行」をクリックする

5.グループタイトルを決め、全てのウェブサイトデータを「オン」にする

6.「アカウントをリンク」をクリックする

 

上記の手順で連携は完了です。きちんと連携されたかどうかは、Googleアナリティクスの項目に「Google広告」と表示されているかで確認できます。ただし、反映されるまでに最大で24時間掛かる場合もあります。反映されていない場合は、少し時間を置いてから再度確認してみましょう。

 

 

4.Googleアナリティクスを連携する上での注意点

 

Google広告とGoogleアナリティクスの連携をした場合、指標の違いを知っておかなければなりません。こちらでは、それぞれの指標の注意点と解決方法をご紹介します。

 

 

4-1 Google広告とアナリティクスで指標が異なる

 

Google広告とGoogleアナリティクスでは、指標が異なるので注意が必要です。それぞれの仕様の違いで起きるものと、設定の不備などで起こるもの

があります。具体的に、どのような違いがあるかを解説します。

 

 

4-1-1 クリック数とセッション数

 

計測方法が異なることが原因で、クリック数とセッション数に違いがあります。クリック数は、広告をクリックした数です。1人のユーザーが、広告を3回クリックすれば、クリック数は3です。しかし、セッション数は訪問数です。1人のユーザーが何度サイトを訪れても、セッション数は1です。

 

また、セッション数は、「30分操作がなかった場合」や「午前0時を過ぎた場合」、「キャンペーンの切り替わり」といった条件で切り替わります。つまり、広告をクリックしてサイトを訪問して30分後に同じ広告をクリックした場合、クリック数もセッション数も2となり、同数になる仕組みです。セッション数が切り替わる条件を理解しておくと、指標の違いの原因を特定できます。

 

 

4-1-2 CV

 

CVに関しても、以下のように計測方法が異なるため、指標に違いがあります。

 

 


同じユーザーが2回CVした場合、下記のような違いも発生するので注意が必要です。

 


広告離脱して、別チャネルからCVが発生した場合も、違いが発生します。例えば、広告離脱したユーザーが、検索エンジンからCVした場合は、以下のようです。

 

 

 

4-2 異なる指標を統一する方法

 

Google広告とGoogleアナリティクスでは、それぞれ指標が異なることが分かりました。そこで、それぞれの指標の違いを解決する方法を解説します。

 

 

4-2-1 クリック数とセッション数

 

クリック数とセッション数の指標の違いは、以下の設定でズレを少なくできます。Googleアナリティクスで分析する場合、各ページに「トラッキングコード」を張り付けることが必要です。トラッキングコードを正しく貼れていない場合は、セッション数がカウントされません。「Google Tag Assistant」を利用し、正しくトラッキングコードを貼れているかを確認しましょう。

 

自動タグがオンになっていない場合は、Google広告からのトラフィックだと認識できないため、セッション数がカウントされません。自動タグをオンにするには、Googleアナリティクスのプロパティ設定内にある、「オーバーライドを許可する」にチェックを入れます。

 

 

4-2-2 CV

 

CVの指標の違いは、Googleアナリティクスの目標をGoogle広告にインポートすることで解決します。手順は以下のとおりです。

 

1.Googleアナリティクスのビュー設定画面で目標を設定する

2.Google広告の「コンバージョン」をクリックする

3.「+」をクリックする

4.「インポート」をクリックする

5.「Googleアナリティクス」「続行」をクリックする

6.手順1で設定した目標をインポートする

 

上記の設定を行えば、同じ基準で効果測定が行えます。しかし、この方法は、Google広告のみの方法です。他媒体の広告では設定できません。

 

 

5.Googleアナリティクス連携後の活用方法

 

Google広告とGoogleアナリティクスを連携したら、広告運用に活用しましょう。こちらでは、2つの活用方法を解説します。

 

 

5-1 アナリティクスのオーディエンスを作成する

 

Googleアナリティクスのオーディエンスを作成する方法は、以下のとおりです。

 

1.「管理」→「ユーザー定義」→「オーディエンス」の順に進む

2.「新しいオーディエンス」をクリックする

3.オーディエンス名と説明を入力する

4.「新しい条件を追加」をクリックし、登録するユーザーの条件を指定する

5.別の条件を追加したい場合は「条件グループを追加」をクリックする

6.特定の順序で発生するユーザーをリストに追加したい場合は「シーケンスを追加」をクリックする

7.特定のユーザーを除外したい場合は「除外するグループを追加」をクリックする

8.有効期間を入力する

9.「保存」をクリックして条件を保存する

 

 

5-2 スマートリスト(スマートゴール)を活用する

 

スマートリストとは、CV数を最大限に増やすことを目的としたリマーケティングリストで、Googleアナリティクスが自動作成します。CVに至りやすいユーザーリストを複雑な設定をすることなく、1クリックで設定可能です。

 

 

5-2-1 スマートリスト

 

スマートリストは、位置情報、端末、ブラウザ、参照URL、セッション継続時間、ページ閲覧深度など、Googleアナリティクス上のさまざまなデータを機械学習で分析し、その後のセッションで、CVに至る可能性の高いユーザーを見極めます。ユーザーに的を絞ることで、自動的にリマーケティングのユーザーリストが管理できます。スマートリストの設定方法は、以下のとおりです。作成したリストは、自動的にGoogleアドワーズへ同期されます。

 

1.Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」を選択する

2.プロパティメニューの「ユーザーリスト設定」から「ユーザーリスト」を選択する

3.ユーザーリストを定義するGoogleアナリティクスのビューと、リストを反映させるGoogleアドワーズのアカウントを選択する

4.ユーザーリストの定義の中にある「スマートリスト」をクリックする

5.任意のユーザーリスト名を記載し、保存する

 

 

5-2-2 スマートゴール

 

スマートゴールとは、Webサイト上に明確なCVの指標がないサイトであっても、最も品質の高いと判断される訪問をCVとして使用できる機能です。匿名化されたCVデータの共有に同意しているWebサイトから得たデータを基に、CVに至る可能性が最も高いサイトへのセッション時間、閲覧ページ数、地域、デバイス、ブラウザなどの訪問データのシグナルを参考に導き出されます。スマートゴールを使用するには、以下の要件を満たしている必要があります。

 

・GoogleアナリティクスとGoogleアドワーズアカウントがリンクしていること

・スマートゴールを設定する前の30日間に、リンクしたGoogleアドワーズアカウントから1,000回以上のクリックが、選択したGoogleアナリティクスのビューに送信されていること

・レポートビューに表示されるヒット数が、1日あたり100万件以下なこと

・Googleアナリティクスアカウントで、「データ共有設定」の「Googleのプロダクトやサービス」がオンになっていること

 

スマートゴールの設定方法は、以下のとおりです。

 

1.Google アナリティクスの「アナリティクス設定」で、「ビュー」列の「目標」をクリックする

2.「+新しい目標」をクリックする

3.テンプレート内に「スマートゴール」と表示されるので、選択して保存する

 

 

6.まとめ

 

Google広告とGoogleアナリティクス連携におけるメリット、連携方法、注意点、活用方法を解説しました。連携することによって、Googleアナリティクスの指標で効果測定ができるようになり、広告のパフォーマンス向上や、リマーケティング用のユーザーリストに活用できるなどのメリットが得られます。Google広告の効果を最大化させるためにも、ぜひご活用ください。

 

この記事のURLをコピーする

リスティング広告