【2024年最新】Instagramリール広告の活用方法や事例を解説|GMSコンサルティング - (株)GMSコンサルティング
【2024年最新】Instagramリール広告の活用方法や事例を解説|GMSコンサルティング

【2024年最新】Instagramリール広告の活用方法や事例を解説|GMSコンサルティング

2024.6.21

Instagramリール広告の活用法

「より手短に」
「より簡単に」
面白くて役に立つ情報を得たい。

そんなニーズが高まるなか、15秒~など短尺で視聴できるショート動画の人気が高まっています。

この記事では、人気の向上に比例して注目度が高まるInstgram「リール広告」について活用方法や活用事例を紹介しています。

ぜひ最後まで読んで、Instagramリール広告を有効活用する方法をご参照ください。

Instagramリール広告運用に関するご質問やご相談はこちら

Instagramリール広告とは?

Instagramリール広告とは、~60秒のショート動画形式の広告です。

モバイル画面に適した、縦長のフルスクリーンで表示されます。

リールタブだけでなく、フィード、ストーリーなど複数箇所に掲載できるので、ユーザーの目に留まる機会も多いでしょう。

特に人気のリールは視聴回数が数百万再生を超えるものもあり、多くのユーザーがリールを視聴しています。

Instagramリール広告の特徴

Instagramリール広告の3つの特徴を解説します。

・スマホに特化した広告
・通常投稿間に表示される
・動画広告の特徴を活かせる

それぞれチェックしてみてください。

スマホに特化した広告

Instagramリール広告は、スマホの全画面に表示されます。

そのため画像広告に比べて、表示される範囲が広いです。

また、全世代のスマホのインターネット利用時間を平均すると毎日2時間~3時間あります。(※令和4年総務省調べ

掲載できる範囲も広く、視聴時間も長いスマホ仕様で、伝えられる情報量がおおい動画広告。

三拍子揃った「Instagramリール広告」は、ユーザーの目に留まりやすいと言えるでしょう。

通常投稿間に表示される

リール広告は、一般の投稿に混ざって表示されます。

あたかも一般投稿かのような広告を作成する事業者も多いです。

特に、ショート動画で人気のコンテンツを真似した広告は、数秒視聴してはじめて広告だと気づく場合もあります。

広告をスキップする人も多いなか、広告感を抑えた配信ができるのはInstagramリール広告の特徴です。

動画広告の特徴を活かせる

リール広告をはじめとする動画広告は、多くの情報を素早く伝えられます。

実際に、電通が実施したiPhone向け動画広告の効果調査では「動画広告のほうが記憶に残っている」と回答した視聴者が多くいました。

また、広告視聴後に「Webサイト訪問」や「検索」「口コミ」などのアクションをとったことがあるユーザーは、画像広告の7倍。

動画広告のほうが、高い広告効果を期待できます。

Instagramリール広告3つのメリット

リール広告で期待できる主な効果、メリットは3つです。

・認知度アップ
・新規リーチ数の増加
・エンゲージメント率の向上

ちなみに、同じような機能として比較されることが多いストーリーズとリールは、使用目的が異なります。

ストーリーズは、フォロワーの反応率を上げたりコミュニケーション目的で使用されます。

一方で、リールは「フォロワー以外のユーザーに認知してもらったり、より多くの人との接点をつくる目的」で使用されることが多いです。

フォロー/フォロワーに関係なく関連投稿が表示されるリールは、新しい情報のキャッチにオープンなユーザーが多い傾向があります。

リール広告で期待できる3つの効果について詳しくみていきましょう。

認知度アップ

リール広告は、モバイル向けに作成された没入感の高いコンテンツで認知度アップが期待できます。

また、最大15分の動画を配信できるリール広告は、製品の使い方のチュートリアルや、ストーリー性をアピールするのに適しているでしょう。

実際、企業がInstagram/Facebook広告を利用する目的の多くは、商品サービス/ブランドの認知度アップのためです。

その点、リール広告は、魅力的な広告フォーマットだといえます。

参考:ビジネスヘルプセンター

新規リーチ数の増加

リール広告は、商品サービスに興味関心がある新しいユーザーにリーチを広げられます。

というのも、Instagramの仕組みでは、閲覧履歴などのデータをもとに関連投稿が表示されるからです。

広告配信にすることで、ターゲット層にいるより多くの人に投稿を届けることができます。

エンゲージメント率の向上

リール広告では、一般投稿と同じように、いいねやコメント、シェアや保存などのリアクションができます。

同じような機能として比較されるストーリーズ広告では、いいねやコメントはできません。

リール広告は、エンゲージメント率の向上を促すのに最適です。

ユーザーが反応しやすい内容をリール広告で採用することで、反応率の向上が期待できます。

Instagramリール広告のデメリット

Instagramリール広告のデメリットは主に3つです。

・動画クリエイティブを作成する必要がある
・最後まで視聴してもらえない可能性がある
・一般的に共有されているノウハウが少ない

それぞれ解説していきます。

動画クリエイティブを作成する必要がある

リール広告を出稿する場合は、動画を作成しなくてはいけません。

動画の構成や撮影、編集など、制作に手間がかかります。

しかし、その分動画クリエイティブを広告にしている競合が少ないというメリットもあります。

競合他社と差別化した広告を出稿するチャンスにもなるでしょう。

最後まで視聴してもらえない可能性がある

Instagramのリール広告は、冒頭で興味を惹くことができなければ視聴してもらえません。

最初の数秒で「続きを見たい!」と思わないと、視聴者はすぐにスキップしてしまうからです。

しかし、他の一般投稿と同じように最初の1秒〜3秒は見てもらえる場合が多いでしょう。

興味を惹く内容を伝えられたら、広告であっても最後まで視聴してもらえる可能性があります。

一般的に共有されているノウハウが少ない

リール広告を含むInstagram広告では、次々と新機能が追加されたり仕様の変更があります。

調べてもわからなかったり、検索でヒットする情報が古い場合も多いでしょう。

広告のやり方に迷ったり、なかなか成果がでなくて悩むことになるかもしれません。

しかし実際に、相談することで解決できることも多いはずです。

弊社では、無料相談も行っています。

広告運用についてのお悩みはお問い合わせからご連絡ください。

Instagramリール広告が向いている業種と好事例

リール広告はFacebook/Instagramに掲載可能ですが、Instagramでの使用が多い傾向があります。

リールが実際どのように活用されているのか、ここでは具体的な活用事例を3つあげています。

チェックしていきましょう。

アサヒビール(飲料品)

アサヒのリールは毎回数万再生がある人気コンテンツです。

製品に合う、おつまみレシピや、自宅で楽しめるお酒のアレンジ方法などを発信しています。

リール広告は、通常投稿のように「いいね」や「コメント」ができるのが特徴です。

お家で飲む人が知りたい情報満載な広告は、多くの「いいね」や「コメント」を獲得できます。

リールの活用で、間接的に商品の魅力を伝えられている事例と言えるでしょう。

引用:Instagram

ニトリ(家具・インテリア)

ニトリのリール動画は、数十万回~数百万回の再生回数がある好事例です。

各リールでは、暮らしに役立つ情報を提供しています。

具体的な活用シーンや使用イメージが伝わるように製品を紹介しているので視聴者の「これ便利!」「これほしい!」というコメントも目立ちます。

リールを見て、製品を購入検討したくなるユーザーが多いようです。

引用:Instagram

資生堂(美容・化粧品)

資生堂のインスタのリール再生回数は、定期的に数万回〜数十万回を超えています。

化粧品の使い方や、メイクの仕方を教えるチュートリアル系のリールは、ユーザーの共感を呼ぶコンテンツになっています。

多くの女性が悩む「化粧崩れ」や「毛穴カバー」などの具体的な解決策を教えてくれるコンテンツは、思わず見たくなる「広告」です。

リールの活用により、ユーザーリーチがとれている好事例といえるでしょう。

引用:Instagram

【出稿方法】Instagramリール広告のやり方

リール広告は、Metaが提供する広告マネージャーの管理画面から出稿できます。

手順は、まずMeta広告マネージャーを開き[+作成]から広告キャンペーンを作成。

購入タイプ[オークション]を選択して、キャンペーンの目的を設定。

広告キャンペーンを作成したら、広告セットの作成を進めます。

①予算・配信期間の設定

②ターゲティング設定

③配置の設定(「手動配置」を選択→【Facebookリール・Instagramリール】を選択)

④クリエイティブの設定

これで完了です。

[広告セットの③配置設定でリール面を選択する]以外は、通常の広告を配信する流れと同じ工程になります。

参照:Metaビジネスヘルプセンター

Instagramリール広告の費用

リール広告は、他のFacebook/Instagram広告と同じように、1日数百円〜出稿できます。

しかし、まずは1日数千円で1週間程度等でテスト配信を行ってみて費用感をみるのが、おすすめです。

テスト配信を行うことで、コンバージョンがとれるまでにいくら費用がかかるのかを、データから読み解くことができます。

また、配信面をリール広告だけで指定する場合は、配信数が多くないことに注意が必要です。

一般的にリール広告は、コンバージョンが1件とれるまでにかかる費用は安い傾向がありますが、配信数が多くないぶんリーチ総数はのびない可能性があります。

Instagramリール広告の課金形態

リール広告をはじめとするFacebook広告の課金形態は4種類あります。

なかでも主要なのは、クリック課金とインプレッション課金です。

どの課金方法が適応されるかは、広告出稿時の設定やキャンペーンの目的によって決まります。

Instagramリール広告の入稿規定

リール広告は、縦型のモバイル画面、フルスクリーンで表示可能です。

モバイルの使用率が高いSNSでは、ユーザーの目を惹きやすい仕様になっています。

【作成方法】Instagramリール広告の作り方|3つのポイント

リール広告の作り方には3つのポイントがあります。

・ターゲティングと訴求を決める
・コンバージョンを決める
・CTAと動線を決める

それぞれ見ていきましょう。

ターゲティングと訴求を決める

商品サービスに興味関心があるユーザー(ターゲティング)とユーザーの購入意欲を引き出すメッセージ(訴求)を決めます。

訴求にはさまざまなものがありますが、下記に例をまとめました。

複数のパターンでリールを作成しながら、ターゲット層に刺さる訴求をみつけていくといいでしょう。

コンバージョンを決める

コンバージョンを決めるとは、成果目標を決めるということです。

例えば、Webサイト訪問や、会員登録、資料請求やお問い合わせ、メルマガの登録や特典の受取、セミナー参加の申し込みなどがあります。

成果目標と聞くと、売上に近い目標が真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

しかし、リール広告を含め、SNS広告のコンバージョンはハードルを下げたところで設定するのが一般的です。

SNS閲覧中のユーザーの広告への反応率を高めるためには、顧客ステージに合わせたユーザー目線のコンバージョンを設定する必要があります。

CTAと動線を決める

リール広告では、デフォルトでCTAボタンが用意されています。

CTAボタンとは「詳しくはこちら」や「ダウンロード」といったもののことです。

CTAは、Webサイト訪問や資料ダウンロード(メールアドレスの取得)などコンバージョンに導くために作成します。

また、導線とは、ユーザーを購入まで促す道のりのことです。

広告を閲覧したユーザーに、どのように次のアクションをとってもらうかを想定したルートをつくっていきます。

Instagramリール広告|知っておきたい注意点

リール広告で注意するべきことは3つです。

・音楽著作権を侵害しない
・GIFや装飾を使用しない
・視認性が低くなる配置を避ける

それぞれ解説します。

音楽著作権を侵害しない

リールを広告で使用する場合、著作権で保護された音源は使用できません。

ビジネスアカウントに切り替えが完了しているアカウントの場合、商用利用可能な音源しか使用できない設定になっているはずですが、確認が必要です。

GIFや装飾を使用しない

リール広告には、GIFやスタンプなどの装飾が使用できません。

また、フェイスエフェクトやカメラフィルターなどの使用も許可されていません。

広告ポリシーに抵触してしまうと、広告が配信できないので注意してください。

詳しくは、ガイドラインの確認をしておくと安心です。

視認性が低くなる配置を避ける

Instagramのリール広告を作成する時は、テキストや画像イメージの配置に注意する必要があります。

Instagram上で表示される、いいねやコメントなどのアイコンや、広告文の表示箇所などを考慮しなくてはいけません。

投稿推奨サイズ(1080px×1920px)の上部と下部には、重要な情報の配置を避けるのが無難です。

参照:Metaビジネスヘルプセンター

まとめ

本記事では、リール広告のメリットやリール広告のやり方を紹介しました。

広告らしさを抑えながら、ユーザーに商品やサービスをアピールできるリール広告は、うまく活用できれば、高い効果を期待できます。

実際に、企業がリールを活用するケースは確実に増えています。

とはいえ、動画広告の市場の伸びを考えると、まだまだ参入チャンスはあるはずです。

紹介した内容を参考に、リール広告を検討してみてください。

なお、弊社GMSコンサルティングでは、Facebook広告の運用に関するご質問やご相談を承っております。

詳しくはこちらよりお問合せください。

【2024年最新】Instagramリール広告の活用方法や事例を解説|GMSコンサルティング

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

<strong>フェイスブックに投稿する方法</strong>

Facebook

フェイスブックに投稿する方法

今回はフェイスブックに投稿する手順を詳しくご紹介します。     フェイスブックに近況を投稿する方法       Facebookの機能は、頻繁にアップデートされており便利です...

今回はフェイスブックに投稿する手順を詳しくご紹介します。     フェイスブッ...

2023.9.30

Facebook広告のターゲティングの種類や設定方法、運用する際のポイントを徹底解説!

Facebook

Facebook広告のターゲティングの種類や設定方法、運用する際のポイントを徹底解説!

Facebook広告と言えば、優れたターゲティング設定が可能と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その一方、Facebook広告初心者の場合は、具体的にどのようなターゲティ...

Facebook広告と言えば、優れたターゲティング設定が可能と思い浮かべる方も...

  • Facebook

2022.12.13

【2024年最新】Facebook動画広告の制作方法と配信方法|完全ガイド

Facebook

【2024年最新】Facebook動画広告の制作方法と配信方法|完全ガイド

「Facebook動画広告を始めたいけど、配信方法がわからない」
「効果的なFacebook動画広告の作り方を知りたい」
「Facebook動画広告の実際の運...

「Facebook動画広告を始めたいけど、配信方法がわからない」
「...

2024.4.18

Facebook広告の仕様とは?推奨されるテキストの文字数や画像サイズを徹底解説!

Facebook

Facebook広告の仕様とは?推奨されるテキストの文字数や画像サイズを徹底解説!

この記事では、Facebook広告に用意されている各種フォーマットの仕様を紹介します。Facebook広告用のクリエイティブ作成を担当される方は必見です。
[wpi_de...

この記事では、Facebook広告に用意されている各種フォーマットの仕様を紹介...

  • Facebook
  • 運用

2023.1.16

SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説!

Facebook

SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説!

SNSでの宣伝を検討している方のなかには、以下のような悩みをお持ちになったことがあるのではないでしょうか。   「SNSの宣伝は、果たして効果があるのだろうか」 「SN...

SNSでの宣伝を検討している方のなかには、以下のような悩みをお持ちになったこと...

  • 初心者向け

2023.1.26

お役立ち資料はこちら