【2024年】Instagramストーリーズ広告|出稿方法や成果を出すポイントを詳しく解説! - (株)GMSコンサルティング
【2024年】Instagramストーリーズ広告|出稿方法や成果を出すポイントを詳しく解説!

【2024年】Instagramストーリーズ広告|出稿方法や成果を出すポイントを詳しく解説!

2024.6.14

Instagramストーリー広告出し方

インスタのストーリーズ広告は、事業者必見のメリットが多数あります。

実際、Instagramは日本人の4人に1人が利用していて、そのうちの70%がストーリーを閲覧しています。

ストーリーズ広告は、アクティブなユーザーが集まる魅力的な広告フォーマットだといえるでしょう。

そのため「ストーリーズ広告を検討したい」「Instagramストーリーズ広告の出し方を知りたい」というご相談をいただくことも増えてきました。

この記事では、Instagram広告運用歴3年の弊社編集部が、ストーリーズ広告の出稿方法や成果を出すポイントを実際の活用事例とともに解説しています。

ぜひチェックしてみてください!

関連記事:Meta広告(Facebook・Instagram)を導入するメリット

Instagramストーリーズ広告の特徴

ストーリーズ広告の特徴は3つあります。

・フルスクリーン/縦型画面表示
・1クリックでWebサイトに遷移できる
・一般投稿、約3投稿ごとに1回広告が表示される

ストーリーズ広告とは、Instagram/Facebookの「ストーリーズ枠」に配信される縦長の広告です。

ストーリーズ枠はアプリを開くと、画面の上部に表示されます。

通常、ストーリーズ枠には、フォローしているアカウントの投稿しか表示されません。

しかし、ストーリーズ広告は投稿と投稿の間に表示させることができます。

ストーリーズは、画面タップで簡単に次の投稿をみれたり、気軽に投稿を流し見できます。

そのため、投稿間に広告が表示されても、広告に対しての嫌悪感をあまり感じないというユーザーが多いです。

また、今や最新トレンドを得られるメディアはテレビではありません。

調査によると60%のユーザーがInstagramで最新トレンドをチェックしていることが判明しました。

Instagramは、購入や商品検討への影響力が高いメディアです。

関連記事:Instagramストーリーズ広告とは

Instagramストーリーズ広告の費用相場

Instagramのストーリーズ広告は、設定した予算内で、自動で広告が配信される仕組みになっています。

広告出稿は、1日数百円〜など、低予算でも配信が可能です。

また、月あたりの予算と、1日あたりの日予算を設定できるので

無理のない範囲で配信できます。

とはいえ、広告に成果を求めるなら、広告のデータを測定しながら予算を決める必要があります。

低予算だと、十分な情報が収集できない可能性もあるので、3〜5万円程度の予算からスタートするのがおすすめです。

インスタストーリーズ広告の費用について詳しく解説した記事はこちら

Instagramストーリーズ広告の出し方

ストーリーズ広告の出し方は2通りあります。

それぞれ紹介します。

投稿を広告として配信する場合

投稿を広告として宣伝する場合の手順は、

手順①:ビジネスアカウントに切り替える
手順②:投稿を選択して広告を設定する

これで完了です。

詳しくみていきましょう。

手順①:ビジネスアカウントに切り替える

モバイル版のInstagramアプリを開いたら三本線から設定で

[アカウントの種類とツール]から[プロアカウントに切り替える]を選択

ビジネスの種類(カテゴリ)を選択して

これでビジネスアカウントの取得完了です。

手順②:投稿を選択して広告を設定する

広告にするストーリーズ投稿を選択して[宣伝]をクリック。

オーディエンスや掲載期間、1日の予算などの設定を完了したら、申請。

通常24時間程度かかる審査で広告が承認されると、配信されます。

投稿を広告として宣伝する場合は、スマホでも設定可能です。

ただし、絵文字や著作権侵害にあたる音声やエフェクト/フィルター、GIF画像などを含む場合は広告として使用できません。

詳しくは【ビジネスヘルプセンター】をご参照ください。

広告を作成して配信する場合

Instagramの運営は、Facebookと同じMeta社です。

そのため広告の配信手順は、Facebook広告と同じになります。

ここでは、事前に

・Facebookの個人アカウント
・Facebookページの作成
・Facebookビジネスマネージャー(広告アカウント)の登録

が完了している前提で手順を紹介します。

上記のステップから開始する場合の手順はこちら

手順①:広告キャンペーンを作成する

広告アカウントにログインして管理画面から[新規作成]を選択します。

購入タイプは[オークション]を選択して
キャンペーンの目的を設定します。

これでキャンペーンの作成が完了しました。

手順②:広告セットを作成する

広告キャンペーンの設定が完了したら、広告セットを作成します。
[+作成]から進めていきましょう。

[新しい広告セットまたは広告]をクリックして、先程作成したキャンペーンを選択します。広告セット名を管理しやすい名称で入力したら[次へ]を選択してください。

次にコンバージョン先を設定します。今回はWebサイトを選択して、広告セットを作成しました。

次に予算と掲載期間(広告の配信開始日)を設定します。

予算の設定が完了したら、オーディエンスの年齢や地域性別などを設定します。ここでは、「興味」「関心」などターゲットの詳細を設定することも可能です。

次に、配置を手動設定に変更して[配置の編集]からInstagramのストーリーズを選択してください。

これで広告セットの設定は完了です。

手順③:広告を設定する

アカウントを選択して、広告のクリエイティブを設定します。

使用するクリエイティブを選択してサイズを設定します。

ストーリーズ広告は1080×1920(9:16)の縦長サイズがおすすめです。

広告文を入力して遷移先のWebサイトURLを設定したら完了です。

Instagramストーリーズ広告の入稿規格

ストーリーズ広告には

・シングル画像
・シングル動画
・カルーセル
・コレクション

4種類が使用できます。

それぞれの特徴と入稿規格をみていきましょう。

参照:ビジネスヘルプセンター

シングル画像

シングル画像では、1枚の静止画を使用した広告が作成できます。

表示時間
5秒~15秒間
解像度1080×1920ピクセル
推奨サイズ9:16
文字数125文字以内(サムネ表示20~25文字程度)
画像ファイルJPG/PNG

動きのある映像や余分な情報がないぶんシンプルなメッセージを伝えるのに適しています。

シングル動画

シングル動画は、10秒程度の1本の動画を使用したストーリーズ広告です。

表示時間5秒~15秒間(15秒以上の動画は分割表示される)
解像度1080×1920ピクセル
推奨サイズ9:16
文字数125文字以内(サムネ表示20~25文字程度)
ファイルMP4/MOV

カルーセル

カルーセルは、最大10枚まで複数の画像や動画を使用するタイプの広告です。

表示時間5秒~15秒間
解像度1080×1920ピクセル
推奨サイズ9:16
文字数125文字以内(サムネ表示20~25文字程度)
ファイル画像:JPG/PNG|動画:MP4/MOV

複数の商品画像を表示させたり、それぞれの画像にURLを設置するのに適しています。

より詳しく知りたい方は【広告運用担当者向け】広告の種類を詳しく解説こちらもぜひご覧ください。

Instagramストーリーズ広告の制作ポイント

Instagramのストーリーズ広告を制作するときは、ユーザーが興味関心を示す内容にする工夫が必要です。

ここでは制作のポイントを3つ紹介します。

使用するビジュアルを工夫する

ユーザーはより多くの情報をビジュアルから得ています。

実際に、ビジュアルはテキストに比べて、多くの情報を伝えられます。

ある調査では、ビジュアル1秒で伝えられる情報量はテキスト3万字分に匹敵することが判明しました。

特に、モバイルの全画面で表示されるストーリー広告は、他の広告フォーマットよりもビジュアルが視聴されている傾向があります。

ユーザーは「見たい」か「見たくない」かを瞬時にビジュアルで判断しているのです。

・ブランドをより身近に感じられるもの
・より手軽に、気軽に。役立つ情報を得られるもの
・スキマ時間にさらっと閲覧できる面白いコンテンツ

などの要素を含んだビジュアルを使用するなどの工夫があるといいでしょう。

例えば、商品の画像を使用するより、商品を使用している人のイメージ画像の方が最適な場合があるかもしれません。

また、最低限のクオリティを保つためには、文字が多すぎたり、視認性が悪いものの使用は避けたほうが良さそうです。

静止画より動画を使用する

ストーリーズ広告で動画を使用すると、より詳細な情報を伝えることができるというメリットがあります。

実際、動画を使用した広告では、76%の確率で、静止画広告よりも高いコンバージョンを達成ているというデータもあります。

動画を使用した広告が成功した事例としては、ゲームのダウンロードを目的に配信された広告がありました。

静止画広告と動画広告を比較した結果、92.7%のユーザーが「動画広告」のほうがダウンロードしたくなると回答しています。

動きのある映像を使用することで、静止画では伝えきれない情報を届けることができます。

参照:ビジネスヘルプセンター

CTAボタンを活用する

CAT(コールトゥアクション)ボタンとは、ストーリーズ広告からユーザーにとってもらいたいアクションへ促すボタンのことです。

具体的には、

・詳しくはこちら
・予約する
・ダウンロード
・もっとみる
・お問い合わせ

などの種類があります。

CTAボタンをタップすると、詳細ページやWebページが閲覧できたりアンケートの回答や、メールアドレスの入力ができます。

広告配信では、CTAボタンの活用はとても重要なポイントになります。実際ストーリーズ広告をみて

  • 詳細情報をWebサイトで閲覧したことがあるユーザーは58%
  • 製品を購入できるWebサイトにアクセスしたことがあるユーザーは半数
  • 実際に店舗に足を運んだことがあるユーザーは31%

などストーリーズ広告によってアクションを起こすユーザーは多いです。

ストーリーズ広告に適切なCTAボタンを配置することで、広告の成果アップが期待できます。

Instagramストーリーズ広告の企業事例

Instagramのストーリーズで最も閲覧されている投稿のうち3分の1がビジネスによる投稿です。

また、多くのユーザーは商品をストーリーズで見たことで関心が高まったと回答しています。

ストーリーズ広告はビジネス活用に効果的なプラットフォームです。

とはいえ、他社がどのようにストーリーズ広告を配信しているかは気になるところですよね。

ここでは、Instagramをビジネス活用している3つの事例をまとめました。

Instagram広告運用代行の無料相談お問い合わせはこちら

パナソニック株式会社

引用:Instagram

家電メーカーのパナソニックは、ストーリーズ広告を活用して高級トースターの売上を約2倍に伸ばすことに成功しています。

焼き立てパンの美味しさや、柔らかさが伝わるビジュアルイメージを使用したことで、製品の良さが伝わった成功事例です。

ANA|全日本航空

引用:Instagram

ANAは、Instagramのストーリーズ広告を活用して、200万人へのリーチに成功しました。

このキャンペーンでは、著名アスリートを起用して東京オリンピックを宣伝。

ANAのブランドロゴやメッセージを表示することでブランドを印象づける工夫が施されています。

DANZ JAPAN

引用:Instagram

スポーツコンテンツを配信するDANZ JAPANは、ストーリーズ広告でアンケート形式の広告を出稿しました。

サービスの加入やアプリのインストールを目標に、ストーリーズ広告を配信したところコンバージョンを1.8倍伸ばすことに成功しています。

Instagramストーリーズ広告の注意点

ストーリーズ広告を配信するときの注意点は3つあります。

詳しくみていきましょう。

セーフティゾーンに注意

ストーリーズの上部や下部には、表示が見えにくい場所があります。

そのためモバイル画面(1080×1920px)の上部14%と下部20%には重要な情報を配置しないように気をつけてください。

配信エラーになる場合がある

InstagramとFacebookアカウントの連携がうまく機能していないと配信エラーになる場合があります。

リンクしているFacebookアカウントを切り替えるなど変更を加えるとアクセス許可で問題が発生するので注意が必要です。

参考:ビジネスヘルプセンター

複雑な装飾を使用しない

ストーリーズ広告では、装飾の要素は最大5つまでと決められています。

例えば、@メンションやハッシュタグ、リンクスタンプや位置情報などの装飾やタップ可能なテキストは多用出来ません。

また、絵文字やGIFも避けたほうが安心です。

まとめ

ストーリーズ広告は、Instagramでしかリーチできない層に広告を届けることができます。

広告を出稿するなら外せないフォーマットでしょう。

とはいえ、広告の出し方や制作のポイントなど担当者が知っておきたい情報を、実践以外で得るのは簡単ではありません。

この記事で紹介した「ストーリーズ広告の出稿方法や活用するコツ」が、少しでも参考になれば幸いです。

なお、弊社GMSコンサルティングでは、Facebook広告の運用代行に関するご質問やご相談を承っております。こちらよりお問合せください。

【2024年】Instagramストーリーズ広告|出稿方法や成果を出すポイントを詳しく解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

【2024年最新版】Facebook広告の審査基準や審査落ちの対処法を紹介

Facebook

【2024年最新版】Facebook広告の審査基準や審査落ちの対処法を紹介

Facebook広告を運用していると
「審査」で困ることがあります。

そこでこの記事では、広告出稿者が知っておきたい
Facebook広告の審査について...

Facebook広告を運用していると
「審査」で困ることがあります。

2024.5.30

【カンタン解説】Instagram広告のターゲティングの種類・設定方法・注意点等を解説

Facebook

【カンタン解説】Instagram広告のターゲティングの種類・設定方法・注意点等を解説

Instagram広告の出稿を考えている方向けに、ターゲティングの種類・設定方法・成果が出る活用方法を解説します。Instagram広告の全容が分かるようになるので、出稿の際は、...

Instagram広告の出稿を考えている方向けに、ターゲティングの種類・設定方...

2022.5.23

【必見】Facebook広告のデザインの成功法則|参考画像9選と作り方完全ガイド

Facebook

【必見】Facebook広告のデザインの成功法則|参考画像9選と作り方完全ガイド

「広告デザインどうしよう…」
「参考になるFacebook広告デザインを教えて」
「効果的なFacebook広告のデザインを知りたい」   上記は、Faceb...

「広告デザインどうしよう…」
「参考になるFacebook広告デザイ...

2024.4.15

Facebookビジネスマネージャへのログイン方法・出来ることを解説

Facebook

Facebookビジネスマネージャへのログイン方法・出来ることを解説

Facebookで自社商品やサービスの広告を配信するために欠かせない「Facebookビジネスマネージャ」ですが、使い方が分からないと言う人も多いはずです。そこで当記事では、Fa...

Facebookで自社商品やサービスの広告を配信するために欠かせない「Face...

2023.1.11

<strong>フェイスブックに投稿する方法</strong>

Facebook

フェイスブックに投稿する方法

今回はフェイスブックに投稿する手順を詳しくご紹介します。     フェイスブックに近況を投稿する方法       Facebookの機能は、頻繁にアップデートされており便利です...

今回はフェイスブックに投稿する手順を詳しくご紹介します。     フェイスブッ...

2023.9.30

お役立ち資料はこちら