SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説!

SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説!

2023.1.26

SNSでの宣伝を検討している方のなかには、以下のような悩みをお持ちになったことがあるのではないでしょうか。

 

「SNSの宣伝は、果たして効果があるのだろうか」

「SNSで宣伝してみたいが、どの媒体を使ったらいいのかわからない」

「SNSでの宣伝で炎上してしまった場合、どうすればいいのか」

 

本記事ではSNSでの宣伝を検討中の方向けに、SNS宣伝の効果や各SNSの特徴、宣伝効果を高める方法をわかりやすく解説します。

 

本記事を読めばSNSを使った宣伝への理解が深まるだけでなく、自社でどの媒体を使ったらいいのかが判断しやすくなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。


お問い合わせ  資料ダウンロード

 

 

1.SNSに宣伝効果はあるの?

 

そもそもSNSとは、「Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の略称のことです。直訳すると「社会的なネットワークを築くためのサービス」。つまり、インターネットを通じて人と人をつなげるサービスを意味しています。

 

では、SNSに宣伝効果はあるのでしょうか?結論から言うと、宣伝効果はあります。理由はSNS利用者数が多いことと、その数が年々増加しているからです。日本国内のSNS利用者数は2022年末で約8,270万人と推計されており、SNSは高い宣伝効果を持っていると言えます。

 

また、これまでは欲しいものや行きたい場所があれば「Google」や「Yahoo!」などで検索することが一般的でしたが、最近ではSNSで検索する人も増えてきました。そのため、SNSでの宣伝が人々の購買意欲や意思決定に影響を及ぼすようになってきているのです。

 

SNSを使った宣伝効果には、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 企業の認知拡大・ブランディング
  • 購買促進
  • ファンの獲得
  • 顧客育成
  • キャンペーンやセミナーなどの告知

 

SNSの利用自体は無料のため、多額の資金を投入しなくともSNSをうまく活用できれば、費用を抑えて効果的な宣伝を行うことが可能となります。

 

SNS広告について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


 

 

2.SNSを宣伝に活用するメリット

 

SNSでの宣伝に効果があることがわかったところで、SNSを宣伝に活用するメリットを4つ紹介します。



2-1.SNSを宣伝に活用するメリット1.費用がかからない

 

メリットの一つ目は、費用がかからないことです。

これまでは広告や宣伝に予算をかけるのは当たり前でしたが、SNSの登場でその常識が覆りました。SNSは基本的に無料で利用できるため、一切費用をかけない宣伝が可能となったのです。

 

しかもフォロワー数を増やすことに成功すれば、たった一回の投稿が何万人ものユーザーの目を引き、宣伝効果をもたらしてくれるのです。

 

また、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSでは投稿の拡散機能を備えていることから、自社で費用をかけて宣伝活動をしなくとも、ユーザーの拡散が宣伝の役割を担ってくれます。



2-2.SNSを宣伝に活用するメリット2.ユーザーとコミュニケーションが取れる

 

二つ目は、ユーザーとコミュニケーションが取れることです。

宣伝となると、どうしても企業からユーザーへの情報提供という一方通行になってしまいがちです。その点、SNSはユーザー同士の交流を目的として作られたサービスであることから、SNSでの宣伝は企業とユーザーとの双方向のコミュニケーションが生まれやすい特徴があります。

 

企業がユーザーの投稿に「いいね」や返信をしたり、それとは反対にユーザーが企業の投稿を「いいね」したり、リツイートしたりとお互い気軽にコミュニケーションが取れます。

 

また、SNSでの宣伝を通してユーザーの顧客化やファン化につなげることも可能です。例えば、企業が商品の製作段階から現在進行形でユーザーに情報を公開し、ユーザーの声を商品製作に反映させられれば、ユーザーは自然とその企業に愛着を持ち、企業のファンになってくれるかもしれません。こうした双方向のやり取りはSNSならではのメリットと言えるでしょう。



2-3.SNSを宣伝に活用するメリット3.効果測定が可能

 

三つ目のメリットは、SNSでの宣伝は効果測定ができることです。

TwitterやInstagram、Facebookなどの各SNSでは、投稿ごとのページビュー数やクリック数、インプレッション数、いいね数、エンゲージメントなど多種多様な数値を測定できます。

 

そのため、ユーザーがどの投稿に興味を持ってくれたのか、どのような内容がよく見られているのか、反応が鈍い宣伝はどれか、などを確認して分析することで自社が今後どのような対策を取っていくべきかがわかるようになります。



2-4.SNSを宣伝に活用するメリット4.潜在顧客にもアプローチ可能

 

SNSを宣伝に活用する四つ目のメリットは、潜在顧客にもアプローチができることです。

潜在顧客とは、自社の製品やサービスを知らない見込み顧客、もしくは、ニーズはあるのにまだ自覚していない顧客のことを指します。

 

アナログで普通に宣伝をしていては、こうした潜在顧客の掘り起こしはハードルが高く、時間も労力もかかってしまいます。しかし、SNSを活用すればユーザーの登録情報や閲覧履歴、フォローしている人などを分析することで、潜在顧客に向けて自動的に自社の宣伝を届けられるようになります。



3.SNSを宣伝に活用するデメリット

 

先ほどのメリットとは反対に、SNSを宣伝に活用する3つのデメリットも見ていきましょう。



3-1.SNSを宣伝に活用するデメリット1.炎上する可能性がある

 

一つ目は、SNSでの宣伝が炎上する可能性があることです。

SNSの情報の伝達力と拡散力は大きな強みではありますが、諸刃の剣のような一面もあります。というのも、ひとたび誤った情報や誤解を招くような投稿をしてしまった場合、一瞬で情報が拡散され、炎上にまで発展してしまうケースもありえるからです。

 

一度炎上してしまうと、企業のイメージダウンだけでなく、信用を取り戻すまでには多大な時間と労力がかかり、企業経営にも大きなマイナスとなってしまいます。

 

炎上を起こさないようにするためにも、投稿前には複数人でチェックをしたり、SNSの運用ルールを設けたりするなど、ある一定のルールを設けておくのが得策です。



3-2.SNSを宣伝に活用するデメリット2.効果が出るまでに時間がかかる

 

二つ目のデメリットは、SNSでの宣伝は効果が出るまでに時間がかかることです。インフルエンサーや有名人であれば話は別ですが、一般の企業がSNSでの宣伝をした場合、効果が出るのは早くても数か月から半年はかかると思っていた方が良いでしょう。

 

はじめのうちは投稿をしても全く反応がなかったり、フォロワーがなかなか増えなかったり、もどかしく感じられるかもしれません。しかし、継続して投稿と改善を繰り返すことで、少しずつ効果的な宣伝を出せたり、運用のコツがわかってくるので地道に続けることが大切です。



3-3.SNSを宣伝に活用するデメリット3.運用に工数がかかる

 

三つ目のデメリットは、SNSでの宣伝運用には工数がかかることです。

SNSは無料で始められるという手軽さはあるものの、実際に運用するとなるとある程度の知識やスキル、慣れが必要です。

 

SNSでの宣伝を担当するとなると、アカウントの開設に始まり、投稿するまでの各種設定やページのデザイン、実際の宣伝出稿、ユーザーからの問い合わせ対応、ページのメンテナンス、宣伝の分析と改善など幅広い作業が求められます。

 

マーケティングやWebに強い人材がいる場合はいいのですが、多くの中小企業や起業したばかりのベンチャー企業などでは、SNSでの宣伝に専属の人材を割り振るのはなかなか難しいでしょう。

 

そうした場合は、1人だけに任せるのではなく複数人を担当にして作業負担を減らしたり、SNS運用を専門とする業者に外注することを検討してみても良いかもしれません。



4.各SNSの特徴

 

ここからは、宣伝効果の高い代表的なSNSであるInstagram・Twitter・Facebook・LINE・YouTubeの特徴などについて、それぞれ詳しく解説していきます。自社が宣伝を出すとするなら、どのSNSを利用するのがよいのか。ぜひ参考にしてみてください。



4-1.Instagram

 

項目

概要

月間利用者数(国内)

4,610万人 ※2022年1月時点

ユーザーの年齢層

10~20代の若年層

特徴

・女性ユーザーが多い

・ビジュアルに訴求できる商材と相性が良い

 

Instagramは、写真や動画の投稿をメインにしたSNSです。10〜20代の女性の利用者が多く、ファッションや化粧品、美容グッズなど女性向け商材との相性が良いのが特徴です。

 

Instagramは匿名で利用できることや、その場で撮った写真や動画をすぐに投稿できることから、気軽に楽しめるSNSと言えます。また、Facebookとの連携もできるので、個人情報やユーザーの興味関心に基づいた精度の高いターゲティングを行うことも可能です。



4-2.Twitter

 

項目

概要

月間利用者数(国内)

5,895万人 ※2022年1月時点

ユーザーの年齢層

10~30代の若年層

特徴

・匿名性が強い

・リアルタイム性と拡散性が高い

 

Twitterは、140文字以内のテキスト投稿で情報を発信できるSNSです。利用者は10〜30代の若年層が中心ですが、30〜50代の利用率も高くなっています。個人だけでなく法人や自治体でも使われており、災害時における緊急連絡手段としても使われるなど、幅広く利用されているSNSです。

 

匿名性が強いことや、誰でもふと思ったことを気軽につぶやけることから、情報発信のハードルが低いという特徴があります。また、リアルタイムでさまざまな情報がやりとりされており、拡散性が高いことも特徴の一つです。

 

拡散性の高さゆえに炎上してしまうこともありますが、うまく運用できれば自社の労力をかけることなく、多くの人に情報を拡散することが可能となります。



4-3.Facebook

 

項目

概要

月間利用者数(国内)

2,600万人 ※2019年時点

ユーザーの年齢層

30代以上

特徴

・オフィシャル感が強い

・個人情報を活用した精度の高いターゲティングが可能

 

Facebookは、友人や知人との交流を文章や写真を通して行えるSNSです。30代以上の利用者が多くなっており、世界的に見ると最も利用者数の多いSNSとなっています。

 

FacebookはInstagramやTwitterとは異なり、原則実名での登録となります。そのため、一定の信頼性が担保されるのでオフィシャル感が強くなり、ビジネスや経営者同志のつながりを広げるのに使われるなどの特徴があります。

 

また、ユーザーが登録する年齢、性別、学歴、職業、居住地、趣味・関心などの個人情報のデータを活用することで、精度の高いターゲティングを行うことが可能となります。



4-4.LINE

 

項目

概要

月間利用者数(国内)

9,300万人 ※2022年9月末時点

ユーザーの年齢層

10代~60代の幅広いユーザー

特徴

・国内利用者数No.1

・アクティブ率が高い

 

LINEは、ユーザー同士でメッセージのやり取りや音声通話、ビデオ通話ができるSNSです。携帯電話を持っている人であれば、ほぼ全員が使っていると言っても過言ではないほど、幅広い年齢層のユーザーが利用しています。現に国内では最も利用者数の多いSNSとなっています。

 

InstagramやFacebookのようにシェアやリツイートといった機能がないため拡散性はありませんが、友人や家族間などで日常的に使われる場面が多く、アクティブ率が高いという特徴があります。また、広告を非表示にする機能などもないので、宣伝内容がユーザーの目に留まりやすいということも特徴になっています。



4-5.YouTube

 

項目

概要

月間利用者数(国内)

6,500万人   ※2020年9月時点

ユーザーの年齢層

10代~60代の幅広いユーザー

特徴

・世界最大の動画共有プラットフォーム

・全世代で利用率が高い

 

YouTubeは、動画を掲載したり、無料で動画を視聴できる世界最大の動画共有プラットフォームです。動画コンテンツはメジャーなものからマイナーなものまでありとあらゆるジャンルを取り揃えており、利用者層は10〜60代以上と幅広く、全世代で利用率が高くなっています。

 

YouTubeでは、自社独自の動画コンテンツの公開や動画を使った宣伝を出せるので、活字では伝わりにくい商品の良さや特徴をユーザーに届けられるという特徴があります。また、テレビのような動画コンテンツであることから、テキストコミュニケーションに抵抗を感じる人にも、無理なく情報を届けることが可能となります。



5.SNS運用の宣伝効果を高める方法

 

 

SNSでの宣伝を闇雲に行っていても、望むような結果はなかなか得られないでしょう。そこで、SNS運用の宣伝効果を高める方法を3つ取り上げていきます。



5-1.SNS運用の宣伝効果を高める方法1.利用ユーザーを把握する

 

一つ目は、利用ユーザーを把握することです。

自社の宣伝を見てくれているユーザーは何歳ぐらいなのか?男性、女性どちらが多いのか?テキストと動画のどちらが受け入れてもらいやすいのか?

 

そうしたユーザーの状況を踏まえて、自社の宣伝したい商品やサービスと相性の良いSNSを選ぶことが、宣伝効果を高めることに繋がります。先述した各SNSの特徴を踏まえて、しっかりと見極めましょう。



5-2.SNS運用の宣伝効果を高める方法2.各SNSで活用できる機能を活用する

 

二つ目は、各SNS固有の機能を活用することです。

例えば、ある化粧品メーカーが成分やデザインにこだわった化粧水を販売する場合、どのSNSを使って宣伝するのが効果的でしょうか?

 

Twitterであれば、140文字という文字制限があるため商品の良さを伝えきれなかったり、デザインの素晴らしさを文章だけでは訴えられなかったりするでしょう。そうした場合は、Instagramにセンスのいい写真を投稿したり、Facebookに画像や動画広告を出したり、YouTubeの動画で商品解説をしたりした方が、ユーザーにより情報が伝わりやすくなり宣伝の効果が表れやすくなるはずです。

 

宣伝効果を高めたいのであれば、各SNSの機能や特徴を理解したうえで、利用目的にあったSNSを選びましょう。



5-3.SNS運用の宣伝効果を高める方法3.目的を明確にする

 

三つ目は、目的を明確にすることです。

SNSを使った宣伝で何を実現したいのか。目的が定まれば、どのSNSを使うべきかが判断しやすくなり、宣伝効果も高まります。

 

先ほど例に挙げた化粧品メーカーがSNSで化粧水を宣伝する場合、以下のようないくつかの目的が想定されます。

  • 化粧水の認知度アップ
  • 化粧水の購買促進
  • 化粧品メーカーのブランディング
  • 化粧品メーカーのファン獲得
  • 化粧品メーカーの顧客育成
  • 化粧品メーカーの自社コンテンツへの誘導

 

宣伝の目的をどこに置くのかによって、選ぶべきSNSもSNSの運用方法も変わってくることになります。そのため、まずは宣伝目的を明らかにすることが重要です。



6.SNS宣伝で炎上してしまうケースと対処法

 

 

SNSを使った宣伝でどうしてもつきまとうのが、炎上のリスクです。情報の伝達力と拡散性が強いSNSでは、避けては通れない課題となっています。SNSでの炎上は企業の信用問題にも関わってくるため、炎上のリスクと対処法を理解しておきましょう。



6-1.炎上してしまうケース

 

企業のSNS宣伝で炎上してしまうケースは、自社の発信内容だけに限ったことではありません。時には、ユーザーが発信した投稿によって炎上してしまうケースもあります。

 

SNSが炎上する経路は、主に以下の5つです。

  • 自社アカウントの投稿
  • 自社広告の投稿
  • 自社従業員の投稿
  • 一般ユーザーからの投稿
  • 競合からのネガティブな投稿

 

投稿内容は今や国内だけではなく、国外からもアクセスでき、多くの人々の目に晒されます。そのため、一見すると全く問題ないように思われる投稿内容でさえ、見方を変えれば不適切な内容を含んでいると捉えられてしまう可能性もあるのです。

SNSでの宣伝は、そうした危険性も含んでいることを肝に銘じ、細心の注意を払いながら運営を行っていく必要があります。



6-2.炎上の対策

 

いくら炎上のリスクに備えていたとしても、炎上する可能性はゼロではありません。実際に炎上してしまった場合は、速やかに以下の2つの対策を講じましょう。

 

  • 会社や上司に報告
  • 公式な形での謝罪と弁解

 

まずは炎上がわかった時点で会社や上司へ報告することが重要です。炎上の原因や現在の状況、被害の程度などを把握して情報を共有しましょう。

 

その後、公式な形での謝罪は必須となります。会見や自社の公式のSNSアカウント、自社の公式ホームページなどから謝罪を行いましょう。場合によっては、迷惑をかけてしまった人たちのところへ、直接足を運んで謝罪の気持ちを伝えることも必要となります。

 

もし炎上の内容が事実に反しており、自社の投稿内容が誤解されてしまっているのであれば、謝罪を行った上できちんと弁解を行うことも忘れないようにしましょう。事実を丁寧に伝えて、誠意ある発言や行動を取ることが何よりも大切です。



7.まとめ

 

今回は、SNS宣伝の効果やメリット・デメリット、各SNSの特徴、宣伝効果を高める方法を解説してきました。

 

SNSを使った宣伝が登場したことで、これまででは考えられないほどのスピードと拡散力で情報が多くの人に届けられるようになりました。炎上のリスクは確かにありますが、正しい運用と管理体制が取れれば、SNSでの宣伝は企業にとって欠かせないほどの宣伝効果を持っています。

 

SNSでの宣伝を検討している方は、ぜひ本記事を参考にして、まずは興味を持ったSNSのアカウントを作ることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ  資料ダウンロード

SNS宣伝の効果とは?各SNSの特徴や宣伝効果を高める方法を徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

【カンタン集客】無料でできるFacebookイベントページとは?作成方法や集客のコツまで徹底解説!

Facebook

【カンタン集客】無料でできるFacebookイベントページとは?作成方法や集客のコツまで徹底解説!

  自社イベントを開催する際に、ウェブサイト、ブログ、SNSなどで周知するケースは多いでしょう。今回はそのなかでも、Facebookのイベントページを利用した方法を解説...

  自社イベントを開催する際に、ウェブサイト、ブログ、SNSなどで周...

  • Facebook

2022.11.24

<strong>フェイスブック フォロワーとは?友達・フォロワー・いいねとの違いや管理方法を徹底解説!</strong>

Facebook

フェイスブック フォロワーとは?友達・フォロワー・いいねとの違いや管理方法を徹底解説!

フェイスブックを運用する際に重要なのが「フォロワー」です。 フォロワーが増えればフェイスブックが活性化し、ファンの増加だけでなく、商品やサービスの販売にも繋げられるでしょう。 フ...

フェイスブックを運用する際に重要なのが「フォロワー」です。 フォロワーが増えれ...

2023.9.15

Facebook広告とは?始める前に知りたい費用や効果などを解説

Facebook

Facebook広告とは?始める前に知りたい費用や効果などを解説

Facebook広告で何ができるのか、利用することで、どのようなメリットが得られるのかを知りたいという人のために、Facebook広告の種類や特徴をはじめ、費用・配信方法などを解...

Facebook広告で何ができるのか、利用することで、どのようなメリットが得ら...

2022.2.14

Facebookの利用者層全世界・日本国内のFacebook利用者数・各SNSも解説

Facebook

Facebookの利用者層全世界・日本国内のFacebook利用者数・各SNSも解説

自社サービスや商材を紹介したかったりダイレクトリクルーティングしたかったり、現代社会ではビジネスの一環としてSNSを使う場面が増えてきました。そんなSNSの中でも、Faceboo...

自社サービスや商材を紹介したかったりダイレクトリクルーティングしたかったり、現...

  • 初心者向け

2023.1.16

<strong>【初心者向け】Instagram広告の値段は?値段相場から費用対効果を高めるポイント徹底解説!</strong>

Facebook

【初心者向け】Instagram広告の値段は?値段相場から費用対効果を高めるポイント徹底解説!

若者を中心に人気を誇るSNSの1つがInstagramです。 今や日常生活を送る中で、なくてはならない存在になっている人も多いでしょう。 そのためInstagramに広告を掲載す...

若者を中心に人気を誇るSNSの1つがInstagramです。 今や日常生活を送...

2023.9.15

お役立ち資料はこちら