SNS広告の費用相場はどれくらい?課金形式や費用対効果の計算方法まで徹底解説! - (株)GMSコンサルティング
SNS広告の費用相場はどれくらい?課金形式や費用対効果の計算方法まで徹底解説!

SNS広告の費用相場はどれくらい?課金形式や費用対効果の計算方法まで徹底解説!

2023.1.19

「SNS広告を出したいけれど費用がいくらかかるのか心配」「SNS広告の費用対効果の計算方法がわからない」とお悩みではありませんか?

ここでは、SNS広告の検討中の方向けに、SNS広告の費用相場や費用対効果の計算方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。


お問い合わせ  資料ダウンロード

 

1.SNS広告とは

 

SNS広告を活用する前に、まずはSNS広告がどのようなものなのかを理解しておきましょう。

SNS広告とはその名の通り、InstagramやFacebook、LINEやTwitterなどのSNSのプラットフォームの利用画面に、掲載する広告のことです。

FacebookやTwitterを例に挙げると、フィード欄に表示されるフォロー中の人たちの投稿に混ざって、広告が表示されます。

多くの企業がSNS広告を活用する理由は、様々な魅力があるからです。

日本でも若い世代を中心に、日常的にSNSを利用しているアクティブユーザーが多いため、自社の商品やサービスをアピールするために、より多くの人に広告を配信できることが、SNS広告の最大の魅力と言えます。

また、テキストだけではなく画像や動画も利用できるため、訴求力が強いことも、SNS広告の魅力の1つです。

さらに、ニュースフィードやストーリー、メッセージ管理画面やアプリ起動時など、広告を表示できる場所も様々で、利用するSNSによって異なります。

広告を掲載する場所によって、得られる成果だけではなく、課金の仕組みなども異なるので、それぞれの特徴を十分に理解した上で、自社に合ったSNSと掲載方法を選ぶことが大切です。

 

 

2.流行りのSNSの費用相場

 

 

SNS広告を活用するためには、流行りのSNSの費用相場と合わせて、特徴も確認しておく必要があります。

日本で人気の高い、Instagram・Facebook・LINE・Twitter・TikTokの、5つのSNSの特徴と費用相場をご紹介します。

 

SNS

国内の利用者数

主な利用者層

費用相場

Instagram

3,400万人

20代~30代の女性

1日あたり1,000円

Facebook

2,600万人

30代~40代

1日あたり1,000円

LINE

9,200万人

世代を問わない幅広い層

1クリック24~200円

1,000インプレッション400円~

Twitter

4,500万人

20代を中心に幅広い層

1クリック36円~

1,000インプレッション400円~

TikTok

1,690万人

10代~20代

1,000インプレッション770円~

インフィード広告42万円~



2-1.Instagram広告の費用相場

 

画像の投稿に特化したInstagramは、20代〜30代の女性ユーザーが多いSNSです。

ビジネスアカウントを運用する企業も増えており、「インスタ映え」の言葉にあるように、写真映えするメニューを提供する飲食店や、ファッションや観光スポットなどの分野で、高い成果が報告されています。

また、他のSNSと比較して、購買意欲の高いユーザーが多いことも、Instagramの特徴の1つです。

画像や動画に関連した商品やサービスのPRが可能で、フィードやストーリーズ、発見タブやリールに広告を配信できます。

Instagram広告は1日あたり300円ほどで運用できますが、費用の相場は1日あたり1,000~10万円ほどです。



2-2.Facebook広告の費用相場

 

世界で最もユーザーが多いSNSのFacebookには、個人がテキストや画像、動画を投稿できる機能だけではなく、企業向けのアカウントである「Facebookページ」機能もあります。

日本での主な利用者層は30代~40代で、フィードやストーリーズ、インストリームや検索、インスタント記事に広告配信できます。

Facebookでは実名登録が求められているため、ユーザーが登録した氏名や年齢、住んでいる地域や勤め先、趣味や関心などの情報をもとに、精度の高いターゲティングが可能なことが最大の特徴です。

また、初心者でも安心して利用できるおまかせ機能があったり、ターゲットを細かく設定できたりするため、特定の属性のユーザーに訴求できることも魅力です。

Facebook広告は1日あたり300円ほどで運用できますが、1日あたり1,000円ほどが費用の相場となっています。



2-3.LINE広告の費用相場

 

小さな子どもから年配の方まで、世代を問わず幅広い層が利用しているのが、日本で最も多いユーザー数を誇る巨大SNSプラットフォームのLINEです。

LINEはメイン機能のメッセージアプリだけではなく、SNS機能も含んでおり、トークリストの上部やLINE VOOM、LINEニュースに広告を配信できます。

また、他のSNSは利用していなくても、LINEだけはメッセージのやり取りのために利用しているユーザーも多いため、積極的にSNSを利用していない50代以上にも、LINE広告は効果的です。

LINE広告の費用相場は、1クリックで24〜200円、1,000インプレッションで400円〜が費用の相場となっています。



2-4.Twitter広告の費用相場

 

20代を中心に、10代〜30代の幅広い層が利用しているTwitterは、140文字までの短い文章や、画像や動画を投稿できます。

Twitterの最大の特徴は、他のSNSと比較して、拡散力が断トツに高いことです。

他のユーザーがリツイートすることで、投稿が新たなユーザーに届くため、わずかな期間で数万人のユーザーにアプローチできる可能性があります。

Twitter広告は、フィードやオーディエンスプラットフォームに広告の掲載が可能で、1クリックで36円〜、1,000インプレッションで400円〜が費用の相場です。



2-5.TikTok広告の費用相場

 

10代〜20代から絶大な支持を受けているのが、短編動画の投稿に特化したTikTokです。

TikTokのユーザーは世界で10億人以上もいると言われており、元々は余暇目的での利用がほとんどでしたが、現在ではあまりの影響力の高さから、インフルエンサーと企業が組んで、積極的に商品やサービスをアピールしています。

TikTok広告は起動画面やインフィードに掲載でき、1,000インプレッションで770円〜、インフィード広告で42万円〜が費用の相場です。



3.SNS広告の課金形態

 

SNS広告にかかる費用は、SNSの種類だけではなく、課金形態によっても異なります。

SNS広告の課金形態には、インプレッション課金(CPM)・クリック課金(CPC)・動画再生時間課金(CPV)・エンゲージメント課金(CPE)・インストール課金・フォロー課金の、主に6つの種類があるので、違いを確認しましょう。

 

課金形態

概要

費用相場

対応SNS広告

インプレッション課金

広告が表示された回数で課金

1,000インプレッションごとに400~600円

Instagram広告

Facebook広告

LINE広告

Twitter広告

TikTok広告

クリック課金

広告がクリックされると課金

1クリックごとに24~200円

Instagram広告

Facebook広告

LINE広告

Twitter広告

TikTok広告

動画再生時間課金

動画が再生されると課金

加えて動画が長時間再生されると追加で課金

動画再生ごとに5~20円

加えて継続視聴で追加費用が発生

Instagram広告

Facebook広告

Twitter広告

TikTok広告

インストール課金

広告経由でアプリなどがインストールされると課金

1インストールごとに100~250円

Instagram広告

Facebook広告

Twitter広告

エンゲージメント課金

「いいね」やリツイートされると課金

1エンゲージメントごとに40~100円

Twitter広告

フォロー課金

広告経由でフォロワーが増えると課金

1フォローごとに40~100円

Twitter広告



3-1.インプレッション課金(CPM)

 

一般的に、広告が1,000回表示されるごとに課金されるのが、インプレッション課金です。

インプレッション課金では、表示される回数によって料金がかかるため、表示された広告をユーザーがクリックしても、追加費用は発生しません。

5大SNS広告のすべてに採用されている課金形態ですが、システムや課金の金額はSNSによって異なり、1,000回表示されるごとに500円ほどの費用が発生します。

インプレッション課金を活用することで、より多くの人に自社の商品やサービスをアピールできるので、企業やブランド、新商品などを広めたい場合に最適です。



3-2.クリック課金(CPC)

 

クリック課金とはその名の通り、広告がクリックされるごとに課金される形態です。

広告がクリックされる度に課金されるクリック課金では、広告が表示されただけでは費用は発生しません。

インプレッション課金と同じく、5大SNS広告のすべてに採用されている課金形態で、システムや課金の金額はSNSで異なり、1回クリックされるごとに24〜200円ほどの費用が発生します。

他の課金形態と比較して単価は高めですが、確実にユーザーをWebサイトやLPページに引き込める、影響力の高さから人気を集めています。

クリック課金は、短期間で売上を上げたい場合や、新規ユーザーに自社の商品やサービスを訴求したい場合におすすめです。



3-3.動画再生時間課金(CPV)

 

動画再生時間課金では、動画が視聴された時間に応じて課金されるため、視聴時間が長ければ長いほど、課金される金額が高くなります。

Facebook広告の動画再生時間課金を例に挙げると、15秒経過するごとに課金されるため、動画1再生につき5〜20円ほど課金される計算となり、加えて視聴時間に応じて追加費用が発生します。

動画再生時間課金は、動画でより多くの人に自社の商品やサービスをアピールし、さらに関心のあるユーザーに強く訴求したい場合に最適です。



3-4.エンゲージメント課金(CPE)

 

エンゲージメントとは行動のことで、ユーザーが何らかの行動をとった時に、課金される形態です。

Twitter広告のみが正式にエンゲージメント課金を採用しており、「いいね」やリツイートを獲得するごとに課金されます。

エンゲージメント課金の相場は、1エンゲージメントごとに40〜100円で、より多くのユーザーに情報が届けられることから、リツイートが高めに料金が設定されています。

また、エンゲージメントは行動を指しているため、クリック課金もエンゲージメント課金に含めるケースもあります。



3-5.インストール課金

 

アプリなどがインストールされると課金される形態が、インストール課金です。

広告が表示されただけや、広告をクリックされただけでは課金されません。

インストール課金の相場は、インストール=コンバージョンを行った時だけに課金されるため、1インストールごとに100〜250円と、高めに料金が設定されています。



3-6.フォロー課金

 

Twitter広告のみで利用できるフォロワー課金は、フォロワーを獲得するごとに課金される形態です。

フォロー課金は、特定の属性のユーザーにフォローしてもらいたい場合や、企業アカウントのフォロワー数をすぐに伸ばしたい場合などに効果的です。

フォローを促す投稿で利用できるフォロー課金は、ユーザーが広告経由でフォローした時に課金され、1フォロー40〜100円が相場となっています。



4.SNS広告の費用対効果の計算方法

 

 

SNS広告を出す時に気になることと言えば、やはり費用対効果ではないでしょうか。

広告費はかければかけるほど、売上の増加につなげられますが、利用している広告が効率的かどうかは、売上を見ただけでは判断できません。

売上が高まっても広告費のかけすぎで赤字にならないためは、SNS広告の効果を測る指標を確認することをおすすめします。

広告の効果を測る指標は、達成したい目的に合わせて、使いわける必要があります。

広告の効果を測る「ROI」「CPA」「CPA」の3つの指標と、費用対効果を測る指標の「ROAS」をご紹介します。

 

指標

概要

計算式

ROI

投資した広告費に対して得られた利益

利益÷広告費×100(%)

CPA

1件のコンバージョン獲得にかかった広告費

広告費÷コンバージョン数

CPO

注文1件あたりにかかる費用

広告費÷受注件数

ROAS

投資した広告費に対して得られた売上

売上÷広告費×100(%)



4-1.SNS広告の費用対効果の計算方法1.ROI

 

ROIとは「Return on Investment」の頭文字をとったもので、投資した広告費に対して、どれだけの利益が得られたのかを示す指標です。

ROI=利益÷広告費×100(%)

の計算式を用いて算出します。

例えば、広告を出して得られた利益が200万円で、かかった広告費が100万円の場合は、

ROI=200万円÷100万円×100(%)

となるため、ROIは200%です。

ROIの基準は0%ですので、それより高い数値の場合は、利益が出ていると判断できます。



4-2.SNS広告の費用対効果の計算方法2.CPA

 

「Cost Per Acquisition」の頭文字をとったCPAは、1件のコンバージョンを獲得するために、かかった広告費のことです。

CPA=広告費÷コンバージョン数

の計算式を用いて算出します。

例えば、10万円の広告費をかけて、商品の購入や資料請求などのコンバージョンが20件あった場合は、

CPA=10万円÷20件

となるため、CPAは5,000円です。

CPAの数値が高いと、それだけ1件のコンバージョンを獲得するために、費用がかかっていると判断できます。

CPAの数値を確認することで、コンバージョンにつながりにくい広告や、費用対効果の悪い広告がわかるため、広告の改善に役立ちます。

自社の商品やサービスの購入や、資料請求を目標に設定している場合や、複数の広告を運用している場合には、CPAの数値を確認して、改善が必要かどうかを判断しましょう。



4-3.SNS広告の費用対効果の計算方法3.CPO

 

CPOとは「Cost Per Order」の頭文字をとったもので、注文1件あたりにかかる費用のことです。

CPO=広告費÷受注件数

の計算式を用いて算出します。

例えば、50万円の広告費をかけて、受注件数が5件だった場合は、

CPO=50万円÷5件

となるため、CPOは10万円です。

CPOの数値が低いと、それだけ1件受注するためにかかったコストが低いと判断できます。



4-4.SNS広告の費用対効果の計算方法4.ROAS

 

「Return On Advertising Spend」の頭文字をとったROASとは、広告費に対して売上がどれだけあったのかを示す、費用対効果を測る指標です。

ROAS=売上÷広告費×100(%)

の計算式を用いて算出します。

例えば、10万円の広告費をかけて50万円の売上があった場合には、

ROAS=50万円÷10万円×100(%)

となるため、ROASは500%です。

ROASの数値が高いと、それだけ費用対効果が高いと判断できます。



5.SNS広告運用を代理店に依頼する場合の費用相場

 

自社でSNS広告の運用が難しい場合は、代理店に依頼することをおすすめします。

SNS広告運用を代理店に依頼する場合の費用相場は、料金形態で異なるため、それぞれの特徴と合わせて確認しておきましょう。

代理店の手数料の形態は、「手数料率型」「定額型」「成果報酬型」の3つの種類があります。



5-1.手数料率型

 

広告費の15〜20%を手数料として代理店に支払うのが、手数料率型です。

手数料率型では広告費に連動して、手数料が変化します。

例えば、広告費が50万円で手数料率が相場の20%の場合は、

広告費50万円+手数料10万円

となるため、広告の運用にかかる総費用は60万円です。

手数料率型は、運用した分しか手数料はかかりませんが、広告費が少ない場合には、定額手数料を追加請求する代理店もあるため、事前の確認が欠かせません。

他にも、最低手数料を設定している代理店もあるので、最低手数料の有無も合わせて確認しましょう。



5-2.定額型

 

広告を運用した費用に関わらず、一律の料金を手数料として支払うのが定額型です。

一般的には、「運用額が50万円未満は○○円」「50万円以上は○○円」と、ある程度の予算によって手数料が変動します。

そのため、運用額が多少増えても手数料が変化しない定額型には、運用額を柔軟に変更できるメリットがあります。



5-3.成功報酬型

 

コンバージョンの件数によって手数料が決まるのが、成功報酬型です。

あらかじめ、コンバージョン1件ごとに報酬単価を決定し、

手数料=目標CPA×コンバージョン数

の計算式を用いて、一般的には代理店が1カ月単位で手数料を算出します。

実際に成果が発生した場合のみ手数料がかかるので、費用はかかっても成果を出したい方に向いている料金形態です。

ただし、指標となるコンバージョンが適切な場合は、費用対効果の高い料金形態ですが、コンバージョンが適切でない場合は、売上につながらずに、手数料だけがかさんでしまう恐れがあるため、注意が必要です。



6.SNS広告の費用対効果を高める方法

 

せっかくSNS広告に出するなら、やはり効率的に運用したいと考える方が、ほとんどかと思います。

費用対効果を高めるには、主に3つの方法があるので、ぜひSNS広告を出すときの参考にしてください。

 

・最適な媒体選定

・適切な目標設定

・日々の運用改善



6-1.最適な媒体選定

 

ユーザーにアピールしたい自社の商品やサービス、広告を出す目的や費用に合わせて、最適な媒体を選定しましょう。

SNS広告と一口に言っても、Instagram広告やFacebook広告、LINE広告やTwitter広告など様々な種類があり、プラットフォームによってユーザーの人数や年齢層が異なります。

それぞれのSNSの特徴を比較し、広告費にあてられる予算の中で、費用対効果を最大化できるような媒体を選ぶことが大切です。



6-2.適切な目標設定

 

自社の商品やサービスをより多くのユーザーにアピールしたいからといって、目的もなくなんとなく広告を配信していても、費用対効果は高まりません。

費用対効果を高めるためには、広告を出す前に具体的な目標を設定し、目標を達成できるように運用計画を立てることが大切です。

目標を設定しないと、現在の運用状況の良し悪しが判断できなくなってしまいます。

SNS広告の効果を測るためにも、具体的な数値で目標を設定しましょう。



6-3.日々の運用改善

 

SNS広告の費用対効果を高めるためには、目標設定して運用計画を立てることが欠かせませんが、継続的に費用対効果を高めるには、日々の改善も必要です。

広告を運用する中で得られたデータを元に、自社の商品やサービスをアピールするターゲットを修正したり、広告の内容を見直すなど、積極的に取り組みましょう。



7.まとめ

 

SNS広告には、高いターゲティング精度や、ユーザーに受け入れられやすいなど、他の媒体にはない様々なメリットがあります。

SNS広告はプラットフォームによって、広告を配信する形式や費用形態が異なるので、自社の商品やサービス、広告を出す目的や予算に合わせて、最適なプラットフォームを選ぶことが重要です。

 

なんとなく広告を運用していても、広告費がかさむばかりで、売上につなげられないこともあるので、自社での運用が難しい場合は、SNS広告のプロである代理店に依頼することをおすすめします。

広告運用の知識や経験がない、初めてSNS広告を出す方は、ぜひ一度代理店に相談してみましょう。

 

お問い合わせ  資料ダウンロード

SNS広告の費用相場はどれくらい?課金形式や費用対効果の計算方法まで徹底解説!

この記事のURLをコピーする

- おすすめの記事 -

Facebook広告を制作する方法から向いている業種、効果を出すためのポイントを徹底解説!

Facebook

Facebook広告を制作する方法から向いている業種、効果を出すためのポイントを徹底解説!

Facebook広告を活用することで、自社商品やサービスの認知度向上が期待できます。しかし、Facebook広告の設定が分からないと言う人も少なくありません。そこで当記事では、F...

Facebook広告を活用することで、自社商品やサービスの認知度向上が期待でき...

  • Facebook
  • 運用

2023.1.17

Instagramフィードとは?効果的な広告展開に向けた基本と活用法

Facebook

Instagramフィードとは?効果的な広告展開に向けた基本と活用法

Instagramをビジネスに活用したい、ビジネス用のInstagram閲覧者数を増やしたいという方は多いでしょう。プライベートでInstagramを使っているけれど、専門用...

Instagramをビジネスに活用したい、ビジネス用のInstagram閲...

2022.3.8

Facebook広告のターゲティングの種類や設定方法、運用する際のポイントを徹底解説!

Facebook

Facebook広告のターゲティングの種類や設定方法、運用する際のポイントを徹底解説!

Facebook広告と言えば、優れたターゲティング設定が可能と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その一方、Facebook広告初心者の場合は、具体的にどのようなターゲティ...

Facebook広告と言えば、優れたターゲティング設定が可能と思い浮かべる方も...

  • Facebook

2022.12.13

Facebook広告運用で成果を出すためのポイントを徹底解説!

Facebook

Facebook広告運用で成果を出すためのポイントを徹底解説!

  Facebook広告はポピュラーなSNS広告なので、広告代理店に依頼せずにインハウスでの運用をお考えの方もいるかもしれません。しかし、Facebook広告ならではの...

  Facebook広告はポピュラーなSNS広告なので、広告代理店に...

  • Facebook
  • 代理店
  • 運用

2023.1.6

Facebookの広告を非表示にする方法を徹底解説!

Facebook

Facebookの広告を非表示にする方法を徹底解説!

Facebookに出る広告が好みではない、わずらわしいと感じる人は多いでしょう。そこで、Facebookに広告が配信される理由をはじめ、Facebookの広告を非表示にする方法や...

Facebookに出る広告が好みではない、わずらわしいと感じる人は多いでしょう...

2023.1.7

お役立ち資料はこちら