【Google広告アプリキャンペーン完全ガイド】入稿規定から設定方法、運用のコツまでまるっと解説! - (株)GMSコンサルティング

【Google広告アプリキャンペーン完全ガイド】入稿規定から設定方法、運用のコツまでまるっと解説!

2022.5.16

自社アプリのインストールや課金、サービスの申し込みなど、コンバージョン(CV)の獲得を増やしたいときは、ユーザー数の多いGoogleや関連サイトに広告を配信したいと考える方が多いでしょう。アプリのインストールやCVの獲得には、Google広告アプリキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

しかし、詳しく知らない場合は、「設定が難しそう」「運用が大変そう」などのイメージがあるのではないでしょうか。こちらでは、Google広告アプリキャンペーンの仕組みや入稿規定、設定方法などを詳しく解説します。また、運用のコツもご紹介するので、未経験者の方でも内容や運用の理解が深まるでしょう。

 

 

1.Google広告のアプリキャンペーンとは?

 

Google広告には、「キャンペーン」と呼ばれる広告を管理するための単位があります。Google広告のアプリキャンペーンとは、Google検索、Google Play、YouTubeなど、Googleの主要サービスで自社アプリを宣伝できるキャンペーンのひとつです。広告をクリックすると、Google PlayストアやApple Storeへ遷移し、広告主のアプリへのインストールや目的のCVを促せます。

 

 

2.Googleアプリキャンペーンの特徴

 

Googleアプリキャンペーンには、多くの魅力があります。特に魅力的な、2つの大きな特徴を解説します。

 

 

2-1 オーディエンスの数が多い

 

1番の魅力とも言えるのが、オーディエンスの数が多いことです。Googleは、圧倒的なユニークユーザー数を誇るプラットフォームなので、広告配信するのに十分なオーディエンス量があります。アプリのインストール数を増やしたいと考えるなら、必要な媒体といっても過言ではないでしょう。また、Google Playを保有していることから、Android面への配信に強い特徴もあります。

 

 

2-2 機械学習で自動化

 

目標CV単価の設定を行うと、入札単価調整や広告アセットの出し分け、ターゲティングを全て機械学習によって自動的に行ってくれます。機械学習によって、数百万ものシグナルをリアルタイムで分析可能です。人が細かくチューニングするよりも手が掛からずに効率的で、成果に繋がりやすい特徴があります。

 

 

3.アプリキャンペーンの課金方式

 

アプリキャンペーンの課金方式は、ユーザーのクリック数によって広告料金が変動する「クリック課金方式(CPC)」です。広告の掲載自体には、費用は発生しません。ユーザーが広告をクリックした時点で、初めて費用が発生する仕組みです。

 

 

4.アプリキャンペーンの掲載面

 

アプリキャンペーンは、 Googleの関連サイト全体に掲載されます。主な配信面の特徴を分かりやすく分類し、解説します。

 

 

4-1 検索ネットワーク(Google検索・Google検索パートナー)

 

Google検索やGoogle掲載パートナーの検索欄に、アプリに関連する検索語句を入力すると広告が配信されます。掲載パートナーとは、livedoor・BIGLOBE・価格.com・OCNなどの検索サイトのことで、パートナーサイトは数百にも及びます。ただし、関連する検索語句が検索欄に入力されれば、必ず広告が掲載されるわけではありません。広告が掲載される前にオークションにかけられます。オークションで競合に勝てれば自社の広告が掲載されますが、負ければ競合の広告が掲載されます。

 

 

4-2 Google play(検索結果・関連アプリセクション・おすすめのアプリトップページ)

 

Google Playとは、Googleが提供するコンテンツ配信サービスです。アプリに関連している語句で検索すると、検索結果に広告が配信されます。また、「おすすめのアプリ」「このアプリに関連」といった関連アプリセクションや、Google Playのトップページの「おすすめ」にも配信されます。また、広告主のアプリに類似したアプリを閲覧したユーザーも表示対象です。検索ネットワークと同様に、検索結果に配信される広告はオークションによって決定します。

 

4-3 YouTube(YouTubeの関連するページやコンテンツ)

 

YouTubeでは、アプリインストールと事前登録の広告の場合、YouTube上で広告が最もクリックされやすく、アプリのダウンロードおよび事前登録に至る可能性が高い場所に、自動表示される仕組みになっています。

 

 

4-4 ディスプレイネットワーク(Gmail/その他アプリ・Web上のサイトなど)

 

Googleが所有しているサイトをはじめ、Gmail、livedoor Blog、Amebaブログなどのニュースサイトやブログをはじめとする、インターネット上のモバイルサイトの「広告枠」に表示されます。広告の掲載先は、Googleが自動的に調整する仕組みとなっています。

 

 

5.3つのキャンペーンタイプ

 

アプリキャンペーンには、3つのキャンペーンタイプがあります。それぞれの目的や特徴を詳しく解説します。

 

 

5-1 インストール(AC for Install)

 

インストール(AC for Install)は、アプリインストールをCVにしたい場合に向いているキャンペーンです。ローンチ時や新規ユーザーの獲得に活用できます。設定する際は、重視している要素を「インストール」に、ターゲティングを「すべてのユーザー」にします。

 

 

5-2 インストールアドバンス(AC for Install Advanced)

 

インストールアドバンス(AC for Install Advanced)は、インストール数が欲しいけれど、ユーザーの質も大切にしたい場合に向いているキャンペーンです。特定のイベント(課金やサービスの申し込み)を達成する見込みが高いユーザーの獲得に活用できます。設定する際は、コンバージョントラッキングの設定から、定義済みのアクションを選択できます。

 

 

5-3 アクション(AC for Install Action)

 

アクション(AC for Install Action)は、課金やサービスの申し込みなど、アプリ内の行動の獲得を最も重要視するキャンペーンです。インストールのボリュームよりも、アプリ内での行動発生数にフォーカスしたい場合に向いています。選択した行動に対する、目標単価を設定できます。

 

 

6.アプリキャンペーンの入稿規定

 

アプリキャンペーンの入稿項目には、必須のものと任意のものがあります。基本的に、必須項目さえ入力されていれば広告配信は可能です。設定内容とアイコン、アプリ名など、ストアへの登録情報が自動的に組み合わされ、広告掲載される仕組みです。

 

 

6-1 テキスト

 

必須項目は、広告見出しと説明文です。設定可能なテキスト数は、広告見出しは2個以上、説明文は1個以上となっています。Googleの推奨は、それぞれ最大数となっている5個です。文字数のカウントは半角で30字、90字となっているので注意しましょう。

 

 

 

6-2 動画・画像・HTML5

 

任意項目は、動画・画像・hTML5です。それぞれの詳細は、以下のとおりとなっています。

 

*ホストされている動画:全ての国と地域の「全てのユーザー」が閲覧できるように「公開」されている状態の動画

 

動画は任意となっています。動画がない場合は、Googleがアプリストアの掲載情報にあるアセットを使用し、自動的に動画広告を作成する場合があります。しかし、必ず作成されるわけではありません。動画の作成に関しての明確な基準はありませんが、作成される場合は、最大5つの動画が作成される仕組みです。

 

 

7.アプリキャンペーンの設定方法

 

アプリキャンペーンには、キャンペーンと広告グループの作成および設定が必要です。表示される項目に合わせて入力すれば設定できます。それぞれの細かなポイントや手順を解説します。

 

 

7-1 キャンペーンの作成

 

キャンペーンの作成を行う手順は、以下のとおりです。

 

1.管理画面から「新しいキャンペーンを作成」「アプリのプロモーション」を選択する

2.配信目的に合わせて、キャンペーンのサブタイプ*1とプラットフォーム*2を選択する

 

*1キャンペーンのサブタイプ:「アプリインストール」と「アプリエンゲージメント」の2つがあります。アプリインストールは、アプリのインストールを促す広告を作成するサブタイプです。アプリエンゲージメントは、既にインストール済みのアプリであることを知らせ、アプリ内の特定の操作を促す広告を作成するサブタイプです。

 

*2プラットフォーム:配信するアプリを選択します。該当のOSを選択し、検索窓にアプリ名を入力すると該当するアプリが表示されます。選択できるアプリは1件です。iOSとAndroidのどちらも配信したい場合は、OSごとにキャンペーンを作成しなければなりません。

 

 

7-2 キャンペーンの詳細設定

 

キャンペーンの作成が終わったら、次の項目の詳細設定を行います。

 

・キャンペーン名

・配信に関わる項目の設定(地域・言語・予算・入札単価・開始日と終了日)

 

入札単価では「重視する要素は何ですか?」の項目があるので、目的に合った項目を選択します。インストール数を最適化ポイントにする場合は、目標インストール単価も設定するのがおすすめで、目標の単価でインストールを獲得していくような広告配信ができます。

 

 

7-3 広告グループの作成・設定

 

キャンペーンの作成と詳細設定が終わったら、広告グループの作成・設定ページに進みます。設定項目は以下のとおりです。広告グループを複数作ると数値が分散する可能性があるので、作成は1件で構いません。

・広告グループ名

・広告アセットの設定(広告見出し・説明文・画像・動画・HTML5)

 

キャンペーンと広告グループの作成と詳細設定が完了したら、アプリキャンペーンを配信できます。

 

 

8.Googleアプリ広告の運用ポイント

 

アプリキャンペーンは、機械学習を使用してリアルタイムで分析し、広告を自動的に行ってくれます。運用のポイントを押さえておくと、機械学習が進み、広告効果の改善が見込めます。また、改善していくことで、リーチできていなかったユーザーにも認知やインストールを促せます。運用のポイントを押さえ、ぜひ活用してみましょう。

 

 

8-1 機械学習のためのデータを溜める

 

機械学習を促進させるためには、インストールまたはCVしたユーザーデータが必要です。ユーザーデータが増えれば増えるほど、広告効果は改善されていきます。インストールを重要視したい場合は、1日50インストールを獲得できるような日予算の設定が必要です。目標CPI(アプリのインストール1回あたりにかかった広告コスト)の50倍以上が目安です。

 

課金やサービスの申し込みなど、アプリ内の行動を重要視したい場合は、1日10件以上のCVを獲得できるような日予算の設定が必要です。目標CPA(1件あたりのCVにかかるコスト)の10倍以上が目安です。

 

設定単価が低すぎる場合は、インストールしたユーザーデータが貯まらずに機械学習が進みません。いつまでも効果が改善しないままとなってしまうので、注意しましょう。

 

 

8-2 掲載結果をもとにPDCAを回す

 

アプリキャンペーンは、自動的に行われますが、最終的には人の目による分析も必要です。アプリキャンペーンの機械学習データが貯まってくると、アセット別に「低」「良」「最良」の3種類の掲載結果が出ます。掲載結果が予想より悪ければ、PDCAを回し、魅力的な広告文や動画広告に近づけることを目標にしましょう。もし、「低」との評価になったなら、「良」や「最良」のものと見比べ、勝ち軸を見つけるのが重要です。

 

 

9.まとめ

 

今回は、Googleアプリキャンペーンの特徴をはじめ、課金方式、入稿規定、設定方法など、運用に必要な情報を解説しました。アプリキャンペーンは、簡単な設定をするだけで、Googleの機械学習を利用し、効率的に広告配信が行える便利な機能です。自社アプリのインストール・CV数を増やしたいと考えている方は、ぜひGoogleアプリキャンペーンを活用してみましょう。

 

この記事のURLをコピーする

リスティング広告